の作成AWS Glueを使用したリソースAWS CloudFormationテンプレート - AWS Glue

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の作成AWS Glueを使用したリソースAWS CloudFormationテンプレート

AWS CloudFormation は、多くの AWS リソースを作成できるサービスです。AWS Glue には、AWS Glue Data Catalog でオブジェクトを作成するための API オペレーションが用意されています。ただし、AWS Glue オブジェクトや他の関連する AWS リソースオブジェクトを AWS CloudFormation テンプレートファイルで定義して作成するほうが便利な場合があります。この場合、オブジェクトの作成プロセスを自動化できます。

AWS CloudFormationでは、簡略化された構文として JSON (JavaScript Object Notation) または YAML (YAML Ain't Markup Language) を使用し、AWSリソースの使用料金を見積もることができます。次を使用できます。AWS CloudFormationテンプレートを使用して、データベース、テーブル、パーティション、クローラ、分類子、接続などの Data Catalog オブジェクトを定義します。ジョブ、トリガー、開発エンドポイントなどの ETL オブジェクトを定義することもできます。必要なすべての AWS リソースを記述するテンプレートを作成すると、これらのリソースが AWS CloudFormation で自動的にプロビジョニングおよび設定されます。

詳細については、「」を参照してください。とはAWS CloudFormation?およびの使用AWS CloudFormationテンプレート()AWS CloudFormationユーザーガイド

管理者として AWS Glue と互換性がある AWS CloudFormationテンプレートを使用する場合は、依存する AWS CloudFormation および AWS のサービスとアクションにアクセス権を付与する必要があります。作成するためのアクセス許可を与えるにはAWS CloudFormationリソースを使用する場合は、次のポリシーをアタッチします。AWS CloudFormation:

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "cloudformation:*" ], "Resource": "*" } ] }

次の表は、AWS CloudFormation テンプレートで自動的に実行できるアクションの一覧です。AWS CloudFormation テンプレートに追加できる AWS リソースタイプやプロパティタイプに関する情報へのリンクが含まれています。

使用を開始するには、以下のサンプルテンプレートを独自のメタデータを使用してカスタマイズします。次に AWS CloudFormation コンソールを使用して AWS CloudFormation スタックを作成し、AWS Glue および関連サービスにオブジェクトを追加します。AWS Glue オブジェクトの多くのフィールドはオプションです。これらのテンプレートは、AWS Glue オブジェクトの使用や機能に必須または必要なフィールドを示しています。

AWS CloudFormation テンプレートは JSON 形式または YAML 形式のいずれかで使用できます。以下の例では、読みやすい YAML を使用しています。各例には、テンプレートで定義されている値を説明するコメント (#) が含まれています。

AWS CloudFormation テンプレートには Parameters セクションを含めることができます。このセクションは、サンプルテキストを編集して変更できます。または、YAML ファイルを AWS CloudFormation コンソールに送信してスタックを作成するときに変更できます。テンプレートの Resources セクションには、AWS Glue および関連オブジェクトの定義が含まれています。AWS CloudFormation テンプレートの構文定義には、詳細なプロパティ構文を含むプロパティが含まれている場合があります。AWS Glue オブジェクトを作成するために、すべてのプロパティが必要になるわけではありません。これらのサンプルは、AWS Glue オブジェクトを作成するための一般的なプロパティの値の例です。

AWS Glue データベース用のサンプル AWS CloudFormation テンプレート

あんAWS Glueデータベースには、メタデータテーブルが含まれています。このデータベースは、非常に少ないプロパティで構成され、データカタログではAWS CloudFormationテンプレートを使用します。次のサンプルテンプレートでは、使用を開始する方法と、AWS Glue での AWS CloudFormation スタックの使い方を示します。このサンプルテンプレートで作成されるリソースは cfn-mysampledatabase というデータベースのみです。このデータベースは、サンプルのテキストを編集するか、YAML の送信時に AWS CloudFormation コンソールで値を変更することで、変更できます。

