ワークスペースを設定する - Amazon Managed Grafana

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ワークスペースを設定する

Amazon Managed Grafana の設定は、Amazon Managed Grafana の認証とアクセス許可の設定、および Grafana ワークスペースの設定に分割できます。このセクションでは、Grafana ワークスペースの設定について説明します。

Amazon Managed Grafana の認証とアクセス許可の設定の詳細については、以下のトピックを参照してください。

Amazon Managed Grafana 内の Grafana ワークスペースの設定は、ワークスペースのプロパティを表示するときに Workspace 設定オプションタブで変更できます。

Grafana インスタンスの設定を変更すると、インスタンスが再起動して新しい設定が再ロードされる可能性があります。設定を変更した後、ユーザーは Grafana ワークスペースを表示するブラウザページを更新する必要がある場合があります。

注記

ワークスペースを初めて作成するときにも、同じオプションを使用できます。

Amazon Managed Grafana コンソールを使用して Grafana ワークスペースの設定を変更するには
  1. https://console.aws.amazon.com/grafana/ で Amazon Managed Grafana コンソールを開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、メニューアイコンを選択します。

  3. [すべての WorkSpaces] を選択します。

  4. 設定するワークスペースの名前を選択します。これにより、そのワークスペースの詳細が開きます。

  5. Workspace 設定オプションタブを選択すると、インスタンスのインスタンス設定オプションが表示されます。

  6. Grafana アラートまたはプラグイン管理の横にある編集を選択します。

    • Grafana アラート

      Grafana ワークスペースで Prometheus アラートを表示するには、チェックボックスをオンにする Grafana アラートを選択します。これにより、Grafana アラートに対して複数の通知が送信されます。Grafana で定義されたアラートを使用する場合は、Grafana アラートをオンにすることはお勧めしません。

      Prometheus アラートを表示せずに、代わりに Grafana マネージドアラートを使用する場合は、 で Grafana アラートをオンにするの横にあるチェックボックスをオフにします。 これにより、クラシックダッシュボードアラートが有効になります。Grafana アラートをオンにしない場合でも、既存の Grafana アラートが評価されます。

    • プラグイン管理

      プラグイン管理を有効にするには、「プラグイン管理をオンにする」チェックボックスをオンにします。プラグイン管理をオンにすると、Amazon Managed Grafana ワークスペースの管理者は、Grafana プラグインカタログを使用してプラグインをインストール、更新、または削除できます。このオプションは、Grafana バージョン 9 以降をサポートするワークスペースでのみ使用できます。

注記

Grafana アラートをオフにすると、Grafana アラートがオンになっている間にアラート設定に加えられたすべての変更が失われます。これには、作成した新しいアラートルールが含まれます。

Grafana アラートの使用、およびアラートをオンまたはオフにする効果の詳細については、「」を参照してくださいGrafana アラート

次のセクションでは、Amazon Managed Grafana API または を使用して Grafana インスタンス設定を変更する方法を示しますAWS CLI。

API または を使用した設定 AWS CLI

Grafana ワークスペースの設定は、Amazon Managed Grafana API または を使用して設定できますAWS CLI。

注記

configuration は、後で追加される将来の設定を可能にする JSON 文字列です。

AWS CLI
を使用して Amazon Managed Grafana インスタンスの設定を更新するには AWS CLI

次のコマンドを実行して、インスタンスの Grafana アラートおよびプラグイン管理機能を有効にします。<region><workspace-id> の文字列を、インスタンスに適した値に置き換えます。

aws grafana update-workspace-configuration \ --region region \ --workspace-id <workspace-id> \ --configuration '{"plugins": {"pluginAdminEnabled": true}, "unifiedAlerting": {"enabled": true}}'

この設定では、現在以下のオプションがサポートされています。これにより、Grafana アラートまたはプラグインの管理がオンまたはオフになります。

  • Grafana アラートを有効にするには、この設定オプションを使用します。

    --configuration '{"unifiedAlerting": { "enabled": true }}'
  • プラグイン管理を有効にするには、この設定オプションを使用します。

    --configuration '{"plugins": {"pluginAdminEnabled": true }}'

    このオプションは、Grafana バージョン 9 以降をサポートするワークスペースでのみ使用できます。

Amazon Managed Grafana API
API を使用して Amazon Managed Grafana インスタンスの設定を更新するには

次のアクションを使用して、インスタンスの Grafana アラートおよびプラグイン管理機能を有効にします。<workspace-id> 文字列をインスタンスに適した値に置き換えます。

PUT /workspaces/<workspace-id>/configuration HTTP/1.1 Content-type: application/json { "configuration": "{ \"unifiedAlerting\": { \"enabled\": true }, \"plugins\": { \"pluginAdminEnabled\": true }}" }

この設定では、現在以下のオプションがサポートされています。これにより、Grafana アラートまたはプラグインの管理がオンまたはオフになります。

  • Grafana アラートを有効にするには、この設定オプションを使用します。

    "configuration": "{\"unifiedAlerting\": { \"enabled\": true }}"
  • プラグイン管理を有効にするには、このオプションを使用します。

    "plugins": "{\"pluginAdminEnabled\": true }"

    このオプションは、Grafana バージョン 9 以降をサポートするワークスペースでのみ使用できます。