SiteWise Edge ゲートウェイのバックアップと復元 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SiteWise Edge ゲートウェイのバックアップと復元

このトピックでは、 SiteWise エッジゲートウェイを復元し、メトリクスデータをバックアップする方法について説明します。同じマシン上の壊れた SiteWise エッジゲートウェイで問題が発生していて、問題のトラブルシューティングが必要な場合は、 SiteWise 「エッジゲートウェイの問題のトラブルシューティング AWS IoT SiteWise 」のドキュメントを参照してください。

注記

このトピックで説明するガイダンスは、 AWS IoT Greengrass V2 バージョン 2.1.0 以降でインストールされている SiteWise Edge ゲートウェイを対象としています。

メトリクスデータの日次バックアップ

データを新しいマシンに転送または復元する場合は、バックアップを作成しておくことが大切です。データをバックアップしておくことで、転送または復元中に運用データが失われるリスクを大幅に軽減できます。

influxdb フォルダーのパスは次のとおりです。

Linux

/greengrass/v2/work/aws.iot.SiteWiseEdgeProcessor/influxdb

Windows

C:\greengrass\v2\work\aws.iot.SiteWiseEdgeProcessor\influxdb

フォルダー全体とその下にあるすべてのものをバックアップすることをお勧めします。

メトリクスデータは、1.0 SiteWise Edge から外部ハードドライブまたは AWS クラウドに定期的にバックアップすることをお勧めします。

SiteWise Edge ゲートウェイを復元する

SiteWise Edge ゲートウェイを復元するには、次の手順に従います。

  1. SiteWise Edge ゲートウェイの作成時にダウンロードしたインストールスクリプトを使用して、新しいマシンで SiteWise Edge ゲートウェイを復元します。「ローカルデバイスへの SiteWise Edge ゲートウェイソフトウェアのインストール」の手順を参照して、 SiteWise エッジゲートウェイをセットアップします。

    インストールスクリプトを紛失したり、見つからない場合は、AWS カスタマーサポート にご連絡ください。

  2. SiteWise Edge ゲートウェイがインストールされたら、AWS IoT Greengrass コンソール にログインします。

  3. コンポーネントを再デプロイするには、[管理] に移動し、[AWS IoT Greengrass デバイス] で [コアデバイス] を選択します。

  4. AWS IoT Greengrass コアデバイスの表で、 SiteWise エッジゲートウェイに対応するコアデバイスを選択します。

    AWS IoT Greengrass コアデバイスのテーブルのスクリーンショット。
  5. デバイスページが開いたら、[デプロイ] タブを開いてデプロイ ID を選択します。選択した ID で [デプロイ] ページが開きます。

    AWS IoT Greengrass デプロイ ID のスクリーンショット。
  6. [デプロイ] ページが表示されたら、右上の [アクション] ボタンを押して [修正] オプションを選択し、新しいデプロイを開始します。デプロイの設定をします。デプロイをそのまま残しておきたい場合は、[レビュー] と [デプロイ」に進みます。

    AWS IoT Greengrass 再デプロイのスクリーンショット。
  7. デプロイステータスCompleted になるまで待ちます。

    注記

    また、 SiteWise エッジ上のすべてのコンポーネントが完全にセットアップされて実行されるまでに数分かかります。

AWS IoT SiteWise データを復元する

以下の手順に従って、新しいマシンにデータを復元できます。

  1. influxdb フォルダーを新しいマシンにコピーします。

  2. ターミナルで次のコマンドを実行して、 SiteWise EdgeProcessor コンポーネントを停止します。

    Linux

    sudo /greengrass/v2/bin/greengrass-cli component stop -n aws.iot.SiteWiseEdgeProcessor

    Windows

    C:\greengrass\v2\bin\greengrass-cli component stop -n aws.iot.SiteWiseEdgeProcesso

  3. データをバックアップしたパスを見つけて、以下のコマンドを実行します。

    Linux

    sudo yes | sudo cp -rf <influxdb_backup_path> /greengrass/v2/work/aws.iot.SiteWiseEdgeProcessor/influxdb

    PowerShell

    Copy-Item -Recurse -Force <influxdb_backup_path>\* C:\greengrass\v2\work\aws.iot.SiteWiseEdgeProcessor\

    Windows

    robocopy <influxdb_backup_path> C:\greengrass\v2\work\aws.iot.SiteWiseEdgeProcessor\ /E

  4. SiteWiseEdgeProcessor コンポーネントを再起動します。

    Linux

    sudo /greengrass/v2/bin/greengrass-cli component restart -n aws.iot.SiteWiseEdgeProcessor

    Windows

    C:\greengrass\v2\bin\greengrass-cli component restart -n aws.iot.SiteWiseEdgeProcessor

バックアップと復元が正常に完了したことを検証する

バックアップされたデータと SiteWise Edge ゲートウェイの復元を検証するには、以下の手順を使用します。

注記

この手順では、 AWS OpsHub に がインストールされている必要があります AWS IoT SiteWise。詳細については、AWS OpsHub 「 の を使用した SiteWise Edge ゲートウェイの管理 AWS IoT SiteWise」を参照してください。

  1. AWS OpsHub で を開きます AWS IoT SiteWise。

  2. SiteWise Edge Gateway の設定ページで、コンポーネントテーブルにリストされている各コンポーネントのステータスを確認します。ステータスの色が緑色で、表示に RUNNING と表示されていることを確認します。

    AWS OpsHub AWS IoT SiteWise コンポーネントのスクリーンショットの 。
  3. ポータルダッシュボードで過去のデータを検証し、過去のデータと新しいデータの両方が正しく設定されていることを確認します。過去のデータと新しいデータの間にはダウンタイムがあります。その場合は、データポイントが収集されていない期間が表示されます。

    AWS OpsHub AWS IoT SiteWise プロパティのスクリーンショットの 。

SiteWise Edge ゲートウェイのバックアップまたは復元で問題が発生した場合は、以下のトラブルシューティングトピックAWS IoT SiteWise 「 Edge ゲートウェイのトラブルシューティング」を参照してください。