次に示すのは、AWS Glue データベースを作成するための一般的なプロパティの値の例です。AWS CloudFormation 用の AWS Glue データベーステンプレートの詳細については、「AWS::Glue::Database」を参照してください。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CloudFormation template in YAML to demonstrate creating a database named mysampledatabase # The metadata created in the Data Catalog points to the flights public S3 bucket # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: CFNDatabaseName: Type: String Default: cfn-mysampledatabse # Resources section defines metadata for the Data Catalog Resources: # Create an AWS Glue database CFNDatabaseFlights: Type: AWS::Glue::Database Properties: # The database is created in the Data Catalog for your account CatalogId: !Ref AWS::AccountId DatabaseInput: # The name of the database is defined in the Parameters section above Name: !Ref CFNDatabaseName Description: Database to hold tables for flights data LocationUri: s3://crawler-public-us-east-1/flight/2016/csv/ #Parameters: Leave AWS database parameters blank

AWS Glue データベース、テーブル、およびパーティション用のサンプル AWS CloudFormation テンプレート

AWS Glue テーブルには、ETL スクリプトで処理するデータの構造と場所を定義するメタデータが含まれています。テーブル内に、データを並列処理するためのパーティションを定義できます。パーティションは、キーを使用して定義したデータのチャンクです。たとえば、キーとして月を使用すると、1 月のすべてのデータが同じパーティションに含まれます。AWS Glue では、データベースにテーブルを含め、テーブルにパーティションを含めることができます。

次のサンプルでは、AWS CloudFormation テンプレートを使用して、データベース、テーブル、およびパーティションを事前設定する方法を示します。元のデータ形式は csv であり、カンマ (,) で区切られています。テーブルを作成するには事前にデータベースが必要であり、パーティションを作成するには事前にテーブルが必要であるため、テンプレートでは DependsOn ステートメントを使用して、これらのオブジェクトの作成時に相互の依存関係を定義します。

