IDT を使用して独自のテストスイートを開発および実行する - AWS IoT Greengrass

AWS IoT Greengrass Version 1 は機能更新を受信しなくなり、2023 年 6 月 30 日までセキュリティパッチとバグ修正のみ受信します。詳細については、「AWS IoT Greengrass V1 maintenance policy」(AWS IoT Greengrass V1 メンテナンスポリシー) を参照してください。重要な新機能新たなプラットフォームのサポートが追加された AWS IoT Greengrass Version 2 への移行を強くお勧めします。

IDT を使用して独自のテストスイートを開発および実行する

IDT v4.0.0 以降、IDT for AWS IoT Greengrass では、標準化された構成設定および結果形式と、デバイスやデバイスソフトウェア用のカスタムテストスイートを開発できるテストスイート環境が統合されています。独自の内部検証用のカスタムテストを追加したり、デバイス検証のためにこれらのテストを顧客に提供したりできます。

IDT を使用してカスタムテストスイートを開発および実行するには、次の手順を実行します。

カスタムテストスイートを開発するには
  • テストする Greengrass デバイス用のカスタムテストロジックを使用して、テストスイートを作成します。

  • IDT と作成したカスタムテストスイートをテストの実行者に提供します。作成したテストスイートの設定構成に関する情報も提供します。

カスタムテストスイートを実行するには
  • テストするデバイスをセットアップします。

  • 使用するテストスイートに必要な設定構成を実装します。

  • IDT を使用して、カスタムテストスイートを実行します。

  • IDT によって実行されたテストのテスト結果と実行ログを表示します。

最新バージョンの AWS IoT Device Tester for AWS IoT Greengrass をダウンロードする

IDT の最新バージョンをダウンロードし、ファイルシステム上で読み取りおよび書き込みアクセス許可を持っている場所に抽出します。

注記

複数のユーザーが NFS ディレクトリや Windows ネットワーク共有フォルダなどの共有場所から IDT を実行することはお勧めしません。IDT パッケージをローカルドライブに展開し、ローカルワークステーションで IDT バイナリを実行することをお勧めします。

Windows では、パスの長さは 260 文字に制限されています。Windows を使用している場合は、パスが 260 文字以内になるようにして、IDT をルートディレクトリ (C:\ または D:\ など) に展開します。

テストスイート作成ワークフロー

テストスイートは 3 つのタイプのファイルで構成されます。

  • IDT にテストスイートの実行方法に関する情報を提供する JSON 設定ファイル。

  • IDT がテストケースの実行に使用するテスト実行可能ファイル。

  • テストの実行に必要な追加のファイル。

カスタム IDT テストを作成するには、次の基本的な手順を実行します。

  1. テストスイート用の JSON 設定ファイルを作成します

  2. テストスイート用のテストロジックが含まれるテストケース実行可能ファイルを作成します

  3. テストスイートを実行するためにテストの実行者に必要な構成情報を検証し、文書化します。

  4. IDT が予想通りにテストスイートを実行し、テスト結果を生成できることを確認します。

サンプルカスタムスイートを迅速に構築して実行するには、チュートリアル: サンプル IDT テストスイートを構築して実行するの手順に従ってください。

Python でカスタムテストスイートの作成を開始するには、チュートリアル: シンプルな IDT テストスイートの開発を参照してください。