AWS CodePipeline エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

AWS CodePipeline エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2

codepipeline.us-east-2.amazonaws.com

codepipeline-fips.us-east-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国東部 (バージニア北部) us-east-1

codepipeline.us-east-1.amazonaws.com

codepipeline-fips.us-east-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1

codepipeline.us-west-1.amazonaws.com

codepipeline-fips.us-west-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国西部 (オレゴン) us-west-2

codepipeline.us-west-2.amazonaws.com

codepipeline-fips.us-west-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

アジアパシフィック (香港) ap-east-1 codepipeline.ap-east-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1 codepipeline.ap-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 codepipeline.ap-northeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 codepipeline.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 codepipeline.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 codepipeline.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
カナダ (中部) ca-central-1

codepipeline.ca-central-1.amazonaws.com

codepipeline-fips.ca-central-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

欧州 (フランクフルト) eu-central-1 codepipeline.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 codepipeline.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ロンドン) eu-west-2 codepipeline.eu-west-2.amazonaws.com HTTPS
ヨーロッパ (ミラノ) eu-south-1 codepipeline.eu-south-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (パリ) eu-west-3 codepipeline.eu-west-3.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 codepipeline.eu-north-1.amazonaws.com HTTPS
南米 (サンパウロ) sa-east-1 codepipeline.sa-east-1.amazonaws.com HTTPS
AWS GovCloud (米国西部) us-gov-west-1

codepipeline.us-gov-west-1.amazonaws.com

codepipeline-fips.us-gov-west-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

サービスクォータ

名前 デフォルト 調整可能 説明
AWS CloudFormation アクションのタイムアウト サポートされている各リージョン: 3 はい AWS CloudFormation デプロイアクションがタイムアウトするまでの時間の長さ (日数)
AWS CodeBuild アクションのタイムアウト サポートされている各リージョン: 8 いいえ AWS CodeBuild ビルドアクションまたはテストアクションがタイムアウトするまでの時間の長さ (時間数)
AWS CodeDeploy ECS (Blue/Green) アクションのタイムアウト サポートされている各リージョン: 5 はい AWS CodeDeploy ECS (Blue/Green) アクションがタイムアウトするまでの時間の長さ (日数)
AWS CodeDeploy アクションのタイムアウト サポートされている各リージョン: 5 はい AWS CodeDeploy デプロイアクションがタイムアウトするまでの時間の長さ (日数)
AWS Lambda アクションのタイムアウト サポートされている各リージョン: 1 はい AWS Lambda 呼び出しアクションがタイムアウトするまでの時間の長さ (時間数)
アクション設定キーの長さ サポートされている各リージョン: 50 いいえ アクション設定キーで使用できる最大文字数
アクション設定値の長さ サポートされている各リージョン: 1,000 いいえ アクション設定値で使用できる最大文字数
アクションのタイムアウト サポートされている各リージョン: 1 はい 他のアクションがタイムアウトするまでの時間の長さ (時間数)
Amazon S3 デプロイアクションのタイムアウト サポートされている各リージョン: 20 はい Amazon S3 デプロイアクションがタイムアウトするまでの時間の長さ (分)
承認アクションのタイムアウト サポートされている各リージョン: 7 いいえ 承認アクションがタイムアウトするまでの時間の長さ (日数)
最小アクション サポートされている各リージョン: 1 いいえ ステージで使用できるアクションの最小数
パイプラインあたりの最小ステージ サポートされている各リージョン: 2 いいえ パイプラインで使用できるステージの最小数
AWS CodeCommit または GitHub ソースアーティファクトの合計サイズ サポートされている各リージョン: 1 GB いいえ AWS CodeCommit または GitHub リポジトリを使用するソースステージのアーティファクトの最大サイズ (GB)
Amazon S3 ソースアーティファクトの合計サイズ サポートされている各リージョン: 3 GB いいえ Amazon S3 アーティファクトバケットを使用するソースステージのアーティファクトの最大サイズ (GB)
Parameter Overrides の JSON オブジェクトの合計サイズ サポートされている各リージョン: 1 KB いいえ ParameterOverrides プロパティに保存できる JSON オブジェクトの最大サイズ (KB)
パイプラインあたりのアクションの合計数 サポートされている各リージョン: 500 いいえ パイプラインで使用できるアクションの最大数
ステージあたりのアクションの合計数 サポートされている各リージョン: 50 いいえ ステージで使用できるアクションの最大数
カスタムアクションの合計数 サポートされている各リージョン: 50 はい AWS アカウントのリージョンあたりのカスタムアクションの最大数
イメージ定義 JSON ファイルの合計サイズ サポートされている各リージョン: 100 KB いいえ Amazon ECS コンテナとイメージをデプロイするパイプライン中で使用されるイメージ定義ファイルの JSON ファイルの最大サイズ (KB)
AWS CloudFormation デプロイの入力アーティファクトの合計サイズ サポートされている各リージョン: 256 MB いいえ Lambda 関数をデプロイする際の AWS CloudFormation アクションの入力アーティファクトの最大サイズ (MB)
ステージあたりの合計並列アクション サポートされている各リージョン: 50 いいえ ステージで同時に実行されるアクションの最大数
実行履歴の合計期間 サポートされている各リージョン: 12 いいえ パイプライン実行履歴情報を表示できる過去の月の最大数
合計パイプライン サポートされている各リージョン: 1,000 はい AWS アカウントの AWS リージョンあたりのパイプラインの最大数
ソースの変更を定期的にチェックするように変更検出が設定された合計パイプライン サポートされている各リージョン: 300 いいえ ソースの変更を定期的にチェックする変更検出設定を使用した、リージョンあたりのパイプラインの最大数
ステージあたりの合計シーケンシャルアクション サポートされている各リージョン: 50 いいえ ステージで実行されるシーケンシャルアクションの最大数
Amazon EBS デプロイのソースアーティファクトの合計サイズ サポートされている各リージョン: 512 MB いいえ Amazon EBS を使用してアプリケーションをデプロイするパイプラインのソースステージのアーティファクトの最大サイズ (MB)
パイプラインあたりの合計ステージ数 サポートされている各リージョン: 50 いいえ パイプラインで使用できるステージの最大数
合計ウェブフック サポートされている各リージョン: 300 はい AWS アカウントのリージョンあたりのウェブフックの最大数

詳細については、AWS CodePipeline ユーザーガイドの「CodePipeline のクォータ」を参照してください。