Amazon Lookout for Metrics エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

Amazon Lookout for Metrics エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2 lookoutmetrics.us-east-2.amazonaws.com HTTPS
米国東部 (バージニア北部) us-east-1 lookoutmetrics.us-east-1.amazonaws.com HTTPS
米国西部 (オレゴン) us-west-2 lookoutmetrics.us-west-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 lookoutmetrics.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 lookoutmetrics.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 lookoutmetrics.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 lookoutmetrics.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 lookoutmetrics.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 lookoutmetrics.eu-north-1.amazonaws.com HTTPS

サービスクォータ

名前 デフォルト 調整可能 説明
アラート サポートされている各リージョン: 10 はい 検出器に追加できるアラートの最大数。
履歴データ (バックテストモード) のデータサイズ サポートされている各リージョン: 102,400 いいえ バックテストモードの履歴データで処理できるデータの最大サイズ (MB)。
履歴データ (連続モード) のデータサイズ サポートされている各リージョン: 102,400 いいえ 連続モードの履歴データで処理できるデータの最大サイズ (MB)。
間隔 (10m) ごとのデータサイズ サポートされている各リージョン: 200 MB いいえ 10 分間隔で処理できるデータの最大サイズ (MB)。
間隔 (1d) ごとのデータサイズ サポートされている各リージョン: 200 MB いいえ 1 日間隔で処理できるデータの最大サイズ (MB)。
間隔 (1h) ごとのデータサイズ サポートされている各リージョン: 200 MB いいえ 1 時間間隔で処理できるデータの最大サイズ (MB)。
間隔 (5m) ごとのデータサイズ サポートされている各リージョン: 200 MB いいえ 5 分間隔で処理できるデータの最大サイズ (MB)。
ディテクターごとのデータセットの数 サポートされている各リージョン: 1 いいえ 検出器に追加できるデータセットの最大数。
データセットごとのデータソースの数 サポートされている各リージョン: 1 いいえ データセットに追加できるデータソースの最大数。
ディテクター サポートされている各リージョン: 10 はい このアカウントで現在の AWS リージョンに作成できる検出器の最大数。
データセットごとのディメンションフィルター サポートされている各リージョン: 5 いいえ データセットに追加できるディメンションフィルターの最大数。
データセットごとのディメンションの数 サポートされている各リージョン: 5 いいえ データセットに追加できるディメンションの最大数。
履歴データ内のファイル サポートされている各リージョン: 3,000 いいえ 履歴データで処理できるファイルの最大数。
間隔 (10m) ごとのファイル数 サポートされている各リージョン: 5 はい 10 分間隔で取り込むことができるファイルの最大数。
間隔 (1d) ごとのファイル数 サポートされている各リージョン: 10 はい 1 日間隔で取り込むことができるファイルの最大数。
間隔 (1h) ごとのファイル数 サポートされている各リージョン: 10 はい 1 時間間隔で取り込むことができるファイルの最大数。
間隔 (5m) ごとのファイル数 サポートされている各リージョン: 5 はい 5 分間隔で取り込むことができるファイルの最大数。
履歴データ (バックテストモード) の間隔 サポートされている各リージョン: 3,000 いいえ バックテストモードの履歴データで処理できる間隔の最大数。
履歴データ (連続モード) の間隔 サポートされている各リージョン: 2,500 いいえ 連続モードの履歴データで処理できる間隔の最大数。
データセットごとのメジャーの数 サポートされている各リージョン: 5 いいえ データセットに追加できるメジャーの最大数。
間隔 (10m) ごとのレコード数 サポートされている各リージョン: 24,000 はい 10 分間隔で処理できるレコードの最大数。
間隔 (1d) ごとのレコード数 サポートされている各リージョン: 150,000 はい 1 日間隔で処理できるレコードの最大数。
間隔 (1h) ごとのレコード数 サポートされている各リージョン: 150,000 はい 1 時間間隔で処理できるレコードの最大数。
間隔 (5m) ごとのレコード数 サポートされている各リージョン: 15,000 はい 5 分間隔で処理できるレコードの最大数。
スロットリングレート サポートされている各リージョン: 10 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できるリクエストの最大数。
スロットルレート (ActivateAnomalyDetector) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる ActivateAnomalyDetector リクエストの最大数。
スロットルレート (BackTestAnomalyDetector) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる BackTestAnomalyDetector リクエストの最大数。
スロットルレート (CreateAlert) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる CreateAlert リクエストの最大数。
スロットルレート (CreateAnomalyDetector) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる CreateAnomalyDetector リクエストの最大数。
スロットルレート (CreateMetricSet) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる CreateMetricSet リクエストの最大数。
