の耐障害性 AWS IoT SiteWise - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の耐障害性 AWS IoT SiteWise

AWS グローバルインフラストラクチャは、 AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンを中心に構築されています。 AWS リージョンは、低レイテンシー、高スループット、高冗長ネットワークで接続された、物理的に分離および分離された複数のアベイラビリティーゾーンを提供します。アベイラビリティーゾーンでは、ゾーン間で中断することなく自動的にフェイルオーバーするアプリケーションとデータベースを設計および運用することができます。アベイラビリティーゾーンは、従来の単一または複数のデータセンターインフラストラクチャよりも可用性が高く、フォールトトレラントで、スケーラブルです。

AWS IoT SiteWise はフルマネージド型で、Amazon S3 や Amazon EC2 などの可用性と耐久性の高い AWS サービスを使用しています。 Amazon EC2 アベイラビリティーゾーンが中断した場合に可用性を確保するために、 は複数のアベイラビリティーゾーンにわたって AWS IoT SiteWise 動作します。

AWS リージョンとアベイラビリティーゾーンの詳細については、AWS 「 グローバルインフラストラクチャ」を参照してください。

グローバル AWS インフラストラクチャに加えて、 AWS IoT SiteWise には、データの耐障害性とバックアップのニーズをサポートするのに役立ついくつかの機能が用意されています。