Amazon Keyspaces (Apache Cassandra 向け) エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

Amazon Keyspaces (Apache Cassandra 向け) エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2 cassandra.us-east-2.amazonaws.com TLS
米国東部 (バージニア北部) us-east-1

cassandra.us-east-1.amazonaws.com

cassandra-fips.us-east-1.amazonaws.com

TLS

HTTPS

米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1 cassandra.us-west-1.amazonaws.com TLS
米国西部 (オレゴン) us-west-2

cassandra.us-west-2.amazonaws.com

cassandra-fips.us-west-2.amazonaws.com

TLS

HTTPS

アジアパシフィック (香港) ap-east-1 cassandra.ap-east-1.amazonaws.com TLS
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1 cassandra.ap-south-1.amazonaws.com TLS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 cassandra.ap-northeast-2.amazonaws.com TLS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 cassandra.ap-southeast-1.amazonaws.com TLS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 cassandra.ap-southeast-2.amazonaws.com TLS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 cassandra.ap-northeast-1.amazonaws.com TLS
カナダ (中部) ca-central-1 cassandra.ca-central-1.amazonaws.com TLS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 cassandra.eu-central-1.amazonaws.com TLS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 cassandra.eu-west-1.amazonaws.com TLS
欧州 (ロンドン) eu-west-2 cassandra.eu-west-2.amazonaws.com TLS
欧州 (パリ) eu-west-3 cassandra.eu-west-3.amazonaws.com TLS
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 cassandra.eu-north-1.amazonaws.com TLS
中東 (バーレーン) me-south-1 cassandra.me-south-1.amazonaws.com TLS
南米 (サンパウロ) sa-east-1 cassandra.sa-east-1.amazonaws.com TLS

次の AWS リージョンでは、FIPS エンドポイントを使用できます。

リージョン名 リージョン FIPS エンドポイント プロトコル
米国東部 (バージニア北部) us-east-1 cassandra-fips.us-east-1.amazonaws.com TLS
米国西部 (オレゴン) us-west-2 cassandra-fips.us-west-2.amazonaws.com TLS

サービスクォータ

名前 デフォルト 調整可能 説明
アカウントレベルの読み込みスループットクォータ (プロビジョニングモード) サポートされている各リージョン: 80,000 はい 各リージョンのアカウントに割り当てられる総読み取りキャパシティユニット (RCU) の最大数。プロビジョニングされた読み取り/書き込みキャパシティモードのテーブルにのみ適用されます。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/keyspaces/latest/devguide/quotas.html を参照してください。
アカウントレベルの書き込みスループットクォータ (プロビジョニングモード) サポートされている各リージョン: 80,000 はい 各リージョンのアカウントに割り当てられる総書き込みキャパシティユニット (WCU) の最大数。プロビジョニングされた読み取り/書き込みキャパシティモードのテーブルにのみ適用されます。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/keyspaces/latest/devguide/quotas.html を参照してください。
同時実行 DDL オペレーション サポートされている各リージョン: 50 いいえ リージョンごとに許可される同時実行 DDL オペレーションの最大数。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/keyspaces/latest/devguide/quotas.html を参照してください。
リージョンあたりの Keyspaces サポートされている各リージョン: 256 はい リージョンごとに作成できるキースペースの最大数。
最大スキーマサイズ サポートされている各リージョン: 358,400 バイト いいえ テーブルスキーマの最大サイズ。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/keyspaces/latest/devguide/quotas.html を参照してください。
ポイントインタイムリカバリ (PITR) を使用してリストアされるデータの最大量 サポートされている各リージョン: 5 TB はい 24 時間以内に PITR を使用して復元できるデータの最大サイズ。
クラスタリングキーの最大サイズ サポートされている各リージョン: 850 バイト いいえ すべてのクラスタリング列を合わせた最大サイズ。メタデータの各クラスタリング列の生サイズに、最大 4 バイトのストレージが追加されます。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/keyspaces/latest/devguide/quotas.html を参照してください。
ポイントインタイムリカバリ (PITR) を使用した最大同時実行テーブルリストア サポートされている各リージョン: 4 はい サブスクライバー 1 名あたりの PITR による最大同時テーブル復元数は 4 です。
パーティションキーの最大サイズ サポートされている各リージョン: 2,048 バイト いいえ 複合パーティションキーの最大サイズ。メタデータのパーティションキーに含まれる各列の生サイズに、最大 3 バイトのストレージが追加されます。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/keyspaces/latest/devguide/quotas.html を参照してください。
最大行サイズ サポートされている各リージョン: 1 MB いいえ 静的列データを除く最大行サイズ。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/keyspaces/latest/devguide/quotas.html を参照してください。
論理パーティションあたりの最大静的データ サポートされている各リージョン: 1 MB いいえ 論理パーティション内の静的データの最大集計サイズ。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/keyspaces/latest/devguide/quotas.html を参照してください。
テーブルレベルの読み取りスループットのクォータ サポートされている各リージョン: 40,000 はい リージョン内のテーブルに割り当て可能な最大読み取りスループット (1 秒あたりの RCU と RRU)。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/keyspaces/latest/devguide/quotas.html を参照してください。
テーブルレベルの書き込みスループットのクォータ サポートされている各リージョン: 40,000 はい リージョンごとのテーブルに割り当て可能な最大書き込みスループット (1 秒あたりの WCU と WRU)。詳細については、https://docs.aws.amazon.com/keyspaces/latest/devguide/quotas.html を参照してください。
リージョンあたりのテーブル サポートされている各リージョン: 256 はい キースペース全体でリージョンごとに作成できるテーブルの最大数。

詳細については、Amazon Keyspaces (Apache Cassandra 用) デベロッパーガイドAmazon Keyspaces (Apache Cassandra 用) のクォータを参照してください。