Lambda 関数がデバイスがコアデバイスで実行されていることを確認する - AWS IoT Greengrass

AWS IoT Greengrass バージョン 1 のドキュメントを参照することができます。AWS IoT Greengrass バージョン 2 は、AWS IoT Greengrass の最新のメジャーバージョンです。AWS IoT Greengrass バージョン 2 の使用の詳細については、「AWS Greengrass V2 開発者ガイドIoT」を参照してください。

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Lambda 関数がデバイスがコアデバイスで実行されていることを確認する

  1. AWS IoT コンソール のナビゲーションペインから、[Test (テスト).] を選択します。

    
                            [テスト] が強調表示された AWS IoT コンソール のスクリーンショット。
  2. [トピックへのサブスクライブ] を選択し、次のフィールドを設定します。

    • [トピックのサブスクリプション] で、「hello/world」と入力します。 ([トピックへのサブスクライブ] はまだ選択しないでください)。

    • サービスの品質] で [00.] を選択します。

    • MQTT ペイロード表示] で、[ペイロードを文字列として表示 (より正確).] を選択します。

     

    
                            [サブスクリプションテスト] ページのスクリーンショット。
  3. Subscribe to topic.] を選択します。

Lambda 関数がデバイスで実行されている場合、関数は以下のようなメッセージを hello/world トピックに発行します。


                    メッセージが強調表示された hello/world トピックに送られたメッセージのスクリーンショット。

Lambda 関数は hello/world トピックに MQTT メッセージを送信し続けますが、AWS IoT Greengrass デーモンは停止しないでください。残りのモジュールでは、このデーモンが実行されていることを前提にしています。

グループから関数とサブスクリプションを削除することができます。

  • Lambdas] ページから省略記号 ([]) を選択し、次に [Remove function (関数の削除).] を選択します。

  • サブスクリプション] ページから省略記号 ([]) を選択し、次に [削除.] を選択します。

関数とサブスクリプションは、次のグループデプロイ中にコアから削除されます。