AWS IoT SiteWise を使用してデータをローカルで処理する - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT SiteWise を使用してデータをローカルで処理する

エッジでの処理は、AWS IoT SiteWise でプレビューリリースであり、変更される可能性があります。この機能は、本番環境ではなくテストデータでのみ使用することをお勧めします。

エッジ処理機能がプレビューされている間、この機能の API オペレーションを使用するには、エッジ処理プレビューの AWS SDK および AWS CLI をダウンロードする必要があります。これらの API オペレーションは、パブリック AWS SDK または AWS CLI では使用できません。詳細については、「エッジ処理のプレビューAWS CLI および AWS SDK」を参照してください。

AWS IoT SiteWise を使用して、機器データをローカルで収集、整理、処理、監視できます。AWS IoT SiteWise を使用すると、ローカルデータでアセットモデルと SiteWise モニターを使用できます。データをローカルで処理して AWS IoT SiteWise に送信したり、AWS IoT SiteWise API オペレーションを使用してオンプレミスアプリケーションに読み込むことができます。

AWS IoT SiteWise を使用してデータをローカルで処理およびルーティングできるため、集約されたデータのみを AWS クラウドに送信できます。この機能を使用して、帯域幅の使用率とクラウドストレージコストを最適化します。

注記

AWS IoT SiteWise は、エッジデータをゲートウェイに最大 7 日間保持します。データの保持は、デバイスと使用可能なディスク容量によって異なります。