SiteWise エッジゲートウェイの要件 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SiteWise エッジゲートウェイの要件

AWS IoT SiteWise エッジゲートウェイは、オンプレミスでのデータ収集、処理、公開をサポートする AWS IoT Greengrass コンポーネントのセット AWS IoT Greengrass V2 として で実行されます。で実行される SiteWise Edge ゲートウェイを設定するには AWS IoT Greengrass V2、 でゲートウェイを作成し、 SiteWise Edge ゲートウェイソフトウェア AWS クラウド を実行してローカルデバイスをセットアップする必要があります。

要件

SiteWise Edge ゲートウェイソフトウェアをインストールして実行するには、ローカルデバイスが次の要件を満たしている必要があります。

  • AWS IoT Greengrass V2 Core ソフトウェアバージョン v2.3.0 以降をサポートします。詳細については、[AWS IoT Greengrass Version 2 Developer Guide] (デベロッパーガイド) の[Requirements] (必要条件) を参照してください。

  • 対応プラットフォームは次のいずれかです。

    • OS: Ubuntu 20.04 以降

      アーキテクチャ: x86_64 (AMD64) または ARMv8 (Aarch64)

    • OS: Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8

      アーキテクチャ: x86_64 (AMD64) または ARMv8 (Aarch64)

    • OS: Amazon Linux 2

      アーキテクチャ: x86_64 (AMD64) または ARMv8 (Aarch64)

    • OS: Debian 11

      アーキテクチャ: x86_64 (AMD64) または ARMv8 (Aarch64)

    • OS: Windows Server 2019 以降

      Architecture: x86_64 (AMD64)

    注記

    ARM プラットフォームは、Data Collection Pack を備えた SiteWise Edge ゲートウェイのみをサポートします。Data Processing Pack はサポートされていません。

  • 最小 4 GB の RAM。

  • SiteWise Edge ゲートウェイソフトウェアで使用できる最小 10 GB のディスク容量。

  • を使用してエッジでデータを処理する場合は AWS IoT SiteWise、ローカルデバイスも次の要件を満たしている必要があります。

    • x86 64 bit クアッドコアプロセッサ搭載。

    • 16 GB 以上の RAM があること。

    • Windows を使用している場合、RAM に 32 GB 以上が必要です。

    • 256 GB 以上の空きディスク容量があること。

  • 最小ディスク容量とコンピューティング容量の要件は、実装とユースケースに固有のさまざまな要因によって異なります。

    • 断続的なインターネット接続のためにデータをキャッシュするために必要なディスク容量は、次の要因によって異なります。

      • アップロードされたデータストリームの数

      • 1 秒あたりのデータストリームごとのデータポイント

      • 各データポイントのサイズ

      • 通信速度

      • 予想されるネットワークのダウンタイム

    • データのポーリングとアップロードに必要なコンピューティング性能は、次の要因によって異なります。

      • アップロードされたデータストリームの数

      • 1 秒あたりのデータストリームごとのデータポイント

  • 次の S3 バケットにアクセスするようにローカルデバイスを設定します: iot-sitewise-gateway-<region>-748875242063

  • 次のポートにアクセスできるようにローカルデバイスを設定します。

    • ローカルデバイスは、ポート 443 でネットワークインバウンドトラフィックを許可する必要があります。

    • ローカルデバイスは、ポート 443 および 8883 でアウトバウンドトラフィックを許可する必要があります。

      必要なアウトバウンドサービスエンドポイントの完全なリストについては、AWS IoT SiteWise 「エッジゲートウェイの必須サービスエンドポイント」を参照してください。

    • 次のポートは、 での使用のために予約されています AWS IoT SiteWise: 80、443、3001、4569、4572、8000、8081、8082、8084、8085、8445、8086、9000、9500、11080、および 50010。トラフィック用の予約ポートを使用すると、接続が切断されることがあります。

  • Java Runtime Environment (JRE) バージョン 11 以降。デバイスの PATH環境変数で Java が利用可能である必要があります。Java を使用してカスタムコンポーネントを開発するには、Java Development Kit (JDK) をインストールする必要があります。Amazon Corretto または OpenJDKを使用することをお勧めします。

SiteWise Edge ゲートウェイを使用するには、次のアクセス許可が必要です。

注記

AWS IoT SiteWise コンソールを使用して SiteWise Edge ゲートウェイを作成する場合、これらのアクセス許可が自動的に追加されます。

  • SiteWise Edge ゲートウェイの IAM ロールでは、 AWS IoT Greengrass V2 デバイスで SiteWise Edge ゲートウェイを使用してアセットモデルデータとアセットデータを処理できる必要があります。

    このロールを担うことで、次のサービスを利用することができます: credentials.iot.amazonaws.com

    許可の詳細

    ロールには、次のアクセス許可が必要です。

    • iotsitewise - プリンシパルがエッジでアセットモデルデータとアセットデータを取得できるようにする。

    • iot – AWS IoT Greengrass V2 デバイスが とやり取りできるようにします AWS IoT。

    • logs – AWS IoT Greengrass V2 デバイスが Amazon CloudWatch Logs にログを送信できるようにします。

    • s3 — AWS IoT Greengrass V2 デバイスが Amazon S3 からカスタムコンポーネントアーティファクトをダウンロードできるようにします。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue", "iotsitewise:List*", "iotsitewise:Describe*", "iotsitewise:Get*" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "iot:DescribeCertificate", "logs:CreateLogGroup", "logs:CreateLogStream", "logs:PutLogEvents", "logs:DescribeLogStreams", "s3:GetBucketLocation", "s3:GetObject", "iot:Connect", "iot:Publish", "iot:Subscribe", "iot:Receive", "iot:DescribeEndpoint" ], "Resource": "*" } ] }