AWS Proton エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

AWS Proton エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよびサービスクォータを以下に示します。AWS のサービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準の AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS のサービスは選択されたリージョンで FIPS エンドポイントを提供します。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2 proton.us-east-2.amazonaws.com HTTPS
米国東部 (バージニア北部) us-east-1 proton.us-east-1.amazonaws.com HTTPS
米国西部 (オレゴン) us-west-2 proton.us-west-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 proton.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 proton.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS

サービスクォータ

名前 デフォルト 調整可能 説明
アカウントあたりのコンポーネント サポートされている各リージョン: 100 はい アカウントあたりのコンポーネントの最大数
環境アカウントごとの環境アカウント接続の数 サポートされている各リージョン: 5 はい 環境アカウントあたりの環境アカウント接続の最大数
アカウントごとの環境の種類 サポートされている各リージョン: 100 はい アカウントあたりの環境の最大数
サービスごとのサービスインスタンス数 サポートされている各リージョン: 20 はい サービスあたりのサービスインスタンスの最大数
アカウントごとのサービスの種類 サポートされている各リージョン: 1,000 はい アカウントあたりのサービスの最大数
テンプレートごとのテンプレートバージョンの数 サポートされている各リージョン: 500 はい テンプレートあたりの登録テンプレートバージョンの最大数
アカウントごとのテンプレートの種類 サポートされている各リージョン: 100 はい アカウント、サービス、環境テンプレートの組み合わせあたりの登録テンプレートの最大数

詳細については、「AWS Proton 管理者ガイド」の「AWS Proton のクォータ」を参照してください。