バックアップを新しいボリュームに復元する。 - FSx for ONTAP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

バックアップを新しいボリュームに復元する。

以下の手順では、とを使用して FSx for ONTAP バックアップを新しいボリュームにリストアする方法について説明します。 AWS Management Console AWS CLI

ボリュームバックアップを新しいボリュームにリストアするには (コンソール)
  1. https://console.aws.amazon.com/fsx/ で Amazon FSx コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[バックアップ] を選択して、復元する FSx for ONTAP ボリュームバックアップを選択します。

  3. 右上の [アクション] メニューで、[バックアップの復元] を選択します。[バックアップからボリュームを作成] ページが表示されます。

  4. ドロップダウンメニューから、バックアップの復元先となる FSx for ONTAP ファイルシステムストレージ仮想マシンを選択します。

  5. [ボリュームの詳細] には、いくつかの選択肢があります。まず、[ボリューム名] に入力します。英数字とアンダースコア (_) で最大 203 文字まで使用できます。

  6. [ボリュームサイズ] に、20~314572800 の範囲で任意の整数を入力し、サイズをメビバイト (MiB) 単位で指定します。

  7. [ボリュームタイプ] では、読み取りと書き込みが可能なボリュームを作成するには [Read-Write (RW)] を選択し、NetApp SnapMirror または SnapVault 関係のデスティネーションとして使用できる読み取り専用のボリュームを作成するには [Data Protection (DP)] を選択します。詳細については、「ボリュームの種類」を参照してください。

  8. [Junction path] (ジャンクションパス) で、ボリュームをマウントするファイルシステム内の場所を入力します。/vol3 のように、名前の先頭にスラッシュを付ける必要があります。

  9. ストレージ効率を高めるには、「有効」ONTAP を選択してストレージ効率化機能 (重複排除、圧縮、圧縮) を有効にします。詳細については、「FSx for ONTAP ストレージの効率化」を参照してください。

  10. [ボリュームのセキュリティスタイル] には、[UNIX (Linux)][NTFS]、または [混合] のいずれかを選択します。ボリュームのセキュリティスタイルによって、マルチプロトコルアクセスで NTFS ACL と UNIX ACL のどちらを優先するかが決まります。MIXED モードはマルチプロトコルアクセスには必要なく、上級ユーザーにのみ推奨されます。

  11. [Snapshot policy] (スナップショットポリシー) で、ボリュームのスナップショットポリシーを選択します。スナップショットポリシーの詳細については、スナップショットポリシー を参照してください。

    [Custom policy] (カスタムポリシー) を選択した場合は、[custom-policy] (カスタムポリシー) フィールドにポリシーの名前を指定する必要があります。カスタムポリシーは SVM またはファイルシステムにすでに存在している必要があります。ONTAPCLI または REST API を使用してカスタムスナップショットポリシーを作成できます。詳細については、NetApp ONTAP製品ドキュメントの「スナップショットポリシーの作成」を参照してください。

  12. [階層化ポリシーの冷却期間] の有効値は 2~183 日です。ボリュームの階層化ポリシーの冷却期間は、アクセスされていないデータがコールドとしてマークされ、容量プールストレージに移動されるまでの日数を定義します。この設定は Auto ポリシーと Snapshot-only ポリシーにのみ影響します。

  13. SnapLock詳細設定」セクションの「設定」では、デフォルトの「無効」設定のままにするか、「有効」SnapLock を選択してボリュームを設定できます。SnapLock Complianceボリュームまたはボリュームの設定について詳しくは、「」SnapLock Compliance ボリュームの作成 と「」を参照してくださいSnapLock Enterprise ボリュームの作成。SnapLock EnterpriseSnapLock の詳細については、「によるデータの保護 SnapLock」を参照してください。

  14. [確認] を選択してボリュームを作成します。

ボリュームバックアップを新しいボリュームに復元するには (CLI)

create-volume-from-backupCLI コマンドまたは同等の CreateVolumeFromBackupAPI コマンドを使用して、ボリュームバックアップを新しいボリュームに復元します。

  • $ aws fsx create-volume-from-backup --backup-id backup-08e6fc1133fff3532 \ --name demo --ontap-configuration JunctionPath=/demo, SizeInMegabytes=100000, \ StorageVirtualMachineId=svm-0f04a9c7c27e1908b, TieringPolicy={Name=ALL}

    リクエストが成功した場合のシステム応答は次のとおりです。

    { "Volume": { "CreationTime": 1692721488.428, "FileSystemId": "fs-07ab735385276ed60", "Lifecycle": "CREATING", "Name": "demo", "OntapConfiguration": { "FlexCacheEndpointType": "NONE", "JunctionPath": "/demo", "SizeInMegabytes": 100000, "StorageEfficiencyEnabled": true, "StorageVirtualMachineId": "svm-0f04a9c7c27e1908b", "StorageVirtualMachineRoot": false, "TieringPolicy": { "Name": "ALL" }, "OntapVolumeType": "DP", "SnapshotPolicy": "default", "CopyTagsToBackups": false, }, "ResourceARN": "arn:aws:fsx:us-east-1:752825163408:volume/fs-07ab735385276ed60/fsvol-0b6ec764c9c5f654a", "VolumeId": "fsvol-0b6ec764c9c5f654a", "VolumeType": "ONTAP", } }