AWS Cloud9 エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Cloud9 エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2 cloud9.us-east-2.amazonaws.com HTTPS
米国東部 (バージニア北部) us-east-1 cloud9.us-east-1.amazonaws.com HTTPS
米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1 cloud9.us-west-1.amazonaws.com HTTPS
米国西部 (オレゴン) us-west-2 cloud9.us-west-2.amazonaws.com HTTPS
アフリカ (ケープタウン) af-south-1 cloud9.af-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (香港) ap-east-1 cloud9.ap-east-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1 cloud9.ap-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (大阪) ap-northeast-3 cloud9.ap-northeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 cloud9.ap-northeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 cloud9.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 cloud9.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 cloud9.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
カナダ (中部) ca-central-1 cloud9.ca-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 cloud9.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 cloud9.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ロンドン) eu-west-2 cloud9.eu-west-2.amazonaws.com HTTPS
ヨーロッパ (ミラノ) eu-south-1 cloud9.eu-south-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (パリ) eu-west-3 cloud9.eu-west-3.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 cloud9.eu-north-1.amazonaws.com HTTPS
イスラエル (テルアビブ) il-central-1 cloud9.il-central-1.amazonaws.com HTTPS
中東 (バーレーン) me-south-1 cloud9.me-south-1.amazonaws.com HTTPS
南米 (サンパウロ) sa-east-1 cloud9.sa-east-1.amazonaws.com HTTPS

サービスクォータ

名前 デフォルト 引き上げ可能 説明
このアカウントの EC2 開発環境 サポートされている各リージョン: 200 はい このアカウントで現在のリージョンに作成できる AWS Cloud9 EC2 開発環境の最大数。
このユーザーの EC2 開発環境 サポートされている各リージョン: 100 はい このユーザーで現在のリージョンに作成できる AWS Cloud9 EC2 開発環境の最大数。
開発環境あたりのメンバー サポートされている各リージョン: 8 いいえ このアカウントで現在のリージョンの 1 つの AWS Cloud9 開発環境に参加できるユーザーの最大数。
このアカウントの SSH 開発環境 サポートされている各リージョン: 200 はい このアカウントで現在のリージョンに作成できる AWS Cloud9 SSH 開発環境の最大数。
このユーザーの SSH 開発環境 サポートされている各リージョン: 100 はい このユーザーで現在のリージョンに作成できる AWS Cloud9 SSH 開発環境の最大数。

詳細については、 ユーザーガイドの「AWS Cloud9 のクォータ」を参照してください。