スロットルレート (DeactivateAnomalyDetector) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる DeactivateAnomalyDetector リクエストの最大数。
スロットルレート (DeleteAlert) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる DeleteAlert リクエストの最大数。
スロットルレート (DeleteAnomalyDetector) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる DeleteAnomalyDetector リクエストの最大数。
スロットルレート (DescribeAlert) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる DescribeAlert リクエストの最大数。
スロットルレート (DescribeAnomalyDetectionExecutions) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる DescribeAnomalyDetectionExecutions リクエストの最大数。
スロットルレート (DescribeAnomalyDetector) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる DescribeAnomalyDetector リクエストの最大数。
スロットルレート (DescribeMetricSet) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる DescribeMetricSet リクエストの最大数。
スロットルレート (DetectMetricSetConfig) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる DetectMetricSetConfig リクエストの最大数。
スロットルレート (GetAnomalyGroup) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる GetAnomalyGroup リクエストの最大数。
スロットルレート (GetDataQualityMetrics) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる GetDataQualityMetrics リクエストの最大数。
スロットルレート (GetFeedback) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる GetFeedback リクエストの最大数。
スロットルレート (GetSampleData) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる GetSampleData リクエストの最大数。
スロットルレート (ListAlerts) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる ListAlerts リクエストの最大数。
スロットルレート (ListAnomalyDetectors) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる ListAnomalyDetectors リクエストの最大数。
スロットルレート (ListAnomalyGroupRelatedMetrics) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる ListAnomalyGroupRelatedMetrics リクエストの最大数。
スロットルレート (ListAnomalyGroupSummaries) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる ListAnomalyGroupSummaries リクエストの最大数。
スロットルレート (ListAnomalyGroupTimeSeries) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる ListAnomalyGroupTimeSeries リクエストの最大数。
スロットルレート (ListMetricSets) サポートされている各リージョン: 2 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる ListMetricSets リクエストの最大数。
スロットルレート (ListTagsForResource) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる ListTagsForResource リクエストの最大数。
スロットルレート (PutFeedback) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる PutFeedback リクエストの最大数。
スロットルレート (TagResource) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる TagResource リクエストの最大数。
スロットルレート (UntagResource) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる UntagResource リクエストの最大数。
スロットルレート (UpdateAnomalyDetector) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる UpdateAnomalyDetector リクエストの最大数。
スロットルレート (UpdateMetricSet) サポートされている各リージョン: 1 はい このアカウントの現在の AWS リージョンで 1 秒あたりに実行できる UpdateMetricSet リクエストの最大数。
間隔 (10m) ごとの時系列 サポートされている各リージョン: 10,000 いいえ 10 分間隔で処理できる時系列の最大数。
間隔 (1d) ごとの時系列 サポートされている各リージョン: 50,000 いいえ 1 日間隔で処理できる時系列の最大数。
間隔 (1h) ごとの時系列 サポートされている各リージョン: 50,000 いいえ 1 時間間隔で処理できる時系列の最大数。
間隔 (5m) ごとの時系列 サポートされている各リージョン: 5,000 いいえ 5 分間隔で処理できる時系列の最大数。
ディメンションフィルターごとの値フィルター サポートされている各リージョン: 10 いいえ ディメンションフィルターに追加できる値フィルターの最大数。
値の長さ サポートされている各リージョン: 40 バイト はい レコード内の値の最大長。