Lambda 関数がコアデバイスで実行されていることを確認する - AWS IoT Greengrass

のドキュメントを表示していますAWS IoT Greengrass Version 1。AWS IoT Greengrass Version 2の最新のメジャーバージョンです。AWS IoT Greengrass。の使用方法の詳細については、「」を参照してください。AWS IoT Greengrass V2の詳細については、AWS IoT Greengrass Version 2開発者ガイド

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Lambda 関数がコアデバイスで実行されていることを確認する

  1. [] のナビゲーションペインで、[] を選択します。AWS IoTconsole] で、[Test

    
                            のスクリーンショットAWS IoTコンソールで、[テスト (Test
  2. [サブスクリプション対象] を選択し、次のフィールドを設定します。

    • [Subscription topic (サブスクリプショントピック)] で、hello/world と入力します。(を選択しないでくださいサブスクリプションまだ。)

    • [サービスの品質] で [0] を選択します。

    • [MQTT ペイロード表示] で、[ペイロードを文字列として表示 (より正確)] を選択します。

     

    
                            トピック購読情報を含む MQTT テストクライアントページのスクリーンショット
  3. [サブスクリプション] で、[]hello/worldトピック。

Lambda 関数がデバイスで実行されている場合、Lambda 関数は以下のようなメッセージをhello/worldトピック:


                    メッセージが強調表示された hello/world トピックに送られたメッセージのスクリーンショット。

Lambda 関数は MQTT メッセージをhello/worldトピックでは、AWS IoT Greengrassデーモン。残りのモジュールでは、このデーモンが実行されていることを前提にしています。

グループから関数とサブスクリプションを削除することができます。

  • からへLambda[] ページで、[] 省略記号 (...) を選択してから、[] を選択します。関数を削除

  • からへサブスクリプション[] ページで、[] 省略記号 (...) を選択してから、[] を選択します。削除

関数とサブスクリプションは、次のグループデプロイ中にコアから削除されます。