AWS Database Migration Service エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

AWS Database Migration Service エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2

dms.us-east-2.amazonaws.com

dms-fips.us-east-2.amazonaws.com

dms-fips.us-east-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

HTTPS

米国東部 (バージニア北部) us-east-1

dms.us-east-1.amazonaws.com

dms-fips.us-east-1.amazonaws.com

dms-fips.us-east-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

HTTPS

米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1

dms.us-west-1.amazonaws.com

dms-fips.us-west-1.amazonaws.com

dms-fips.us-west-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

HTTPS

米国西部 (オレゴン) us-west-2

dms.us-west-2.amazonaws.com

dms-fips.us-west-2.amazonaws.com

dms-fips.us-west-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

HTTPS

アフリカ (ケープタウン) af-south-1 dms.af-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (香港) ap-east-1 dms.ap-east-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ジャカルタ) ap-southeast-3 dms.ap-southeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1 dms.ap-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (大阪) ap-northeast-3 dms.ap-northeast-3.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 dms.ap-northeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 dms.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 dms.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 dms.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
カナダ (中部) ca-central-1 dms.ca-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 dms.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 dms.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ロンドン) eu-west-2 dms.eu-west-2.amazonaws.com HTTPS
ヨーロッパ (ミラノ) eu-south-1 dms.eu-south-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (パリ) eu-west-3 dms.eu-west-3.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 dms.eu-north-1.amazonaws.com HTTPS
中東 (バーレーン) me-south-1 dms.me-south-1.amazonaws.com HTTPS
南米 (サンパウロ) sa-east-1 dms.sa-east-1.amazonaws.com HTTPS
AWS GovCloud (米国東部) us-gov-east-1

dms.us-gov-east-1.amazonaws.com

dms.us-gov-east-1.amazonaws.com

dms.us-gov-east-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

HTTPS

AWS GovCloud (米国西部) us-gov-west-1

dms.us-gov-west-1.amazonaws.com

dms.us-gov-west-1.amazonaws.com

dms.us-gov-west-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

HTTPS

サービスクォータ

名前 デフォルト 調整可能 説明
証明書数 サポートされている各リージョン: 100 はい 現在のリージョンでこのアカウントに許可される証明書の最大数。
Endpoint count サポートされている各リージョン: 1,000 はい 現在のリージョンでこのアカウントに許可されるエンドポイントの最大数。
インスタンスごとのエンドポイント サポートされている各リージョン: 100 はい レプリケーションインスタンスごとの許可されるエンドポイントの最大数。
イベントサブスクリプション サポートされている各リージョン: 60 はい サブスクライブできる AWS DMS イベントの最大数。
DMS Fleet Advisor コレクターインスタンスの数 サポートされている各リージョン: 10 いいえ DMS Fleet Advisor コレクターの作成済みインスタンスの最大数
DMS Fleet Advisor が 1 時間あたりに送信できるデータファイルの数 サポートされている各リージョン: 500/時間 いいえ DMS Fleet Advisor コレクターが 1 時間あたりに送信できるファイルの最大数
DMS Fleet Advisor が処理できるデータベースオブジェクトの数 サポートされている各リージョン: 50,000,000 いいえ AWS DMS Fleet Advisor が処理できるデータベースオブジェクトの総数。データベースオブジェクトは、テーブル、ビュー、ストアドプロシージャ、関数、トリガーなど、データを格納または参照するために使用されるデータ構造です。
DMS Fleet Advisor コレクター内のモニタリング対象オブジェクトの数 サポートされている各リージョン: 2,000 いいえ 顧客が 1 つの DMS Fleet Advisor コレクターに追加できるモニタリング対象オブジェクトの最大数。
レプリケーション インスタンス サポートされている各リージョン: 60 はい 現在のリージョンでこのアカウントに許可されるレプリケーションインスタンスの最大数。
サブネットグループ サポートされている各リージョン: 60 はい 現在のリージョンでこのアカウントに許可されるサブネットグループの最大数。
サブネットグループあたりのサブネット サポートされている各リージョン: 60 はい サブネットグループあたりの許可されるサブネットの最大数。
タスク数 サポートされている各リージョン: 600 はい 現在のリージョンでこのアカウントに許可されるタスクの最大数。
DMS Fleet Advisor で収集されるデータの量 サポートされている各リージョン: 10 GB いいえ すべての DMS Fleet Advisor コレクターで収集できるデータの量。
合計ストレージ サポートされている各リージョン: 30,000 GB はい 一緒に追加されたすべてのレプリケーションインスタンスの最大ストレージ合計 (GB 単位)。