このサンプルの値では、一般に利用可能な Amazon S3 バケットのフライトデータを含むテーブルを定義します。わかりやすくするために、データのいくつかの列と 1 つのパーティションキーのみが定義されています。データカタログでは 4 つのパーティションも定義されています。基本データのストレージを記述するいくつかのフィールドも StorageDescriptor フィールドに示されています。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CloudFormation template in YAML to demonstrate creating a database, a table, and partitions # The metadata created in the Data Catalog points to the flights public S3 bucket # # Parameters substituted in the Resources section # These parameters are names of the resources created in the Data Catalog Parameters: CFNDatabaseName: Type: String Default: cfn-database-flights-1 CFNTableName1: Type: String Default: cfn-manual-table-flights-1 # Resources to create metadata in the Data Catalog Resources: ### # Create an AWS Glue database CFNDatabaseFlights: Type: AWS::Glue::Database Properties: CatalogId: !Ref AWS::AccountId DatabaseInput: Name: !Ref CFNDatabaseName Description: Database to hold tables for flights data ### # Create an AWS Glue table CFNTableFlights: # Creating the table waits for the database to be created DependsOn: CFNDatabaseFlights Type: AWS::Glue::Table Properties: CatalogId: !Ref AWS::AccountId DatabaseName: !Ref CFNDatabaseName TableInput: Name: !Ref CFNTableName1 Description: Define the first few columns of the flights table TableType: EXTERNAL_TABLE Parameters: { "classification": "csv" } # ViewExpandedText: String PartitionKeys: # Data is partitioned by month - Name: mon Type: bigint StorageDescriptor: OutputFormat: org.apache.hadoop.hive.ql.io.HiveIgnoreKeyTextOutputFormat Columns: - Name: year Type: bigint - Name: quarter Type: bigint - Name: month Type: bigint - Name: day_of_month Type: bigint InputFormat: org.apache.hadoop.mapred.TextInputFormat Location: s3://crawler-public-us-east-1/flight/2016/csv/ SerdeInfo: Parameters: field.delim: "," SerializationLibrary: org.apache.hadoop.hive.serde2.lazy.LazySimpleSerDe # Partition 1 # Create an AWS Glue partition CFNPartitionMon1: DependsOn: CFNTableFlights Type: AWS::Glue::Partition Properties: CatalogId: !Ref AWS::AccountId DatabaseName: !Ref CFNDatabaseName TableName: !Ref CFNTableName1 PartitionInput: Values: - 1 StorageDescriptor: OutputFormat: org.apache.hadoop.hive.ql.io.HiveIgnoreKeyTextOutputFormat Columns: - Name: mon Type: bigint InputFormat: org.apache.hadoop.mapred.TextInputFormat Location: s3://crawler-public-us-east-1/flight/2016/csv/mon=1/ SerdeInfo: Parameters: field.delim: "," SerializationLibrary: org.apache.hadoop.hive.serde2.lazy.LazySimpleSerDe # Partition 2 # Create an AWS Glue partition CFNPartitionMon2: DependsOn: CFNTableFlights Type: AWS::Glue::Partition Properties: CatalogId: !Ref AWS::AccountId DatabaseName: !Ref CFNDatabaseName TableName: !Ref CFNTableName1 PartitionInput: Values: - 2 StorageDescriptor: OutputFormat: org.apache.hadoop.hive.ql.io.HiveIgnoreKeyTextOutputFormat Columns: - Name: mon Type: bigint InputFormat: org.apache.hadoop.mapred.TextInputFormat Location: s3://crawler-public-us-east-1/flight/2016/csv/mon=2/ SerdeInfo: Parameters: field.delim: "," SerializationLibrary: org.apache.hadoop.hive.serde2.lazy.LazySimpleSerDe # Partition 3 # Create an AWS Glue partition CFNPartitionMon3: DependsOn: CFNTableFlights Type: AWS::Glue::Partition Properties: CatalogId: !Ref AWS::AccountId DatabaseName: !Ref CFNDatabaseName TableName: !Ref CFNTableName1 PartitionInput: Values: - 3 StorageDescriptor: OutputFormat: org.apache.hadoop.hive.ql.io.HiveIgnoreKeyTextOutputFormat Columns: - Name: mon Type: bigint InputFormat: org.apache.hadoop.mapred.TextInputFormat Location: s3://crawler-public-us-east-1/flight/2016/csv/mon=3/ SerdeInfo: Parameters: field.delim: "," SerializationLibrary: org.apache.hadoop.hive.serde2.lazy.LazySimpleSerDe # Partition 4 # Create an AWS Glue partition CFNPartitionMon4: DependsOn: CFNTableFlights Type: AWS::Glue::Partition Properties: CatalogId: !Ref AWS::AccountId DatabaseName: !Ref CFNDatabaseName TableName: !Ref CFNTableName1 PartitionInput: Values: - 4 StorageDescriptor: OutputFormat: org.apache.hadoop.hive.ql.io.HiveIgnoreKeyTextOutputFormat Columns: - Name: mon Type: bigint InputFormat: org.apache.hadoop.mapred.TextInputFormat Location: s3://crawler-public-us-east-1/flight/2016/csv/mon=4/ SerdeInfo: Parameters: field.delim: "," SerializationLibrary: org.apache.hadoop.hive.serde2.lazy.LazySimpleSerDe

AWS Glue Grok 分類子用のサンプル AWS CloudFormation テンプレート

AWS Glue 分類子はデータのスキーマを決定します。1 つのタイプのカスタム分類子では、grok パターンを使用してデータをマッチングします。パターンがマッチすると、カスタム分類子ではテーブルのスキーマを作成し、分類子の定義に設定された値に classification を設定します。

このサンプルで作成する分類子では、message という列が 1 つあるスキーマを作成し、分類を greedy に設定します。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CFN YAML to demonstrate creating a classifier # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: # The name of the classifier to be created CFNClassifierName: Type: String Default: cfn-classifier-grok-one-column-1 # # # Resources section defines metadata for the Data Catalog Resources: # Create classifier that uses grok pattern to put all data in one column and classifies it as "greedy". CFNClassifierFlights: Type: AWS::Glue::Classifier Properties: GrokClassifier: #Grok classifier that puts all data in one column Name: !Ref CFNClassifierName Classification: greedy GrokPattern: "%{GREEDYDATA:message}" #CustomPatterns: none

AWS Glue JSON 分類子用のサンプル AWS CloudFormation テンプレート

AWS Glue 分類子はデータのスキーマを決定します。1 つのタイプのカスタム分類子ではJsonPath分類のための分類子の JSON データを定義する文字列。AWS Glueは、演算子のサブセットをサポートします。JsonPathで説明されている。JsonPath カスタム分類子の書き込み

