Amazon Managed Grafana とは - Amazon Managed Grafana

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Managed Grafana とは

Amazon Managed Grafana は、フルマネージド型で安全なデータ可視化サービスであり、複数のソースからの運用メトリクス、ログ、トレースを即座に照会、関連付け、視覚化できます。Amazon Managed Grafana を使用すると、Grafana のデプロイ、運用、スケーリングが容易になります。Grafana は、拡張可能なデータサポートによく使用される、広くデプロイされているデータ可視化ツールです。

Amazon Managed Grafana では、ワークスペース と呼ばれる論理的に隔離された Grafana サーバーを作成します。その後、Grafana サーバーを実行するハードウェアを構築、パッケージ化、デプロイしなくても、Grafana ダッシュボードとビジュアライゼーションを作成してメトリクス、ログ、トレースを分析できます。

Amazon Managed Grafana は、論理的な Grafana サーバーのプロビジョニング、セットアップ、スケーリング、メンテナンスを管理するため、これらのタスクを自分で行う必要はありません。Amazon Managed Grafana には、シングルサインオン、データアクセスコントロール、監査レポートなど、企業のガバナンス要件に準拠するためのセキュリティ機能が組み込まれています。

Amazon Managed Grafana は、Amazon CloudWatch、Amazon OpenSearch Service、、AWS X-RayAWS IoT SiteWise、Amazon Timestream、Amazon Managed Service for Prometheus などの運用データを収集するAWSデータソースと統合されています。Amazon Managed Grafana には、サポートされているAWSサービスをデータソースとして追加するためのアクセス許可のプロビジョニング機能が含まれています。Amazon Managed Grafana は、多くの一般的なオープンソース、サードパーティー、その他のクラウドデータソースもサポートしています。

ユーザー認証と承認のために、Amazon Managed Grafana は SAML 2.0 をサポートする ID プロバイダー (IdPs) と統合でき、 とも統合できますAWS IAM Identity Center。

Amazon Managed Grafana は、ワークスペース内のアクティブユーザーごとに料金が設定されます。料金の詳細については、「Amazon Managed Grafana の料金」を参照してください。

サポートされるリージョン

Amazon Managed Grafana は現在、次のリージョンをサポートしています。

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2 grafana.us-east-2.amazonaws.com HTTPS
米国東部 (バージニア北部) us-east-1 grafana.us-east-1.amazonaws.com HTTPS
米国西部 (オレゴン) us-west-2 grafana.us-west-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 grafana.ap-northeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 grafana.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 grafana.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 grafana.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 grafana.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 grafana.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ロンドン) eu-west-2 grafana.eu-west-2.amazonaws.com HTTPS