AWS Data Exchange エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

AWS Data Exchange エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2 dataexchange.us-east-2.amazonaws.com HTTPS
米国東部 (バージニア北部) us-east-1 dataexchange.us-east-1.amazonaws.com HTTPS
米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1 dataexchange.us-west-1.amazonaws.com HTTPS
米国西部 (オレゴン) us-west-2 dataexchange.us-west-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 dataexchange.ap-northeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 dataexchange.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 dataexchange.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 dataexchange.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 dataexchange.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 dataexchange.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ロンドン) eu-west-2 dataexchange.eu-west-2.amazonaws.com HTTPS

サービスクォータ

名前 デフォルト 調整可能 説明
リビジョンあたりの Amazon API Gateway API アセット サポートされている各リージョン: 20 はい 1 つのリビジョンに含めることができる Amazon API Gateway API アセットの最大数。
Redshift からのインポートジョブあたりの Amazon Redshift データ共有アセット サポートされている各リージョン: 10 いいえ 1 つのジョブで Redshift からインポートできる Amazon Redshift データ共有アセットの最大数。
リビジョンあたりの Amazon Redshift データ共有アセット サポートされている各リージョン: 20 はい 1 つのリビジョンに含めることができる Amazon Redshift データ共有アセットの最大数。
Amazon S3 からのエクスポートジョブあたりのアセット サポートされている各リージョン: 100 いいえ 1 つのジョブで Amazon S3 にエクスポートできるアセットの最大数。
アセットサイズ (GB) サポートされている各リージョン: 100 GB いいえ 単一アセットの最大サイズ (GB)。
Amazon S3 からのインポートジョブあたりのアセット サポートされている各リージョン: 100 いいえ 1 つのジョブで Amazon S3 からインポートできるアセットの最大数。
リビジョンあたりのアセット サポートされている各リージョン: 10,000 はい 1 つのリビジョンに含めることができるアセットの最大数。
データセットあたりの自動エクスポートイベントアクション サポートされている各リージョン: 5 はい データセットあたりの自動エクスポートイベントアクションの最大数。
アカウントあたりのサブスクリプション持ち込みオファー サポートされている各リージョン: 10 はい 1 つのアカウントで作成できる BYOS (Bring-Your-Own-Subscription: サブスクリプション持ち込み) オファーの最大数。
Amazon S3 にアセットをエクスポートするための進行中の同時実行ジョブ サポートされている各リージョン: 10 いいえ Amazon S3 にアセットをエクスポートするために同時に実行されるジョブ (つまり IN_PROGRESS 状態のジョブ) の最大数。
アセットを署名付き URL にエクスポートするための進行中の同時実行ジョブ サポートされている各リージョン: 10 いいえ 署名付き URL にアセットをエクスポートするために同時に実行されるジョブ (つまり IN_PROGRESS 状態のジョブ) の最大数。
Amazon S3 にリビジョンをエクスポートするための進行中の同時実行ジョブ サポートされている各リージョン: 5 いいえ Amazon S3 にリビジョンをエクスポートするために同時に実行されるジョブ (つまり IN_PROGRESS 状態のジョブ) の最大数。
Amazon API Gateway からアセットをインポートするための進行中の同時実行ジョブ サポートされている各リージョン: 10 いいえ Amazon API Gateway からアセットをインポートするために同時に実行されるジョブ (つまり IN_PROGRESS 状態のジョブ) の最大数。
Amazon Redshift データ共有からアセットをインポートするための進行中の同時実行ジョブ サポートされている各リージョン: 10 いいえ Amazon Redshift データ共有をインポートするために同時に実行されるジョブ (つまり IN_PROGRESS 状態のジョブ) の最大数。
Amazon S3 からアセットをインポートするための進行中の同時実行ジョブ サポートされている各リージョン: 10 いいえ Amazon S3 からアセットをインポートするために同時に実行されるジョブ (つまり IN_PROGRESS 状態のジョブ) の最大数。
署名付き URL からアセットをインポートするための進行中の同時実行ジョブ サポートされている各リージョン: 10 いいえ 署名付き URL からアセットをインポートするために同時に実行されるジョブ (つまり IN_PROGRESS 状態のジョブ) の最大数。
製品あたりのデータディクショナリ サポートされている各リージョン: 50 はい 製品あたりのデータディクショナリの最大数。
データディクショナリのファイルサイズ (MB) サポートされている各リージョン: 1 MB はい データディクショナリの最大サイズ (MB)。
アカウントあたりのデータセット サポートされている各リージョン: 3,000 はい アカウントあたりのデータセットの最大数。
製品あたりのデータセット サポートされている各リージョン: 25 はい 1 つの製品に含めることができるデータセットの最大数。
アカウントあたりのイベントアクション サポートされている各リージョン: 50 はい アカウントあたりのイベントアクションの最大数です。
アカウントあたりのプライベートオファー サポートされている各リージョン: 25 はい 1 つのアカウントで作成できるカスタムオファーの最大数。
アカウントあたりの製品 サポートされている各リージョン: 50 はい アカウントあたりの発行済み製品の最大数。
データセットあたりの製品 サポートされている各リージョン: 100 はい 特定のデータセットを含めることができる製品の最大数。
Amazon API Gateway API データセットあたりのリビジョン サポートされている各リージョン: 20 はい 1 つの Amazon API Gateway API データセットに含めることができるリビジョンの最大数。
Amazon Redshift データ共有データセットあたりのリビジョン サポートされている各リージョン: 20 はい 1 つの Amazon Redshift データ共有データセットに含めることができるリビジョンの最大数。
addRevisions 変更セットあたりのリビジョン サポートされている各リージョン: 5 いいえ タイプ addRevisions の 1 つの AWS Marketplace Catalog API 変更セットで製品に対して発行できるリビジョンの最大数。
データセットあたりのリビジョン サポートされている各リージョン: 10,000 はい 1 つのデータセットに含めることができるリビジョンの最大数。
サンプルのファイルサイズ (MB) サポートされている各リージョン: 50 MB はい サンプルの最大サイズ (MB)。
製品あたりのサンプル数 サポートされている各リージョン: 50 はい 製品あたりのサンプルの最大数。

詳細については、AWS Data Exchange ユーザーガイドの「AWS Data Exchange のクォータ」を参照してください。