AWS IoT Greengrass ストリームマネージャーの設定 - AWS IoT Greengrass

AWS IoT Greengrass Version 1 は機能更新を受信しなくなり、2023 年 6 月 30 日までセキュリティパッチとバグ修正のみ受信します。詳細については、「AWS IoT Greengrass V1 メンテナンスポリシー」を参照してください。重要な新機能新たなプラットフォームのサポートが追加された AWS IoT Greengrass Version 2 への移行を強くお勧めします。

AWS IoT Greengrass ストリームマネージャーの設定

AWS IoT Greengrass Core では、ストリームマネージャーは IoT デバイスから送信されたデータを保存、処理、エクスポートできます。ストリームマネージャーは、グループレベルのランタイム設定を設定するために使用するパラメータを提供します。これらの設定は、Greengrass コアのすべてのストリームに適用されます。AWS IoT コンソールまたは AWS IoT Greengrass API を使用して、ストリームマネージャー設定を構成できます。変更は、グループがデプロイされた後に有効になります。

注記

ストリームマネージャーを設定したら、作成した IoT アプリケーションをデプロイし、Greengrass Core で実行してストリームマネージャーとやり取りすることができます。通常このような IoT アプリケーションは、ユーザー定義の Lambda 関数です。詳細については、「ストリームを操作するために StreamManagerClient を使用する」を参照してください。

ストリームマネージャーのパラメータ

ストリームマネージャーは、グループレベルの設定を定義するための次のパラメータを提供します。すべてのパラメータは省略可能です。

ストレージディレクトリ

パラメータ名: STREAM_MANAGER_STORE_ROOT_DIR

ストリームを保存するために使用されるローカルディレクトリの絶対パス。この値は、スラッシュ (/data など) で開始する必要があります。

ストリームデータのセキュリティ保護については、「ローカルデータセキュリティ」を参照してください。

AWS IoT Greengrass Core の最小バージョン: 1.10.0

Server port

パラメータ名: STREAM_MANAGER_SERVER_PORT

ストリームマネージャーとの通信に使用されるローカルポート番号。デフォルト: 8088

AWS IoT Greengrass Core の最小バージョン: 1.10.0

クライアントを認証する

パラメータ名: STREAM_MANAGER_AUTHENTICATE_CLIENT

ストリームマネージャーと対話するためにクライアントを認証する必要があるかどうかを示します。クライアントとストリームマネージャー間のすべてのやり取りは、AWS IoT Greengrass Core SDK によって制御されます。このパラメータは、ストリームを操作するために AWS IoT Greengrass Core SDK を呼び出すことができるクライアントを決定します。詳細については、「クライアント承認」を参照してください。

有効な値は true または false です。デフォルトは true (推奨) です。

  • true。Greengrass Lambda 関数のみをクライアントとして許可します。Lambda 関数クライアントは内部 AWS IoT Greengrass コアプロトコルを使用して AWS IoT Greengrass Core SDK と認証を行います。

  • false。AWS IoT Greengrass Core で実行されるすべてのプロセスをクライアントとして許可します。ビジネスケースで要求されない限り、false に設定しないでください。例えば、Core デバイスの非 Lambda プロセスがストリームマネージャと直接通信する必要がある (コアで動作する Docker コンテナのような) 場合にのみ、この値を false に設定します。

AWS IoT Greengrass Core の最小バージョン: 1.10.0

最大帯域幅

パラメータ名: STREAM_MANAGER_EXPORTER_MAX_BANDWIDTH

データのエクスポートに使用できる平均最大帯域幅 (キロビット/秒)。デフォルトでは、使用可能な帯域幅を無制限に使用することができます。

AWS IoT Greengrass Core の最小バージョン: 1.10.0

スレッドプールサイズ

パラメータ名: STREAM_MANAGER_EXPORTER_THREAD_POOL_SIZE

データのエクスポートに使用できるアクティブなスレッドの最大数。デフォルト: 5

最適なサイズは、ハードウェア、ストリームボリューム、予定されているエクスポートストリームの数によって異なります。エクスポート速度が遅い場合は、この設定を調整して、ハードウェアとビジネスケースに最適なサイズを見つけることができます。コアデバイスハードウェアの CPU とメモリは、制限要因です。開始するには、この値をデバイスのプロセッサコアの数と同じ値に設定してみてください。