パターンが一致すると、カスタム識別子を使用してテーブルのスキーマが作成されます。

このサンプルでは、オブジェクトの Records3 配列で各スキーマを使用してスキーマを作成する識別子を作成します。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CFN YAML to demonstrate creating a JSON classifier # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: # The name of the classifier to be created CFNClassifierName: Type: String Default: cfn-classifier-json-one-column-1 # # # Resources section defines metadata for the Data Catalog Resources: # Create classifier that uses a JSON pattern. CFNClassifierFlights: Type: AWS::Glue::Classifier Properties: JSONClassifier: #JSON classifier Name: !Ref CFNClassifierName JsonPath: $.Records3[*]

AWS Glue XML 分類子用のサンプル AWS CloudFormation テンプレート

AWS Glue 分類子はデータのスキーマを決定します。1 つのタイプのカスタム分類子は、XML タグを指定して、解析中の XML ドキュメントの各レコードを含む要素を指定します。パターンがマッチすると、カスタム分類子ではテーブルのスキーマを作成し、分類子の定義に設定された値に classification を設定します。

このサンプルで作成する分類子では、Record タグの各レコードでスキーマを作成し、分類を XML に設定します。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CFN YAML to demonstrate creating an XML classifier # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: # The name of the classifier to be created CFNClassifierName: Type: String Default: cfn-classifier-xml-one-column-1 # # # Resources section defines metadata for the Data Catalog Resources: # Create classifier that uses the XML pattern and classifies it as "XML". CFNClassifierFlights: Type: AWS::Glue::Classifier Properties: XMLClassifier: #XML classifier Name: !Ref CFNClassifierName Classification: XML RowTag: <Records>

サンプルAWS CloudFormationのテンプレートAWS GlueAmazon S3 のクローラ

あんAWS Glueクローラでは、データに対応するメタデータテーブルをデータカタログに作成します。次に、これらのテーブル定義を ETL ジョブのソースおよびターゲットとして使用できます。

このサンプルでは、クローラ、必要な IAM ロール、およびAWS Glueデータベースの「Template」 このクローラを実行すると、クローラは IAM ロールを引き受け、パブリックフライトデータ用のテーブルをデータベースに作成します。テーブルは、プレフィックス cfn_sample_1_ を使用して作成されます。このテンプレートで作成された IAM ロールでは、カスタムロールを作成するために必要なグローバルアクセス権が許可されます。この分類子で定義されるカスタム分類子はありません。AWS Glue の組み込み分類子がデフォルトで使用されます。

このサンプルをAWS CloudFormationコンソールでは、IAM ロールを作成することを確認する必要があります。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CFN YAML to demonstrate creating a crawler # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: # The name of the crawler to be created CFNCrawlerName: Type: String Default: cfn-crawler-flights-1 CFNDatabaseName: Type: String Default: cfn-database-flights-1 CFNTablePrefixName: Type: String Default: cfn_sample_1_ # # # Resources section defines metadata for the Data Catalog Resources: #Create IAM Role assumed by the crawler. For demonstration, this role is given all permissions. CFNRoleFlights: Type: AWS::IAM::Role Properties: AssumeRolePolicyDocument: Version: "2012-10-17" Statement: - Effect: "Allow" Principal: Service: - "glue.amazonaws.com" Action: - "sts:AssumeRole" Path: "/" Policies: - PolicyName: "root" PolicyDocument: Version: "2012-10-17" Statement: - Effect: "Allow" Action: "*" Resource: "*" # Create a database to contain tables created by the crawler CFNDatabaseFlights: Type: AWS::Glue::Database Properties: CatalogId: !Ref AWS::AccountId DatabaseInput: Name: !Ref CFNDatabaseName Description: "AWS Glue container to hold metadata tables for the flights crawler" #Create a crawler to crawl the flights data on a public S3 bucket CFNCrawlerFlights: Type: AWS::Glue::Crawler Properties: Name: !Ref CFNCrawlerName Role: !GetAtt CFNRoleFlights.Arn #Classifiers: none, use the default classifier Description: AWS Glue crawler to crawl flights data #Schedule: none, use default run-on-demand DatabaseName: !Ref CFNDatabaseName Targets: S3Targets: # Public S3 bucket with the flights data - Path: "s3://crawler-public-us-east-1/flight/2016/csv" TablePrefix: !Ref CFNTablePrefixName SchemaChangePolicy: UpdateBehavior: "UPDATE_IN_DATABASE" DeleteBehavior: "LOG" Configuration: "{\"Version\":1.0,\"CrawlerOutput\":{\"Partitions\":{\"AddOrUpdateBehavior\":\"InheritFromTable\"},\"Tables\":{\"AddOrUpdateBehavior\":\"MergeNewColumns\"}}}"

