ジョブの進行状況の追跡とエラー処理 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ジョブの進行状況の追跡とエラー処理

一括処理ジョブは処理に時間がかかります。 AWS IoT SiteWise 各ジョブはリクエストを受け取った順に処理されます。 one-at-a-time アカウントごとに処理されます。ジョブが完了すると、キュー内の次のジョブが自動的に処理を開始します。 AWS IoT SiteWise ジョブを非同期的に解決し、進行に合わせてそれぞれのステータスを更新します。各ジョブには、リソースの状態とエラーメッセージ (該当する場合) を含むステータスフィールドがあります。

ステータスは以下のいずれかの値になります。

  • VALIDATING— 送信されたファイル形式とその内容を含むジョブの検証。

  • PENDING— ジョブはキューに入っている。 AWS IoT SiteWise この状態のジョブはコンソールからキャンセルできますが、他のすべての状態は最後まで継続します。

  • RUNNING— ジョブの処理。インポートファイルの定義に従ってリソースを作成および更新するか、選択したエクスポートジョブフィルターに基づいてリソースをエクスポートします。キャンセルした場合、このジョブによってインポートされたリソースは削除されません。詳細については、「ジョブの進行状況と詳細を確認 (コンソール)」を参照してください。

  • CANCELLING— ジョブはアクティブにキャンセルされています。

  • ERROR— 1 つ以上のリソースを処理できませんでした。詳細については、詳細なジョブレポートを確認してください。詳細については、「エラーの詳細を検査する (コンソール)」を参照してください。

  • COMPLETED— Job はエラーなしで完了しました。

  • CANCELLED— ジョブはキャンセルされ、キューに入れられません。RUNNINGジョブをキャンセルした場合、 AWS IoT SiteWiseキャンセル時にそのジョブによってすでにインポートされていたリソースはから削除されません。