ハードウェアがサポートできるサイズよりも大きいサイズを設定しないように注意してください。各ストリームはハードウェアリソースを消費するため、制約のあるデバイス上のエクスポートストリームの数を制限する必要があります。

AWS IoT Greengrass Core の最小バージョン: 1.10.0

JVM の引数

パラメータ名: JVM_ARGS

起動時にストリームマネージャーに渡すカスタム Java 仮想マシン引数。複数の引数はスペースで区切る必要があります。

このパラメータは、JVM で使用されるデフォルト設定を上書きする必要がある場合にのみ使用します。例えば、大量のストリームをエクスポートする場合は、デフォルトのヒープサイズを大きくする必要があります。

AWS IoT Greengrass Core の最小バージョン: 1.10.0

[Read-only input file directories] (読み取り専用入力ファイルディレクトリ)

パラメータ名: STREAM_MANAGER_READ_ONLY_DIRS

入力ファイルを格納するルートファイルシステム外のディレクトリを指す絶対パスを、カンマで区切ったリスト。ストリームマネージャーは、読み込んだファイルを Amazon S3 にアップロードし、ディレクトリを読み取り専用でマウントします。Amazon S3 へのエクスポートの詳細については、「Amazon S3 オブジェクト」を参照してください。

このパラメータは、次の条件に当てはまる場合にのみ使用してください。

  • ストリームを介して Amazon S3 にエクスポートする入力ファイルディレクトリが、次のいずれかの場所にある。

    • ルートファイルシステム以外のパーティション。

    • ルートファイルシステム配下の /tmp

  • Greengrass グループのデフォルトのコンテナ化[Greengrass container] (Greengrass コンテナ) である。

値の例: /mnt/directory-1,/mnt/directory-2,/tmp

AWS IoT Greengrass Core の最小バージョン: 1.11.0

[Minimum size for multipart upload] (マルチパートアップロードの最小サイズ)

パラメータ名: STREAM_MANAGER_EXPORTER_S3_DESTINATION_MULTIPART_UPLOAD_MIN_PART_SIZE_BYTES

Amazon S3 へのマルチパートアップロードにおけるパートの最小サイズ (バイト単位)。ストリームマネージャーはこの設定と入力ファイルのサイズを基に、マルチパート PUT リクエストのデータをバッチ処理する方法を決定します。デフォルト値および最小値は 5242880 バイト (5 MB) です。

注記

ストリームマネージャーはストリームの sizeThresholdForMultipartUploadBytes プロパティを基に、Amazon S3 へのエクスポートをシングルアップロードで行うか、マルチパートアップロードで行うかを決定します。ユーザー定義の Lambda 関数は、Amazon S3 にエクスポートするストリームを作成する際にこのしきい値を設定します。デフォルトのしきい値は 5 MB です。

AWS IoT Greengrass Core の最小バージョン: 1.11.0

ストリームマネージャーの設定 (コンソール)

AWS IoT コンソールは以下の管理タスクに使用できます。

変更は、Greengrass グループがデプロイされた後に有効になります。ストリームマネージャーとの通信に使用する Lambda 関数が格納された Greengrass グループを、チュートリアル形式でデプロイする方法については、「AWS クラウド へのデータストリームエクスポート (コンソール)」を参照してください。

注記

コンソールを使用してストリームマネージャーを有効にし、グループをデプロイすると、ストリームマネージャーのメモリサイズはデフォルトで 4194304 KB (4 GB) に設定されます。メモリのサイズは 128000 KB 以上に設定することをお勧めします。

 

ストリームマネージャーが有効になっているかどうかを確認するには (コンソール)

  1. AWS IoT コンソールのナビゲーションペインの [Manage](管理)で、[Greengrass devices](Greengrass デバイス)を展開して、[Group (V1)](グループ (V1))を選択します。

  2. ターゲットグループを選択します。

  3. [Lambda functions] (Lambda 関数) タブを選択します。

  4. [System Lambda functions] (システム Lambda 関数) で、[Stream manager] (ストリームマネージャー)、[Edit] (編集) の順に選択します。

  5. 有効または無効のステータスを確認します。設定されているカスタムストリームマネージャー設定も表示されます。

 

グループの作成中にストリームマネージャーを有効または無効にするには (コンソール)