AWS Glue 接続用のサンプル AWS CloudFormation テンプレート

あんAWS Glue接続には、JDBC データベースに接続するために必要な JDBC およびネットワーク情報が含まれています。この情報は、JDBC データベースに接続して ETL ジョブをクロールまたは実行するときに使用されます。

このサンプルでは、Amazon RDS MySQL データベース () への接続を作成します。devdb。この接続を使用する場合は、IAM ロール、データベース認証情報、およびネットワーク接続の値も指定する必要があります。テンプレートの必須フィールドの詳細を参照してください。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CFN YAML to demonstrate creating a connection # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: # The name of the connection to be created CFNConnectionName: Type: String Default: cfn-connection-mysql-flights-1 CFNJDBCString: Type: String Default: "jdbc:mysql://xxx-mysql.yyyyyyyyyyyyyy.us-east-1.rds.amazonaws.com:3306/devdb" CFNJDBCUser: Type: String Default: "master" CFNJDBCPassword: Type: String Default: "12345678" NoEcho: true # # # Resources section defines metadata for the Data Catalog Resources: CFNConnectionMySQL: Type: AWS::Glue::Connection Properties: CatalogId: !Ref AWS::AccountId ConnectionInput: Description: "Connect to MySQL database." ConnectionType: "JDBC" #MatchCriteria: none PhysicalConnectionRequirements: AvailabilityZone: "us-east-1d" SecurityGroupIdList: - "sg-7d52b812" SubnetId: "subnet-84f326ee" ConnectionProperties: { "JDBC_CONNECTION_URL": !Ref CFNJDBCString, "USERNAME": !Ref CFNJDBCUser, "PASSWORD": !Ref CFNJDBCPassword } Name: !Ref CFNConnectionName

JDBC の AWS Glue クローラ用のサンプル AWS CloudFormation テンプレート

あんAWS Glueクローラでは、データに対応するメタデータテーブルをデータカタログに作成します。次に、これらのテーブル定義を ETL ジョブのソースおよびターゲットとして使用できます。

このサンプルでは、クローラ、必要な IAM ロール、およびAWS Glueデータベースの「Template」 このクローラを実行すると、クローラは IAM ロールを引き受け、MySQL データベースに保存されているパブリックフライトデータ用のテーブルをデータベースに作成します。テーブルは、プレフィックス cfn_jdbc_1_ を使用して作成されます。このテンプレートで作成された IAM ロールでは、カスタムロールを作成するために必要なグローバルアクセス権が許可されます。JDBC データに対してはカスタム分類子を定義できません。AWS Glue の組み込み分類子がデフォルトで使用されます。

