AWS Fault Injection Service エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Fault Injection Service エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル

米国東部 (オハイオ)

us-east-2

fis.us-east-2.amazonaws.com

HTTPS

米国東部 (バージニア北部)

us-east-1

fis.us-east-1.amazonaws.com

HTTPS

米国西部 (北カリフォルニア)

us-west-1

fis.us-west-1.amazonaws.com

HTTPS

米国西部 (オレゴン)

us-west-2

fis.us-west-2.amazonaws.com

HTTPS

アフリカ (ケープタウン)

af-south-1

fis.af-south-1.amazonaws.com

HTTPS

アジアパシフィック (香港)

ap-east-1

fis.ap-east-1.amazonaws.com

HTTPS

アジアパシフィック (ムンバイ)

ap-south-1

fis.ap-south-1.amazonaws.com

HTTPS

アジアパシフィック (ソウル)

ap-northeast-2

fis.ap-northeast-2.amazonaws.com

HTTPS

アジアパシフィック (シンガポール)

ap-southeast-1

fis.ap-southeast-1.amazonaws.com

HTTPS

アジアパシフィック (シドニー)

ap-southeast-2

fis.ap-southeast-2.amazonaws.com

HTTPS

アジアパシフィック (東京)

ap-northeast-1

fis.ap-northeast-1.amazonaws.com

HTTPS

カナダ (中部)

ca-central-1

fis.ca-central-1.amazonaws.com

HTTPS

欧州 (フランクフルト)

eu-central-1

fis.eu-central-1.amazonaws.com

HTTPS

欧州 (アイルランド)

eu-west-1

fis.eu-west-1.amazonaws.com

HTTPS

欧州 (ロンドン)

eu-west-2

fis.eu-west-2.amazonaws.com

HTTPS

ヨーロッパ (ミラノ)

eu-south-1

fis.eu-south-1.amazonaws.com

HTTPS

欧州 (パリ)

eu-west-3

fis.eu-west-3.amazonaws.com

HTTPS

欧州 (ストックホルム)

eu-north-1

fis.eu-north-1.amazonaws.com

HTTPS

中東 (バーレーン)

me-south-1

fis.me-south-1.amazonaws.com

HTTPS

南米 (サンパウロ)

sa-east-1

fis.sa-east-1.amazonaws.com

HTTPS

AWS GovCloud (米国東部)

us-gov-east-1

fis.us-gov-east-1.amazonaws.com

HTTPS

AWS GovCloud (米国西部)

