最低冷却日数の設定 - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

最低冷却日数の設定

ボリュームの最小冷却日数は、どのデータがワームで、どのデータがコールドかを決定するための閾値を設定します。ボリュームの最小冷却日数は、 AWS CLI と API、および ONTAP CLI を使用して設定できます。

  • update-volume CLI コマンドを使用してボリューム設定を変更します (UpdateVolume は同等の Amazon FSx API アクションです)。次の CLI コマンド例では、ボリュームの CoolingPeriod を 104 日に設定しています。

    aws fsx update-volume \ --volume-id fsxvol-abcde0123456789f --ontap-configuration TieringPolicy={Name=SNAPSHOT_ONLY} aws fsx update-volume --volume-id fsvol-006530558c14224ac --ontap-configuration TieringPolicy={CoolingPeriod=104}

    システムは、リクエストが成功すると、ボリュームの説明を応答します。

    {
        "Volume": {
            "CreationTime": "2021-10-05T14:27:44.332000-04:00",
            "FileSystemId": "fs-abcde0123456789f",
            "Lifecycle": "CREATED",
            "Name": "vol1",
            "OntapConfiguration": {
                "FlexCacheEndpointType": "NONE",
                "JunctionPath": "/vol1",
                "SecurityStyle": "UNIX",
                "SizeInMegabytes": 1048576,
                "StorageEfficiencyEnabled": true,
                "StorageVirtualMachineId": "svm-abc0123de456789f",
                "StorageVirtualMachineRoot": false,
                "TieringPolicy": {
                    "CoolingPeriod": 104,
                    "Name": "SNAPSHOT_ONLY"
                },
                "UUID": "aaaa1111-bb22-cc33-dd44-abcde01234f5",
                "OntapVolumeType": "RW"
            },
            "ResourceARN": "arn:aws:fsx:us-east-2:111122223333:volume/fs-abcde0123456789f/fsvol-abc012def3456789a",
            "VolumeId": "fsvol-abc012def3456789a",
            "VolumeType": "ONTAP"
        }
    }

volume modify ONTAP CLI コマンドを使用して、既存のボリュームの最小冷却日数を設定します。詳細については、 NetApp ONTAP ドキュメントセンターvolume modifyの「」を参照してください。

  1. NetApp ONTAP CLI にアクセスするには、次のコマンドを実行して、Amazon FSx for NetApp ONTAP ファイルシステムの管理ポートで SSH セッションを確立します。management_endpoint_ip をファイルシステムの管理ポートの IP アドレスに置き換えます。

    [~]$ ssh fsxadmin@management_endpoint_ip

    詳細については、「ONTAPCLI によるファイルシステムの管理」を参照してください。

  2. 次のコマンドを使用して ONTAP CLI アドバンスドモードを開始します。

    FSx::> set adv Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them only when directed to do so by NetApp personnel. Do you want to continue? {y|n}: y
  3. 次のコマンドを使用して、ボリュームの階層化の最小冷却日数を変更します。

    • svm_name をボリュームが作成されている SVM の名前に置き換えます。

    • vol_name を、冷房日数を設定するボリュームの名前に置き換えてください。

    • cooling_days を、希望する 2~183 の整数に置き換えます。

    FSx::> volume modify -vserver svm_name -volume vol_name -tiering-minimum-cooling-days cooling_days

    リクエストが成功すると、システムは次のように応答します。

    Volume modify successful on volume vol_name of Vserver svm_name.