AWS CodeDeploy エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

AWS CodeDeploy エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2

codedeploy.us-east-2.amazonaws.com

codedeploy-fips.us-east-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国東部 (バージニア北部) us-east-1

codedeploy.us-east-1.amazonaws.com

codedeploy-fips.us-east-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1

codedeploy.us-west-1.amazonaws.com

codedeploy-fips.us-west-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国西部 (オレゴン) us-west-2

codedeploy.us-west-2.amazonaws.com

codedeploy-fips.us-west-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

アフリカ (ケープタウン) af-south-1 codedeploy.af-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (香港) ap-east-1 codedeploy.ap-east-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ジャカルタ) ap-southeast-3 codedeploy.ap-southeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1 codedeploy.ap-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (大阪) ap-northeast-3 codedeploy.ap-northeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 codedeploy.ap-northeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 codedeploy.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 codedeploy.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 codedeploy.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
カナダ (中部) ca-central-1 codedeploy.ca-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 codedeploy.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 codedeploy.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ロンドン) eu-west-2 codedeploy.eu-west-2.amazonaws.com HTTPS
ヨーロッパ (ミラノ) eu-south-1 codedeploy.eu-south-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (パリ) eu-west-3 codedeploy.eu-west-3.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 codedeploy.eu-north-1.amazonaws.com HTTPS
中東 (バーレーン) me-south-1 codedeploy.me-south-1.amazonaws.com HTTPS
南米 (サンパウロ) sa-east-1 codedeploy.sa-east-1.amazonaws.com HTTPS
AWS GovCloud (米国東部) us-gov-east-1

codedeploy.us-gov-east-1.amazonaws.com

codedeploy-fips.us-gov-east-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

AWS GovCloud (米国西部) us-gov-west-1

codedeploy.us-gov-west-1.amazonaws.com

codedeploy-fips.us-gov-west-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

サービスクォータ

名前 デフォルト 調整可能 説明
AWS Lambda デプロイ実行 (時間) サポートされている各リージョン: 50 いいえ AWS Lambda デプロイで実行できる最大時間数 (最初からの最後のトラフィック移行までの最大時間 48 時間 + 発生する可能性のある 2 つのライフサイクルフックに 1 時間)
アカウントあたりの関連付けられたアプリケーション (リージョンごと) サポートされている各リージョン: 1,000 はい 1 つのリージョン内の 1 つの AWS アカウントに関連付けられるアプリケーションの最大数
デプロイグループ内の Auto Scaling グループ サポートされている各リージョン: 10 いいえ デプロイグループの Amazon EC2 Auto Scaling グループの最大数
アカウントあたりの同時実行デプロイ サポートされている各リージョン: 1,000 はい AWS アカウントに関連付けられる同時デプロイの最大数。Amazon EC2 Auto Scaling グループのスケールアップされた Amazon EC2 インスタンスへの各デプロイは、EC2 インスタンスが関連付けられているアプリケーションごとに、単一の同時デプロイとしてカウントされます。
デプロイグループあたりの同時実行デプロイ サポートされている各リージョン: 1 いいえ デプロイグループへの同時デプロイの最大数。この制限により、同じデプロイグループに対して同じアプリケーションを同時デプロイすることを防ぎます。
アカウントあたりのカスタムデプロイ設定 サポートされている各リージョン: 50 いいえ AWS アカウントに関連付けられるカスタムデプロイ設定の最大数
単一のアプリケーションに関連付けられたデプロイグループ サポートされている各リージョン: 1,000 はい 1 つのアプリケーションに関連付けられるデプロイグループの最大数
EC2/オンプレミスの Blue/Green デプロイ実行 (時間) サポートされている各リージョン: 109 いいえ EC2/オンプレミスのブルー/グリーンデプロイで実行できる最大時間数 (上記の 2 つの各制限に 48 時間 + 発生する可能性のある 13 のライフサイクルイベントに対して 1 時間)
EC2/オンプレミスのインプレースデプロイ実行 (時間) サポートされている各リージョン: 8 いいえ EC2/オンプレミスインプレースデプロイで実行できる最大時間数
デプロイグループのイベント通知トリガー サポートされている各リージョン: 10 はい デプロイグループのイベント通知トリガーの最大数
アカウントあたりの GitHub 接続トークン サポートされている各リージョン: 25 いいえ 単一の AWS アカウントの GitHub 接続トークンの最大数
EC2/オンプレミスの Blue/Green デプロイ時に、デプロイが完了してから元のインスタンスが終了するまでの時間 サポートされている各リージョン: 48 いいえ EC2/オンプレミスのブルー/グリーンデプロイにおいて、デプロイが完了してから元のインスタンスが終了するまでの最大時間数
EC2/オンプレミスの Blue/Green デプロイ時に、リビジョンのデプロイから、トラフィックが代替インスタンスにシフトするまでの時間 サポートされている各リージョン: 48 いいえ EC2/オンプレミス のブルー/グリーンデプロイにおいて、リビジョンをデプロイしてから置き換え先インスタンスへトラフィックが移行されるまでの最大時間数
デプロイあたりのインスタンス数