us-gov-west-1

fis.us-gov-west-1.amazonaws.com

HTTPS

Service Quotas

名前 デフォルト 引き上げ可能 説明
アクション期間 (時間) サポートされている各リージョン: 12 いいえ このアカウントで現在のリージョンにおいて 1 つのアクションの実行に使用できる最大時間。
実験テンプレートあたりのアクション サポートされている各リージョン: 20 いいえ このアカウントで現在のリージョンにおいて作成できる実験テンプレート内のアクションの最大数。
アクティブな実験 サポートされている各リージョン:5 いいえ このアカウントで現在のリージョンにおいて同時に実行できるアクティブな実験の最大数。
完了した実験データの保持日数 サポートされている各リージョン: 120 いいえ このアカウントで現在のリージョンにおいて完了した実験データを AWS FIS に保持できる最大日数。
実験期間 (時間) サポートされている各リージョン: 12 いいえ このアカウントで現在のリージョンにおいて 1 つの実験の実行に使用できる最大時間。
実験テンプレート サポートされている各リージョン: 500 いいえ このアカウントで現在のリージョンにおいて作成できる実験テンプレートの最大数。
aws:network:route-table-disrupt-cross-region-connectivity のマネージドプレフィックスリストの最大数 サポートされている各リージョン: 15 いいえ aws:network:route-table-disrupt-cross-region-connectivity がアクションごとに許可するマネージドプレフィックスリストの最大数。
aws:network:route-table-disrupt-cross-region-connectivity のルートテーブルの最大数 サポートされている各リージョン: 10 いいえ aws:network:route-table-disrupt-cross-region-connectivity がアクションごとに許可するルートテーブルの最大数。
aws:network:route-table-disrupt-cross-region-connectivity のルートの最大数 サポートされている各リージョン: 200 いいえ aws:network:route-table-disrupt-cross-region-connectivity がアクションごとに許可するルートの最大数。
実験あたりの並列アクション サポートされている各リージョン: 10 いいえ このアカウントで現在のリージョンにおいて並行して実行できる実験のアクションの最大数。
実験テンプレートあたりの停止条件 サポートされている各リージョン:5 いいえ このアカウントで現在のリージョンにおいて実験テンプレートに追加できる停止条件の最大数。
aws:ec2:asg-insufficient-instance-capacity-error のターゲット Auto Scaling グループ サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:ec2:asg-insufficient-instance-capacity-error がターゲットにできる Auto Scaling グループの最大数。
aws:s3 のターゲットバケット:bucket-pause-replication サポートされている各リージョン: 20 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:s3:bucket-pause-replication can がターゲットにできる S3 バケットの最大数。
aws:ecs のターゲットクラスター:drain-container-instances サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:ecs:drain-container-instances can がターゲットにできるクラスターの最大数。
aws:rds のターゲットクラスター:failover-db-cluster サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:rds:failover-db-cluster can がターゲットにできるクラスターの最大数。
aws:rds のターゲット DBInstances:reboot-db-instances サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:rds:reboot-db-instances can がターゲットにできる DBInstances の最大数。
aws:ec2:reboot-instances のターゲットインスタンス サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:ec2:reboot-instances がターゲットにできるインスタンスの最大数。
aws:ec2:stop-instances のターゲットインスタンス サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:ec2:stop-instances がターゲットにできるインスタンスの最大数。
aws:ec2:terminate-instances のターゲットインスタンス サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:ec2:terminate-instances がターゲットにできるインスタンスの最大数。
aws:ssm:send-command のターゲットインスタンス サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:ssm:send-command がターゲットにできるインスタンスの最大数。
aws:eks のターゲットノードグループ:terminate-nodegroup-instances サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:eks:terminate-nodegroup-instances can がターゲットとするノードグループの最大数。
aws:eks のターゲットポッド:pod-cpu-stress サポートされている各リージョン: 50 はい 実験ごとに、パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:eks:pod-cpu-stress can がターゲットとするポッドの最大数。
aws:eks:pod-delete のターゲットポッド サポートされている各リージョン: 50 はい 実験ごとに、パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:eks:pod-delete がターゲットにできるポッドの最大数。
aws:eks のターゲットポッド:pod-io-stress サポートされている各リージョン: 50 はい 実験ごとに、パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:eks:pod-io-stress can がターゲットとするポッドの最大数。
aws:eks のターゲットポッド:pod-memory-stress サポートされている各リージョン: 50 はい 実験ごとに、パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:eks:pod-memory-stress can がターゲットとするポッドの最大数。
aws:eks のターゲットポッド:pod-network-blackhole-port サポートされている各リージョン: 50 はい 実験ごとに、パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:eks:pod-network-blackhole-port can がターゲットとするポッドの最大数。
aws:eks のターゲットポッド:pod-network-latency サポートされている各リージョン: 50 はい 実験ごとに、パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:eks:pod-network-latency can がターゲットとするポッドの最大数。
aws:eks のターゲットポッド:pod-network-packet-loss サポートされている各リージョン: 50 はい 実験ごとに、パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:eks:pod-network-packet-loss can がターゲットとするポッドの最大数。
aws:elasticache ReplicationGroups のターゲット:interrupt-cluster-az-power サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグ/パラメータを使用してターゲットを特定するときの ReplicationGroups aws:elasticache:interrupt-cluster-az-power can ターゲットの最大数。
aws:ec2 SpotInstances のターゲット:send-spot-instance-interruptions サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:ec2:send-spot-instance-interruptions can ターゲット SpotInstances とする の最大数。
aws:network:disrupt-connectivity のターゲットサブネット サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:network:disrupt-connectivity がターゲットにできるサブネットの最大数。
aws:network:route-table-disrupt-cross-region-connectivity のターゲットサブネット サポートされている各リージョン: 6 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:network:route-table-disrupt-cross-region-connectivity がターゲットにできるサブネットの最大数。
aws:ecs:stop-task のターゲットタスク サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:ecs:stop-task がターゲットにできるタスクの最大数。
aws:ecs のターゲットタスク:task-cpu-stress サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグ/パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:ecs:task-cpu-stress can がターゲットにするタスクの最大数。
aws:ecs のターゲットタスク:task-io-stress サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグ/パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:ecs:task-io-stress can がターゲットにするタスクの最大数。
aws:ecs のターゲットタスク:task-kill-process サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグ/パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:ecs:task-kill-process can がターゲットにするタスクの最大数。
aws:ecs のターゲットタスク:task-network-blackhole-port サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグ/パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:ecs:task-network-blackhole-port can がターゲットにするタスクの最大数。
aws:ecs のターゲットタスク:task-network-latency サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグ/パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:ecs:task-network-latency can がターゲットにするタスクの最大数。
aws:ecs のターゲットタスク:task-network-packet-loss サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグ/パラメータを使用してターゲットを特定するときに、aws:ecs:task-network-packet-loss can がターゲットにするタスクの最大数。
aws:network:transit-gateway-disrupt-cross-region-connectivity TransitGateways のターゲット サポートされている各リージョン: 5 はい 実験ごとに、タグを使用してターゲットを特定するときに、aws:network:transit-gateway-disrupt-cross-region-connectivity がターゲットにできる Transit Gateway の最大数。
実験テンプレートごとのターゲットアカウント設定 サポートされている各リージョン: 10 はい このアカウントで現在のリージョンにおいて作成できる実験テンプレートのターゲットアカウント設定の最大数。