このサンプルをAWS CloudFormationコンソールでは、IAM ロールを作成することを確認する必要があります。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CFN YAML to demonstrate creating a crawler # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: # The name of the crawler to be created CFNCrawlerName: Type: String Default: cfn-crawler-jdbc-flights-1 # The name of the database to be created to contain tables CFNDatabaseName: Type: String Default: cfn-database-jdbc-flights-1 # The prefix for all tables crawled and created CFNTablePrefixName: Type: String Default: cfn_jdbc_1_ # The name of the existing connection to the MySQL database CFNConnectionName: Type: String Default: cfn-connection-mysql-flights-1 # The name of the JDBC path (database/schema/table) with wildcard (%) to crawl CFNJDBCPath: Type: String Default: saldev/% # # # Resources section defines metadata for the Data Catalog Resources: #Create IAM Role assumed by the crawler. For demonstration, this role is given all permissions. CFNRoleFlights: Type: AWS::IAM::Role Properties: AssumeRolePolicyDocument: Version: "2012-10-17" Statement: - Effect: "Allow" Principal: Service: - "glue.amazonaws.com" Action: - "sts:AssumeRole" Path: "/" Policies: - PolicyName: "root" PolicyDocument: Version: "2012-10-17" Statement: - Effect: "Allow" Action: "*" Resource: "*" # Create a database to contain tables created by the crawler CFNDatabaseFlights: Type: AWS::Glue::Database Properties: CatalogId: !Ref AWS::AccountId DatabaseInput: Name: !Ref CFNDatabaseName Description: "AWS Glue container to hold metadata tables for the flights crawler" #Create a crawler to crawl the flights data in MySQL database CFNCrawlerFlights: Type: AWS::Glue::Crawler Properties: Name: !Ref CFNCrawlerName Role: !GetAtt CFNRoleFlights.Arn #Classifiers: none, use the default classifier Description: AWS Glue crawler to crawl flights data #Schedule: none, use default run-on-demand DatabaseName: !Ref CFNDatabaseName Targets: JdbcTargets: # JDBC MySQL database with the flights data - ConnectionName: !Ref CFNConnectionName Path: !Ref CFNJDBCPath #Exclusions: none TablePrefix: !Ref CFNTablePrefixName SchemaChangePolicy: UpdateBehavior: "UPDATE_IN_DATABASE" DeleteBehavior: "LOG" Configuration: "{\"Version\":1.0,\"CrawlerOutput\":{\"Partitions\":{\"AddOrUpdateBehavior\":\"InheritFromTable\"},\"Tables\":{\"AddOrUpdateBehavior\":\"MergeNewColumns\"}}}"

サンプルAWS CloudFormationのテンプレートAWS GlueAmazon S3 のJob

あんAWS Glueジョブには、データカタログ内のスクリプトを実行するために必要なパラメータ値が含まれています。AWS Glue。

このサンプルで作成するジョブでは、Amazon S3 バケットのフライトデータをに読み取り、csv形式を作成し、Amazon S3 の Parquet ファイルに書き込みます。このジョブで実行するスクリプトは既存している必要があります。環境に応じた ETL スクリプトを AWS Glue コンソールで生成できます。このジョブ実行時に、適切なアクセス許可が設定された IAM ロールも指定する必要があります。

テンプレートには、一般的なパラメータ値が示されています。たとえば、AllocatedCapacity (DPU) はデフォルトで 5 になります。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CFN YAML to demonstrate creating a job using the public flights S3 table in a public bucket # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: # The name of the job to be created CFNJobName: Type: String Default: cfn-job-S3-to-S3-2 # The name of the IAM role that the job assumes. It must have access to data, script, temporary directory CFNIAMRoleName: Type: String Default: AWSGlueServiceRoleGA # The S3 path where the script for this job is located CFNScriptLocation: Type: String Default: s3://aws-glue-scripts-123456789012-us-east-1/myid/sal-job-test2 # # # Resources section defines metadata for the Data Catalog Resources: # Create job to run script which accesses flightscsv table and write to S3 file as parquet. # The script already exists and is called by this job CFNJobFlights: Type: AWS::Glue::Job Properties: Role: !Ref CFNIAMRoleName #DefaultArguments: JSON object # If script written in Scala, then set DefaultArguments={'--job-language'; 'scala', '--class': 'your scala class'} #Connections: No connection needed for S3 to S3 job # ConnectionsList #MaxRetries: Double Description: Job created with CloudFormation #LogUri: String Command: Name: glueetl ScriptLocation: !Ref CFNScriptLocation # for access to directories use proper IAM role with permission to buckets and folders that begin with "aws-glue-" # script uses temp directory from job definition if required (temp directory not used S3 to S3) # script defines target for output as s3://aws-glue-target/sal AllocatedCapacity: 5 ExecutionProperty: MaxConcurrentRuns: 1 Name: !Ref CFNJobName

