ボリュームの作成 - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ボリュームの作成

ONTAP コマンドラインインターフェイス(CLI)と REST API に加えて、Amazon FSx コンソール AWS CLI、、および Amazon FSx API を使用して NetApp ONTAP FlexVol FlexGroup またはボリューム用の FSx を作成できます。

注記

ボリュームのセキュリティスタイルは、ルートボリュームのセキュリティスタイルに自動的に設定されます。

  1. https://console.aws.amazon.com/fsx/ で Amazon FSx コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [ボリューム] を選択します。

  3. [Create volume] (ボリュームの作成) を選択します。

  4. ファイルシステムのタイプには NetApp ONTAP 用 Amazon FSx を選択してください。

  5. [ファイルシステムの詳細] セクションで、以下の情報を入力します。

    • [File systems] (ファイルシステム) で、ボリュームを作成するファイルシステムを選択します。

    • [Storage virtual machine] (ストレージ仮想マシン) で、このボリュームを作成するストレージ仮想マシン (SVM) を選択します。

  6. [ボリュームスタイル] セクションで、[FlexVol] を選択します。

  7. [ボリュームの詳細] セクションで、以下の情報を入力します。

    • [Volume name] (ボリューム名) フィールドに、ボリュームの名前を入力します。英数字とアンダースコア (_) で最大 203 文字まで使用できます。

    • [ボリュームサイズ] に、20~314572800 の範囲で任意の整数を入力し、サイズをメビバイト (MiB) 単位で指定します。

    • [ボリュームタイプ] では、読み取りと書き込みが可能なボリュームを作成するには [Read-Write (RW)] を選択し、NetApp SnapMirror または SnapVault 関係のデスティネーションとして使用できる読み取り専用のボリュームを作成するには [Data Protection (DP)] を選択します。詳細については、「ボリュームの種類」を参照してください。

    • [Junction path] (ジャンクションパス) で、ボリュームをマウントするファイルシステム内の場所を入力します。/vol3 のように、名前の先頭にスラッシュを付ける必要があります。

    • [Storage efficiency] (ストレージ効率) で、[Enabled] (有効) ONTAP ストレージ効率機能 (重複排除、圧縮、コンパクト化) を有効にします。詳細については、「FSx for ONTAP ストレージの効率化」を参照してください。

    • [ボリュームのセキュリティスタイル] では、ボリュームに対して、[Unix (Linux)][NTFS][混合] から選択します。詳細については、「ボリュームセキュリティスタイル」を参照してください。

    • [Snapshot policy] (スナップショットポリシー) で、ボリュームのスナップショットポリシーを選択します。スナップショットポリシーの詳細については、スナップショットポリシー を参照してください。

      [Custom policy] (カスタムポリシー) を選択した場合は、[custom-policy] (カスタムポリシー) フィールドにポリシーの名前を指定する必要があります。カスタムポリシーは SVM またはファイルシステムにすでに存在している必要があります。ONTAP CLI または REST API を使用して、カスタムスナップショットポリシーを作成することができます。詳細については、「NetApp ONTAP 製品ドキュメント」の「スナップショットポリシーを作成する」を参照してください。

  8. [ストレージの階層化] セクションで、以下の情報を入力します。

    • 容量プールの階層化ポリシー で、ボリュームのストレージプール階層化ポリシーを選択し、自動 (デフォルト)、スナップショットのみすべて、または なし のいずれかを選択します。詳細については、「ボリューム階層化ポリシー」を参照してください。

    • [自動] または [スナップショットのみ] を選択した場合は、[階層化ポリシーの冷却期間] を設定して、アクセスされていないデータがコールドとマークされて容量プールストレージに移動されるまでの日数を定義できます。2~183 日の値を指定できます。デフォルト設定は 31 日間。

  9. [詳細設定] セクションの [SnapLock 設定] で、[有効] または [無効] を選択します。SnapLock の Compliance ボリュームまたは SnapLock の Enterprise ボリュームの設定の詳細については、「SnapLock Compliance ボリュームの作成」および「SnapLock Enterprise ボリュームの作成」を参照してください。SnapLock の詳細については、「によるデータの保護 SnapLock」を参照してください。

  10. [Confirm] (確認) を選択してボリュームを作成します。

更新の進捗状況は、[Status] (ステータス) の列にある [Volumes] (ボリューム) ペインの [File systems] (ファイルシステム) 詳細ページでモニタリングできます。ステータスが [Created] (作成) になったら、ボリュームが使用可能な状態になります。

注記

Amazon FSx コンソールを使用して作成できるのは、スケールアウトファイルシステム用の FlexGroup ボリュームのみです。FlexVolスケールアウトファイルシステム用のボリュームを作成するには、、Amazon FSx API AWS CLI、 NetApp または管理ツールを使用します。

  1. https://console.aws.amazon.com/fsx/ で Amazon FSx コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [ボリューム] を選択します。

  3. [Create volume] (ボリュームの作成) を選択します。

  4. ファイルシステムのタイプには NetApp ONTAP 用 Amazon FSx を選択してください。

  5. [ファイルシステムの詳細] セクションで、以下の情報を入力します。

    • [File systems] (ファイルシステム) で、ボリュームを作成するファイルシステムを選択します。

    • [Storage virtual machine] (ストレージ仮想マシン) で、このボリュームを作成するストレージ仮想マシン (SVM) を選択します。

  6. ボリュームスタイル」セクションで、を選択します。FlexGroup

  7. [ボリュームの詳細] セクションで、以下の情報を入力します。

    • [Volume name] (ボリューム名) フィールドに、ボリュームの名前を入力します。英数字とアンダースコア (_) で最大 203 文字まで使用できます。