us-east-1: 2,000

他のサポートされている各リージョン: 1,000

はい 1 つのデプロイ内のインスタンスの最大数
Blue/Green デプロイがデプロイに成功した後、元のデプロイからインスタンスを終了するまでの待機時間 (分) サポートされている各リージョン: 2,800 いいえ Blue/Green デプロイがデプロイに成功した後、元のデプロイからインスタンスを終了するまでの最大待機時間 (分)
AWS Lambda Canary またはリニアデプロイ時の最初と最後のトラフィックシフトの間の時間 (分) サポートされている各リージョン: 2,880 いいえ AWS Lambda の canary デプロイまたはリニアデプロイにおいて、最初のトラフィック移行から最後のトラフィック移行までの最大時間 (分)
デプロイが失敗するまでの時間 (分) (ライフサイクルイベントが開始しない場合) サポートされている各リージョン: 5 いいえ デプロイが失敗するまでの最大分数 (次の操作の後でライフサイクルイベントが開始しない場合: (1) コンソールまたは AWS CLI create-deployment コマンドを使用してデプロイがトリガーされた、または (2) 前のライフサイクルイベントが完了した)。
Amazon ECS サービスに関連付けることができるデプロイグループの数 サポートされている各リージョン: 1 いいえ Amazon ECS サービスに関連付けることができるデプロイグループの最大数
BatchGetOnPremisesInstances API アクションへ渡すことができるインスタンスの数 サポートされている各リージョン: 100 いいえ BatchGetOnPremisesInstances API アクションに渡すことができるインスタンスの最大数
アカウントあたりの進行中の同時実行デプロイによって使用されたインスタンスの数

us-east-1: 3,000

他のサポートされている各リージョン: 1,000

はい 進行中かつ 1 つのアカウントに関連付けられている同時デプロイで使用できるインスタンスの最大数
Amazon ECS デプロイ中のトラフィックルートのリスナー数 サポートされている各リージョン: 1 いいえ Amazon ECS デプロイ中のトラフィックルートのリスナーの最大数
デプロイライフサイクルイベントが完了しなかった場合に失敗するまでの時間 (秒) サポートされている各リージョン: 3,600 秒 いいえ デプロイライフサイクルイベントが完了しなかった場合に失敗するまでの最大時間 (秒)
デプロイグループ名のサイズ サポートされている各リージョン: 100 いいえ デプロイグループ名の最大文字数
タグキーのサイズ サポートされている各リージョン: 128 いいえ タグキーの最大文字数
タグ値のサイズ サポートされている各リージョン: 256 いいえ タグ値の最大文字数
デプロイグループのタグ サポートされている各リージョン: 10 いいえ デプロイグループのタグの最大数
AWS Lambda デプロイ中に 1 の増分でシフトできるトラフィック サポートされている各リージョン: 99 いいえ AWS Lambda デプロイにおいて、1 回の増分で移行できるトラフィックの最大割合

詳細については、AWS CodeDeploy ユーザーガイドの「CodeDeploy のクォータ」を参照してください。