  1. AWS IoT コンソールのナビゲーションペインの [Manage](管理)で、[Greengrass devices](Greengrass デバイス)を展開して、[Group (V1)](グループ (V1))を選択します。

  2. Create Group を選択します。次のページで選択すると、グループのストリームマネージャーの設定方法が決まります。

  3. [Name your Group] (グループに名前を付ける) から [Greengrass core] (Greengrass コア) ページを選択します。

  4. [Create group] (グループの作成) を選択します。

  5. グループ設定ページで、[Lambda functions] (Lambda 関数) タブを選択し、[Stream manager] (ストリームマネージャー)、[Edit] (編集) の順に選択します。

    • デフォルト設定でストリームマネージャーを有効にするには、[Use defaults] (デフォルトを使用) を選択します。

       

    • カスタム設定でストリームマネージャーを有効にするには、[Customize settings (設定をカスタマイズ)] を選択します。

      1. [Configure stream manager] (ストリームマネージャーの設定) ページで、[Enable with custom settings] (カスタム設定で有効にする) を選択します。

      2. [Custom settings (カスタム設定)] で、ストリームマネージャーパラメータの値を入力します。詳細については、「ストリームマネージャーのパラメータ」を参照してください。AWS IoT Greengrass でデフォルト値を使用できるようにするには、フィールドを空のままにします。

         

    • ストリームマネージャーを無効にするには、[Disable] (無効化) を選択します。

      1. [Configure stream manager (ストリームマネージャーの設定)] ページで、[Disable (無効にする)] を選択します。

         

  6. [Save] を選択します。

  7. 残りのページに進み、グループを作成します。

  8. [Client devices] (クライアントデバイス) ページで、セキュリティリソースをダウンロードし、情報を確認して、[Finish] (完了) を選択します。

    注記

    ストリームマネージャーが有効になっている場合、グループをデプロイする前に、コアデバイスに Java 8 ランタイムをインストールする必要があります。

 

既存のグループのストリームマネージャーを有効または無効にするには (コンソール)

  1. AWS IoT コンソールのナビゲーションペインの [Manage](管理)で、[Greengrass devices](Greengrass デバイス)を展開して、[Group (V1)](グループ (V1))を選択します。

  2. ターゲットグループを選択します。

  3. [Lambda functions] (Lambda 関数) タブを選択します。

  4. [System Lambda functions] (システム Lambda 関数) で、[Stream manager] (ストリームマネージャー)、[Edit] (編集) の順に選択します。

  5. 有効または無効のステータスを確認します。設定されているカスタムストリームマネージャー設定も表示されます。

 

ストリームマネージャーの設定を変更するには (コンソール)

  1. AWS IoT コンソールのナビゲーションペインの [Manage](管理)で、[Greengrass devices](Greengrass デバイス)を展開して、[Group (V1)](グループ (V1))を選択します。

  2. ターゲットグループを選択します。

  3. [Lambda functions] (Lambda 関数) タブを選択します。

  4. [System Lambda functions] (システム Lambda 関数) で、[Stream manager] (ストリームマネージャー)、[Edit] (編集) の順に選択します。

  5. 有効または無効のステータスを確認します。設定されているカスタムストリームマネージャー設定も表示されます。

  6. [Save] を選択します。

ストリームマネージャーの設定 (CLI)

AWS CLI では、GGStreamManager システム Lambda 関数を使用してストリームマネージャーを設定します。システム Lambda 関数は AWS IoT Greengrass Core ソフトウェアのコンポーネントです。ストリームマネージャーおよびその他のシステム Lambda 関数の一部では、Greengrass の各種機能に対応する Greengrass グループの Function オブジェクトや FunctionDefinitionVersion オブジェクトを管理することで、Greengrass の機能を設定できます。詳細については、「AWS IoT Greengrass グループオブジェクトモデルの概要」を参照してください。

API は以下の管理タスクに使用できます。このセクションの例では AWS CLI の使用方法を説明しますが、他にも AWS IoT Greengrass API を直接呼び出す方法や、AWS SDK を使用する方法を示しています。

変更は、グループがデプロイされた後に有効になります。ストリームマネージャーとのやり取りに使用する Lambda 関数が格納された Greengrass グループを、チュートリアル形式でデプロイする方法については、「AWS クラウド へのデータストリームエクスポート (CLI)」を参照してください。