    • [ボリュームサイズ] に、800 ギビバイト (GiB)~2,000 ペビバイト (PiB) の範囲で任意の整数を入力します。

    • [ボリュームタイプ] では、読み取りと書き込みが可能なボリュームを作成するには [Read-Write (RW)] を選択し、NetApp SnapMirror または SnapVault 関係のデスティネーションとして使用できる読み取り専用のボリュームを作成するには [Data Protection (DP)] を選択します。詳細については、「ボリュームの種類」を参照してください。

    • [Junction path] (ジャンクションパス) で、ボリュームをマウントするファイルシステム内の場所を入力します。/vol3 のように、名前の先頭にスラッシュを付ける必要があります。

    • [Storage efficiency] (ストレージ効率) で、[Enabled] (有効) ONTAP ストレージ効率機能 (重複排除、圧縮、コンパクト化) を有効にします。詳細については、「FSx for ONTAP ストレージの効率化」を参照してください。

    • [ボリュームのセキュリティスタイル] では、ボリュームに対して、[Unix (Linux)][NTFS][混合] から選択します。詳細については、「ボリュームセキュリティスタイル」を参照してください。

      注記

      ボリュームのセキュリティスタイルは、ルートボリュームのセキュリティスタイルに自動的に設定されます。

    • [Snapshot policy] (スナップショットポリシー) で、ボリュームのスナップショットポリシーを選択します。スナップショットポリシーの詳細については、スナップショットポリシー を参照してください。

      [Custom policy] (カスタムポリシー) を選択した場合は、[custom-policy] (カスタムポリシー) フィールドにポリシーの名前を指定する必要があります。カスタムポリシーは SVM またはファイルシステムにすでに存在している必要があります。ONTAP CLI または REST API を使用して、カスタムスナップショットポリシーを作成することができます。詳細については、「NetApp ONTAP 製品ドキュメント」の「スナップショットポリシーを作成する」を参照してください。

  8. [ストレージの階層化] セクションで、以下の情報を入力します。

    • 容量プールの階層化ポリシー で、ボリュームのストレージプール階層化ポリシーを選択し、自動 (デフォルト)、スナップショットのみすべて、または なし のいずれかを選択します。詳細については、「ボリューム階層化ポリシー」を参照してください。

    • [自動] または [スナップショットのみ] を選択した場合は、[階層化ポリシーの冷却期間] を設定して、アクセスされていないデータがコールドとマークされて容量プールストレージに移動されるまでの日数を定義できます。2~183 日の値を入力できます。デフォルト設定は 31 日間。

  9. [詳細設定] セクションの [SnapLock 設定] で、[有効] または [無効] を選択します。SnapLock の Compliance ボリュームまたは SnapLock の Enterprise ボリュームの設定の詳細については、「SnapLock Compliance ボリュームの作成」および「SnapLock Enterprise ボリュームの作成」を参照してください。SnapLock の詳細については、「によるデータの保護 SnapLock」を参照してください。

  10. [Confirm] (確認) を選択してボリュームを作成します。

更新の進捗状況は、[Status] (ステータス) の列にある [Volumes] (ボリューム) ペインの [File systems] (ファイルシステム) 詳細ページでモニタリングできます。ステータスが [Created] (作成) になったら、ボリュームが使用可能な状態になります。

  • ONTAP ボリューム用 FSx を作成するには、次の例に示すように create-volume CLI コマンド(または同等の CreateVolumeAPI オペレーション)を使用します。

    aws fsx create-volume \ --volume-type ONTAP \ --name vol1 \ --ontap-configuration CopyTagsToBackups=true,JunctionPath=/vol1,SecurityStyle=NTFS, \ SizeInMegabytes=1024,SnapshotPolicy=default, \ StorageVirtualMachineId=svm-abcdef0123456789a,OntapVolumeType=RW, \ StorageEfficiencyEnabled=true

ボリュームが正常に作成されると、Amazon FSx は、次の例に示すように、その説明を JSON 形式で返します。

{ "Volume": { "CreationTime": "2022-08-12T13:03:37.625000-04:00", "FileSystemId": "fs-abcdef0123456789c", "Lifecycle": "CREATING", "Name": "vol1", "OntapConfiguration": { "CopyTagsToBackups": true, "FlexCacheEndpointType": "NONE", "JunctionPath": "/vol1", "SecurityStyle": "NTFS", "SizeInMegabytes": 1024, "SnapshotPolicy": "default", "StorageEfficiencyEnabled": true, "StorageVirtualMachineId": "svm-abcdef0123456789a", "StorageVirtualMachineRoot": false, "TieringPolicy": { "Name": "NONE" }, "OntapVolumeType": "RW" }, "ResourceARN": "arn:aws:fsx:us-east-2:111122223333:volume/fs-abcdef0123456789c/fsvol-abcdef0123456789b", "VolumeId": "fsvol-abcdef0123456789b", "VolumeType": "ONTAP" } }

ボリュームのバックアップを新しいボリュームに復元して、新しいボリュームを作成することもできます。詳細については、「バックアップを新しいボリュームに復元する」を参照してください。