外部アラームの状態を取り込む。 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

外部アラームの状態を取り込む。

外部アラームは外部で評価するアラームです。 AWS IoT SiteWiseアラームの状態を報告するデータソースがあり、それを AWS IoT SiteWiseに取り込みたい場合に外部アラームを使用することができます。

アラーム状態プロパティは、アラーム状態データ値に特定のフォーマットを要求します。各データ値は、文字列にシリアライズされた JSON オブジェクトである必要があります。そして、シリアライズされた文字列を文字列の値として取り込みます。詳細については、「アラーム状態のプロパティ」を参照してください。

例 アラーム状態データ値例 (シリアル化されていない)
{ "stateName": "Active" }
例 アラーム状態データ値の例 (シリアル化)
{\"stateName\":\"Active\"}
注記

データソースがこのフォーマットでデータをレポートできない場合、またはデータを取り込む前にこのフォーマットに変換できない場合、アラームプロパティを使用しないことを選択することができます。その代わり、例えば文字列データ型を持つ計測プロパティとしてデータを取り込むことができます。詳細については、「機器からのデータストリームの定義 (測定値) 」および「へのデータの取り込み AWS IoT SiteWise」を参照してください。