ヒント

ストリームマネージャーが有効で実行されているかどうかを Core デバイスから確認するには、そのデバイスのターミナルで次のコマンドを実行します。

ps aux | grep -i 'streammanager'

 

ストリームマネージャーが有効になっているかどうかを確認するには (CLI)

デプロイされた関数定義バージョンにシステム GGStreamManager Lambda 関数が含まれている場合、ストリームマネージャーが有効になります。確認するには、次の手順を実行します。

  1. ターゲットの Greengrass グループとグループのバージョンの ID を取得します。この手順では、これが最新のグループおよびグループのバージョンであると仮定します。次のクエリは、最後に作成されたグループを返します。

    aws greengrass list-groups --query "reverse(sort_by(Groups, &CreationTimestamp))[0]"

    または、名前でクエリを実行することもできます。グループ名は一意である必要はないため、複数のグループが返されることがあります。

    aws greengrass list-groups --query "Groups[?Name=='MyGroup']"
    注記

    これらの値は AWS IoT コンソールにもあります。グループ ID は、グループの [Settings (設定)] ページに表示されます。グループバージョン ID は、グループの [Deployments] (デプロイ) タブに表示されます。

  2. 出力のターゲットグループから Id 値と LatestVersion 値をコピーします。

  3. 最新のグループバージョンを取得します。

    • コピーした group-idId を置換えます。

    • コピーした latest-group-version-idLatestVersion を置換えます。

    aws greengrass get-group-version \ --group-id group-id \ --group-version-id latest-group-version-id
  4. 出力の FunctionDefinitionVersionArn で、関数定義の ID と関数定義のバージョンを取得します。

    • 関数定義 ID は、Amazon リソースネーム (ARN) の functions セグメントに続く GUID です。

    • 関数定義のバージョン ID は、ARN の versions セグメントに続く GUID です。

    arn:aws:greengrass:us-west-2:123456789012:/greengrass/definition/functions/function-definition-id/versions/function-definition-version-id
  5. 関数定義バージョンの ID。

    • function-definition-id を関数定義 ID に置き換えます。

    • function-definition-version-id ID を関数定義バージョン ID に置き換えます。

    aws greengrass get-function-definition-version \ --function-definition-id function-definition-id \ --function-definition-version-id function-definition-version-id

出力内の functions 配列に GGStreamManager 関数が含まれている場合、ストリームマネージャーが有効になります。関数に定義された環境変数は、ストリームマネージャーのカスタム設定を表します。

ストリームマネージャー (CLI) を有効化、無効化、設定するには

AWS CLI では、GGStreamManager システム Lambda 関数を使用してストリームマネージャーを設定します。変更は、グループをデプロイした後に有効になります。

  • ストリームマネージャーを有効にするには、関数定義バージョンの functions 配列に GGStreamManager を含めます。カスタム設定を設定するには、対応するストリームマネージャーのパラメータの環境変数を定義します。

  • ストリームマネージャーを無効にするには、関数定義バージョンの functions 配列から GGStreamManager を削除します。

デフォルト設定のストリームマネージャー

次の設定例では、デフォルト設定でストリームマネージャーを有効にします。任意の関数 ID を streamManager に設定します。

{ "FunctionArn": "arn:aws:lambda:::function:GGStreamManager:1", "FunctionConfiguration": { "MemorySize": 4194304, "Pinned": true, "Timeout": 3 }, "Id": "streamManager" }
注記

FunctionConfiguration プロパティについては、次の点に留意してください。

  • MemorySize はデフォルト設定では 4194304 KB (4 GB) に設定されています。この値は、いつでも変更できます。MemorySize は 128000 KB 以上に設定することをお勧めします。

  • Pinnedtrue に設定する必要があります。

  • Timeout は関数定義バージョンで必要ですが、GGStreamManager は使用しません。

カスタム設定のストリームマネージャー

以下の設定例では、ストレージディレクトリ、サーバーポート、スレッドプールサイズの各種パラメータにカスタム値を使用した上で、ストリームマネージャーを有効にします。

{ "FunctionArn": "arn:aws:lambda:::function:GGStreamManager:1", "FunctionConfiguration": { "Environment": { "Variables": { "STREAM_MANAGER_STORE_ROOT_DIR": "/data", "STREAM_MANAGER_SERVER_PORT": "1234", "STREAM_MANAGER_EXPORTER_THREAD_POOL_SIZE": "4" } }, "MemorySize": 4194304, "Pinned": true, "Timeout": 3 }, "Id": "streamManager" }