サンプルAWS CloudFormationのテンプレートAWS GlueAmazon S3 へのJDBC のJob

あんAWS Glueジョブには、データカタログ内のスクリプトを実行するために必要なパラメータ値が含まれています。AWS Glue。

このサンプルで作成するジョブでは、MySQL JDBC データベースからフライトデータを読み取り、cfn-connection-mysql-flights-1Amazon S3 の Parquet ファイルに書き込みます。 このジョブで実行するスクリプトは既存している必要があります。環境に応じた ETL スクリプトを AWS Glue コンソールで生成できます。このジョブ実行時に、適切なアクセス許可が設定された IAM ロールも指定する必要があります。

テンプレートには、一般的なパラメータ値が示されています。たとえば、AllocatedCapacity (DPU) はデフォルトで 5 になります。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CFN YAML to demonstrate creating a job using a MySQL JDBC DB with the flights data to an S3 file # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: # The name of the job to be created CFNJobName: Type: String Default: cfn-job-JDBC-to-S3-1 # The name of the IAM role that the job assumes. It must have access to data, script, temporary directory CFNIAMRoleName: Type: String Default: AWSGlueServiceRoleGA # The S3 path where the script for this job is located CFNScriptLocation: Type: String Default: s3://aws-glue-scripts-123456789012-us-east-1/myid/sal-job-dec4a # The name of the connection used for JDBC data source CFNConnectionName: Type: String Default: cfn-connection-mysql-flights-1 # # # Resources section defines metadata for the Data Catalog Resources: # Create job to run script which accesses JDBC flights table via a connection and write to S3 file as parquet. # The script already exists and is called by this job CFNJobFlights: Type: AWS::Glue::Job Properties: Role: !Ref CFNIAMRoleName #DefaultArguments: JSON object # For example, if required by script, set temporary directory as DefaultArguments={'--TempDir'; 's3://aws-glue-temporary-xyc/sal'} Connections: Connections: - !Ref CFNConnectionName #MaxRetries: Double Description: Job created with CloudFormation using existing script #LogUri: String Command: Name: glueetl ScriptLocation: !Ref CFNScriptLocation # for access to directories use proper IAM role with permission to buckets and folders that begin with "aws-glue-" # if required, script defines temp directory as argument TempDir and used in script like redshift_tmp_dir = args["TempDir"] # script defines target for output as s3://aws-glue-target/sal AllocatedCapacity: 5 ExecutionProperty: MaxConcurrentRuns: 1 Name: !Ref CFNJobName

AWS Glue オンデマンドトリガー用のサンプル AWS CloudFormation テンプレート

あんAWS Glueトリガーには、トリガーに応じてジョブ実行を開始するために必要なパラメータ値が含まれています。オンデマンドトリガーは、このトリガーを有効にしたときに発生します。

このサンプルで作成するオンデマンドトリガーでは、cfn-job-S3-to-S3-1 という 1 つのジョブを開始します。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CFN YAML to demonstrate creating an on-demand trigger # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: # The existing job to be started by this trigger CFNJobName: Type: String Default: cfn-job-S3-to-S3-1 # The name of the trigger to be created CFNTriggerName: Type: String Default: cfn-trigger-ondemand-flights-1 # # Resources section defines metadata for the Data Catalog # Sample CFN YAML to demonstrate creating an on-demand trigger for a job Resources: # Create trigger to run an existing job (CFNJobName) on an on-demand schedule. CFNTriggerSample: Type: AWS::Glue::Trigger Properties: Name: Ref: CFNTriggerName Description: Trigger created with CloudFormation Type: ON_DEMAND Actions: - JobName: !Ref CFNJobName # Arguments: JSON object #Schedule: #Predicate:

AWS Glue のスケジュールされたトリガー用のサンプル AWS CloudFormation テンプレート

あんAWS Glueトリガーには、トリガーに応じてジョブ実行を開始するために必要なパラメータ値が含まれています。スケジュールされたトリガーは、このトリガーを有効にして cron タイマーがポップすると、発生します。

