AWS IoT Analytics エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

AWS IoT Analytics エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2 iotanalytics.us-east-2.amazonaws.com HTTPS
米国東部 (バージニア北部) us-east-1 iotanalytics.us-east-1.amazonaws.com HTTPS
米国西部 (オレゴン) us-west-2 iotanalytics.us-west-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1 iotanalytics.ap-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 iotanalytics.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 iotanalytics.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 iotanalytics.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 iotanalytics.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS

サービスクォータ

名前 デフォルト 調整可能 説明
パイプラインあたりのアクティビティ サポートされている各リージョン: 25 いいえ パイプラインに含めることができるアクティビティの最大数。
BatchPutMessage メッセージのバッチサイズ サポートされている各リージョン: 100 いいえ BatchPutMessage API を使用して各バッチで送信できるメッセージの最大数。
アカウントあたりのチャネル サポートされている各リージョン: 50 はい このアカウントで作成できるチャネルの最大数。
データセットが実行する同時コンテナ サポートされている各リージョン: 20 いいえ 同時に実行できるコンテナデータセットの最大数。
データセットコンテンツの同時生成 サポートされている各リージョン: 2 いいえ 同時に生成できるデータセットコンテンツの最大数。
SQL データセットあたりのトリガーされるコンテナデータセット サポートされている各リージョン: 10 いいえ 単一の SQL データセットからトリガーできるコンテナデータセットの最大数。
アカウントあたりのデータセット サポートされている各リージョン: 100 はい このアカウントで作成できるデータセットの最大数。
アカウントあたりのデータストア サポートされている各リージョン: 25 はい このアカウントで作成できるデータストアの最大数。
Parquet SchemaDefinition 列の深さ サポートされている各リージョン: 100 はい データストア内の各列に対して Parquet 形式を使用して定義できる最大深度。
データセットの最小更新間隔 サポートされている各リージョン: 15 はい データセットの最小更新間隔 (分)。
Parquet SchemaDefinition 列の数 サポートされている各リージョン: 100 はい データストアに対して Parquet 形式を使用して定義できる列の最大数。
StartPipelineReprocessing リクエストの数 サポートされている各リージョン: 1,000 はい パイプラインを通じて同じチャネルメッセージを再処理するために 24 時間ごとに実行できる StartPipelineReprocessing API リクエストの最大数。
データストア内のパーティションの数 サポートされている各リージョン: 100,000 はい データストアのパーティションの最大数。
アカウントあたりのパイプライン サポートされている各リージョン: 100 はい このアカウントで作成できるパイプラインの最大数。
BatchPutMessage メッセージのレート サポートされている各リージョン: 100,000 はい BatchPutMessage API を使用して各チャネルで送信できる 1 秒あたりのメッセージの最大数。
CreateDatasetContent リクエストのレート サポートされている各リージョン: 1 はい 各データセットで 1 秒あたりに実行できる CreateDatasetContent API リクエストの最大数。
RunPipelineActivity リクエストのレート サポートされている各リージョン: 1 はい 1 秒あたりに実行できる RunPipelineActivity API リクエストの最大数。
SampleChannelData リクエストのレート サポートされている各リージョン: 1 はい 各チャネルで 1 秒あたりに実行できる SampleChannelData API リクエストの最大数。
BatchPutMessage メッセージのサイズ サポートされている各リージョン: 128 KB いいえ BatchPutMessage API を使用して送信できるメッセージの最大サイズ。

詳細については、AWS IoT Analytics ユーザーガイドの「AWS IoT Analytics のクォータ」を参照してください。