AWS IoT Greengrass ではストリームマネージャーのパラメータにデフォルト値が使用されます。このパラメータは環境変数では指定されていません。

ストリームマネージャーに Amazon S3 のエクスポート用カスタム設定を適用する

以下の設定例では、アップロードディレクトリやマルチポートアップロードの最小サイズにカスタム値を使用した上で、ストリームマネージャーを有効にします。

{ "FunctionArn": "arn:aws:lambda:::function:GGStreamManager:1", "FunctionConfiguration": { "Environment": { "Variables": { "STREAM_MANAGER_READ_ONLY_DIRS": "/mnt/directory-1,/mnt/directory-2,/tmp", "STREAM_MANAGER_EXPORTER_S3_DESTINATION_MULTIPART_UPLOAD_MIN_PART_SIZE_BYTES": "10485760" } }, "MemorySize": 4194304, "Pinned": true, "Timeout": 3 }, "Id": "streamManager" }

 

ストリームマネージャー (CLI) を有効化、無効化、設定するには

  1. ターゲットの Greengrass グループとグループのバージョンの ID を取得します。この手順では、これが最新のグループおよびグループのバージョンであると仮定します。次のクエリは、最後に作成されたグループを返します。

    aws greengrass list-groups --query "reverse(sort_by(Groups, &CreationTimestamp))[0]"

    または、名前でクエリを実行することもできます。グループ名は一意である必要はないため、複数のグループが返されることがあります。

    aws greengrass list-groups --query "Groups[?Name=='MyGroup']"
    注記

    これらの値は AWS IoT コンソールにもあります。グループ ID は、グループの [Settings (設定)] ページに表示されます。グループバージョン ID は、グループの [Deployments] (デプロイ) タブに表示されます。

  2. 出力のターゲットグループから Id 値と LatestVersion 値をコピーします。

  3. 最新のグループバージョンを取得します。

    • コピーした group-idId を置換えます。

    • コピーした latest-group-version-idLatestVersion を置換えます。

    aws greengrass get-group-version \ --group-id group-id \ --group-version-id latest-group-version-id
  4. CoreDefinitionVersionArn と、その他の出力されたすべてのバージョン ARN をコピーします。ただし、FunctionDefinitionVersionArn は対象外です。上記の値は、後ほどグループバージョンを作成する時に使用します。

  5. 出力の FunctionDefinitionVersionArn で、関数定義の ID をコピーします。ID は、次の例に示すように、ARN の functions セグメントに続く GUID です。

    arn:aws:greengrass:us-west-2:123456789012:/greengrass/definition/functions/bcfc6b49-beb0-4396-b703-6dEXAMPLEcu5/versions/0f7337b4-922b-45c5-856f-1aEXAMPLEsf6
    注記

    または、create-function-definition コマンドを実行して関数定義を作成し、出力から ID をコピーすることもできます。

  6. 関数定義に関数定義バージョンを追加します。

    • 関数定義用にコピーした function-definition-idId を置き換えます。

    • functions 配列には、Greengrass Core で使用できるようにする他のすべての関数を含めます。get-function-definition-version コマンドを使用して、既存の関数のリストを取得できます。

     

    デフォルト設定でストリームマネージャーを有効にする

    次の例では、functions 配列に GGStreamManager 関数を含めることで、ストリームマネージャーを有効にします。この例では、ストリームマネージャーのパラメータにデフォルト値を使用します。

    aws greengrass create-function-definition-version \ --function-definition-id function-definition-id \ --functions '[ { "FunctionArn": "arn:aws:lambda:::function:GGStreamManager:1", "FunctionConfiguration": { "MemorySize": 4194304, "Pinned": true, "Timeout": 3 }, "Id": "streamManager" }, { "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:MyLambdaFunction:MyAlias", "FunctionConfiguration": { "Executable": "myLambdaFunction.function_handler", "MemorySize": 16000, "Pinned": true, "Timeout": 5 }, "Id": "myLambdaFunction" }, ... more user-defined functions ] }'
    注記