このサンプルで作成するスケジュールされたトリガーでは、cfn-job-S3-to-S3-1 という 1 つのジョブを開始します。このタイマーは、平日の 10 分ごとにジョブを実行する cron 式です。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CFN YAML to demonstrate creating a scheduled trigger # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: # The existing job to be started by this trigger CFNJobName: Type: String Default: cfn-job-S3-to-S3-1 # The name of the trigger to be created CFNTriggerName: Type: String Default: cfn-trigger-scheduled-flights-1 # # Resources section defines metadata for the Data Catalog # Sample CFN YAML to demonstrate creating a scheduled trigger for a job # Resources: # Create trigger to run an existing job (CFNJobName) on a cron schedule. TriggerSample1CFN: Type: AWS::Glue::Trigger Properties: Name: Ref: CFNTriggerName Description: Trigger created with CloudFormation Type: SCHEDULED Actions: - JobName: !Ref CFNJobName # Arguments: JSON object # # Run the trigger every 10 minutes on Monday to Friday Schedule: cron(0/10 * ? * MON-FRI *) #Predicate:

AWS Glue の条件付きトリガー用のサンプル AWS CloudFormation テンプレート

あんAWS Glueトリガーには、トリガーに応じてジョブ実行を開始するために必要なパラメータ値が含まれています。条件付きトリガーは、このトリガーを有効にして、その条件が満たされる (例: ジョブが正常に完了する) と、発生します。

このサンプルで作成する条件付きトリガーでは、cfn-job-S3-to-S3-1 という 1 つのジョブを開始します。このジョブは、cfn-job-S3-to-S3-2 というジョブが正常に完了すると、開始されます。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CFN YAML to demonstrate creating a conditional trigger for a job, which starts when another job completes # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: # The existing job to be started by this trigger CFNJobName: Type: String Default: cfn-job-S3-to-S3-1 # The existing job that when it finishes causes trigger to fire CFNJobName2: Type: String Default: cfn-job-S3-to-S3-2 # The name of the trigger to be created CFNTriggerName: Type: String Default: cfn-trigger-conditional-1 # Resources: # Create trigger to run an existing job (CFNJobName) when another job completes (CFNJobName2). CFNTriggerSample: Type: AWS::Glue::Trigger Properties: Name: Ref: CFNTriggerName Description: Trigger created with CloudFormation Type: CONDITIONAL Actions: - JobName: !Ref CFNJobName # Arguments: JSON object #Schedule: none Predicate: #Value for Logical is required if more than 1 job listed in Conditions Logical: AND Conditions: - LogicalOperator: EQUALS JobName: !Ref CFNJobName2 State: SUCCEEDED

AWS Glue の開発エンドポイント用のサンプル AWS CloudFormation テンプレート

AWS Glue の開発エンドポイントは、AWS Glue スクリプトの開発およびテストに使用できる環境です。

このサンプルで作成する開発エンドポイントでは、正常な作成に最低限必要なネットワークパラメータ値を使用します。開発エンドポイントの設定に必要なパラメータの詳細については、「開発エンドポイント用の環境の設定」を参照してください。

開発エンドポイントを作成するには、既存の IAM ロール ARN (Amazon リソースネーム) を指定します。開発エンドポイントでノートブックサーバーを作成する場合は、有効な RSA パブリックキーを指定し、対応するプライベートキーを使用可能な状態に保持します。

注記

作成した開発エンドポイントに関連付けられているすべてのノートブックサーバーを管理します。したがって、開発エンドポイントを削除した場合、ノートブックサーバーを削除するには AWS CloudFormation コンソールで AWS CloudFormation スタックを削除する必要があります。

--- AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' # Sample CFN YAML to demonstrate creating a development endpoint # # Parameters section contains names that are substituted in the Resources section # These parameters are the names the resources created in the Data Catalog Parameters: # The name of the crawler to be created CFNEndpointName: Type: String Default: cfn-devendpoint-1 CFNIAMRoleArn: Type: String Default: arn:aws:iam::123456789012/role/AWSGlueServiceRoleGA # # # Resources section defines metadata for the Data Catalog Resources: CFNDevEndpoint: Type: AWS::Glue::DevEndpoint Properties: EndpointName: !Ref CFNEndpointName #ExtraJarsS3Path: String #ExtraPythonLibsS3Path: String NumberOfNodes: 5 PublicKey: ssh-rsa public.....key myuserid-key RoleArn: !Ref CFNIAMRoleArn SecurityGroupIds: - sg-64986c0b SubnetId: subnet-c67cccac