IDTを使用して独自のテストスイートを開発および実行する - AWS IoT Greengrass

のドキュメントを表示していますAWS IoT Greengrass Version 1。AWS IoT Greengrass Version 2の最新のメジャーバージョンです。AWS IoT Greengrass。の使用方法の詳細については、「」を参照してください。AWS IoT Greengrass V2の詳細については、AWS IoT Greengrass Version 2開発者ガイド

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

IDTを使用して独自のテストスイートを開発および実行する

IDT v4.0.0 以降、IDT はAWS IoT Greengrassは、標準化された構成設定と結果形式と、デバイスおよびデバイスソフトウェア用のカスタムテストスイートを開発できるテストスイート環境を組み合わせています。独自の内部検証用にカスタムテストを追加したり、端末検証用に顧客に提供したりできます。

IDT を使用して、次のように、カスタムテストスイートを開発および実行します。

カスタムテストスイートを開発するには
  • テストする Greengrass デバイス用のカスタムテストロジックを使用してテストスイートを作成します。

  • IDT に、ランナーをテストするためのカスタムテストスイートを提供します。テストスイートの特定の設定設定に関する情報を含めます。

カスタムテストスイートを実行するには
  • テストするデバイスを設定します。

  • 使用するテストスイートの必要に応じて、設定構成を実装します。

  • IDT を使用して、カスタムテストスイートを実行します。

  • IDT によって実行されるテストのテスト結果と実行ログを表示します。

最新バージョンの AWS IoT Device Tester for AWS IoT Greengrass をダウンロードする

のダウンロード最新バージョンIDT for IDT for IDT and 書き込みアクセス許可を持っているファイルシステム上の場所にこのソフトウェアを抽出してください。

注記

複数のユーザーが NFS ディレクトリや Windows ネットワーク共有フォルダなどの共有場所から IDT を実行することはお勧めしません。IDT パッケージをローカルドライブに展開し、ローカルワークステーションで IDT バイナリを実行することをお勧めします。

Windows では、パスの長さは 260 文字に制限されています。Windows を使用している場合は、パスが 260 文字以内になるようにして、IDT をルートディレクトリ (C:\ または D:\ など) に展開します。

テストスイートの作成ワークフロー

テストスイートは 3 つのタイプのファイルで構成されます。

  • IDT にテストスイートの実行方法に関する情報を提供する JSON 設定ファイル。

  • IDT がテストケースの実行に使用する実行可能ファイルをテストします。

  • テストの実行に必要な追加ファイル。

カスタム IDT テストを作成するには、次の基本手順を実行します。

  1. JSON 設定ファイルを作成するをテストスイートで使用します。

  2. テストケースの実行可能ファイルの作成には、テストスイートのテストロジックが含まれています。

  3. 確認し、文書化テストランナーに必要な構成情報テストスイートを実行します。

  4. IDT がテストスイートを実行し、テスト結果が期待どおりです。

サンプルのカスタムスイートをすばやく構築して実行するには、」チュートリアル: IDT テストスイートのビルドと実行

Python でカスタムテストスイートの作成を開始するには、チュートリアル: シンプルなIDTテストスイートの開発