    例の myLambdaFunction 関数は、ユーザー定義 Lambda 関数の 1 つを表します。

    カスタム設定でストリームマネージャーを有効にする

    次の例では、functions 配列に GGStreamManager 関数を含めることで、ストリームマネージャーを有効にします。デフォルト値を変更しない限り、すべてのストリームマネージャー設定はオプションです。この例では、環境変数を使用してカスタム値を設定する方法を示します。

    aws greengrass create-function-definition-version \ --function-definition-id function-definition-id \ --functions '[ { "FunctionArn": "arn:aws:lambda:::function:GGStreamManager:1", "FunctionConfiguration": { "Environment": { "Variables": { "STREAM_MANAGER_STORE_ROOT_DIR": "/data", "STREAM_MANAGER_SERVER_PORT": "1234", "STREAM_MANAGER_EXPORTER_THREAD_POOL_SIZE": "4" } }, "MemorySize": 4194304, "Pinned": true, "Timeout": 3 }, "Id": "streamManager" }, { "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:MyLambdaFunction:MyAlias", "FunctionConfiguration": { "Executable": "myLambdaFunction.function_handler", "MemorySize": 16000, "Pinned": true, "Timeout": 5 }, "Id": "myLambdaFunction" }, ... more user-defined functions ] }'
    注記

    FunctionConfiguration プロパティについては、次の点に留意してください。

    • MemorySize はデフォルト設定では 4194304 KB (4 GB) に設定されています。この値は、いつでも変更できます。MemorySize は 128000 KB 以上に設定することをお勧めします。

    • Pinnedtrue に設定する必要があります。

    • Timeout は関数定義バージョンで必要ですが、GGStreamManager は使用しません。

    ストリームマネージャーを無効にする

    次の例では、ストリームマネージャーを無効にする GGStreamManager 関数を省略しています。

    aws greengrass create-function-definition-version \ --function-definition-id function-definition-id \ --functions '[ { "FunctionArn": "arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:MyLambdaFunction:MyAlias", "FunctionConfiguration": { "Executable": "myLambdaFunction.function_handler", "MemorySize": 16000, "Pinned": true, "Timeout": 5 }, "Id": "myLambdaFunction" }, ... more user-defined functions ] }'
    注記

    Lambda 関数をデプロイしない場合は、関数定義バージョンを完全に省略できます。

  7. 出力から 関数定義バージョンの Arn をコピーします。

  8. システムの Lambda 関数が含まれているグループバージョンを作成します。

    • group-id をこのグループの Id で置き換えます。

    • 最新のグループバージョンからコピーした core-definition-version-arnCoreDefinitionVersionArn を置換えます。

    • 新しい関数定義バージョンにコピーした function-definition-version-arnArn を置換えます。

    • 最新のグループバージョンからコピーした他のグループコンポーネントの ARN (SubscriptionDefinitionVersionArnDeviceDefinitionVersionArn など) を置き換えます。

    • 使用されていないパラメータをすべて削除します。例えば、グループバージョンにリソースがない場合には、--resource-definition-version-arn を削除します。

    aws greengrass create-group-version \ --group-id group-id \ --core-definition-version-arn core-definition-version-arn \ --function-definition-version-arn function-definition-version-arn \ --device-definition-version-arn device-definition-version-arn \ --logger-definition-version-arn logger-definition-version-arn \ --resource-definition-version-arn resource-definition-version-arn \ --subscription-definition-version-arn subscription-definition-version-arn
  9. 出力から Version をコピーします。これは新しいグループバージョンの ID です。

  10. 新しいグループバージョンでグループをデプロイします。

    • group-id を、グループのコピー済み Id に置き換えます。

    • 新しいグループバージョンにコピーした group-version-idVersion を置換えます。

    aws greengrass create-deployment \ --group-id group-id \ --group-version-id group-version-id \ --deployment-type NewDeployment

 

ストリームマネージャーの設定を後でもう一度編集する場合は、この手順に沿って行ってください。これらの設定を更新するには、更新された設定の GGStreamManager 関数を含む関数定義バージョンを作成します。グループのバージョンは、コアにデプロイするすべてのコンポーネントバージョン ARN を参照する必要があります。変更は、グループがデプロイされた後に有効になります。

以下も参照してください。