ジョブの進行状況の追跡 - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ジョブの進行状況の追跡

ジョブの進行状況と詳細を確認する (コンソール)

一括ジョブを開始するメタデータのエクスポート (コンソール)には、 メタデータのインポート (コンソール)または を参照してください。

AWS IoT SiteWise コンソールでのジョブの進行状況の概要:
  1. AWS IoT SiteWise コンソールに移動します。

  2. ナビゲーションペインから一括オペレーション新規を選択します。

  3. AWS IoT SiteWise コンソールのジョブの進行状況テーブルに、一括オペレーションジョブのリストが表示されます。

  4. ジョブタイプ列は、エクスポートジョブかインポートジョブかを示します。インポートされた日付列には、ジョブが開始された日付が表示されます。

  5. ステータス列には、ジョブのステータスが表示されます。ジョブを選択すると、そのジョブの詳細を表示できます。

  6. 選択したジョブは成功すると成功、ジョブが失敗した場合は失敗のリストを表示します。エラーの説明は、各リソースタイプにも表示されます。

AWS IoT SiteWise コンソールでのジョブの詳細の概要:

AWS IoT SiteWise コンソールのジョブの進行状況テーブルに、一括オペレーションジョブのリストが表示されます。

  1. ジョブを選択すると、詳細が表示されます。

  2. インポートジョブの場合、 はインポートファイルの Amazon S3 の場所Data source ARNを表します。

  3. エクスポートジョブの場合、 はエクスポート後のファイルの Amazon S3 の場所Data destination ARNを表します。

  4. Status および ではStatus reason、現在のジョブに関する追加の詳細を提供します。詳細については、「ジョブの進行状況の追跡とエラー処理」を参照してください。

  5. は、プロセスキュー内のジョブの位置Queued positionを表します。ジョブは一度に 1 つずつ処理されます。キューに入れられた位置が 1 の場合、ジョブが次に処理されることを示します。

  6. ジョブの詳細ページには、ジョブの進行状況の数も表示されます。

    1. ジョブの進行状況カウントタイプは次のとおりです。

      1. Total resources – 転送プロセス内のアセットの合計数を示します。

      2. Succeeded – プロセス中に正常に転送されたアセットの数を示します。

      3. Failed – プロセス中に失敗したアセットの数を示します。

      4. Skipped – プロセス中にスキップされたアセットの数を示します。

  7. ジョブのステータスが PENDINGまたは の場合VALIDATING、すべてのジョブの進行状況が としてカウントされます。これは、ジョブの進行状況カウントが評価されていることを示します。

  8. のジョブステータスには、Total resourcesカウント、処理のために送信されたジョブRUNNINGが表示されます。詳細なカウント (SucceededFailed、および Skipped) は、処理されたリソースに適用されます。詳細なカウントの合計は、ジョブのステータスが COMPLETEDまたは になるまでTotal resourcesカウントよりも小さくなりますERROR

  9. ジョブのステータスが COMPLETEDまたは の場合ERRORTotal resourcesカウントは詳細カウント (Succeeded、、および ) の合計に等しくなりますFailedSkipped

  10. ジョブのステータスが の場合ERRORジョブ失敗テーブルで特定のエラーと失敗の詳細を確認します。詳細については、「エラーの詳細を確認する (コンソール)」を参照してください。

ジョブの進行状況と詳細を確認する (AWS CLI)

一括オペレーションを開始した後、次の API アクションを使用してステータスを確認または更新できます。

  • 特定のジョブに関する情報を取得するには、 GetMetadataTransferJob API アクションを使用します。

    GetMetadataTransferJob API を使用して情報を取得します。
    1. 転送ジョブを作成して実行します。GetMetadataTransferJob API を呼び出します。

      例 AWS CLI コマンド:
      aws iottwinmaker get-metadata-transfer-job \ --metadata-transfer-job-id your_metadata_transfer_job_id \ --region your_region
    2. GetMetadataTransferJob API は、次のパラメータを持つMetadataTransferJobProgressオブジェクトを返します。

      • succeededCount – プロセスで正常に転送されたアセットの数を示します。

      • failedCount – プロセス中に失敗したアセットの数を示します。

      • skippedCount – プロセス中にスキップされたアセットの数を示します。

      • totalCount – 転送プロセス内のアセットの合計数を示します。

      これらのパラメータは、ジョブの進行状況を示します。ステータスが の場合RUNNING、まだ処理されていないリソースの数を追跡するのに役立ちます。

      スキーマ検証エラーが発生した場合、または failedCount が 1 以上の場合、ジョブの進行状況は になりますERROR。ジョブの完全なエラーレポートは、Amazon S3 バケットに配置されます。詳細については、「エラーの検査」を参照してください。

  • 現在のジョブを一覧表示するには、 ListMetadataTransferJobs API アクションを使用します。

    JSON ファイルを使用して、返されたジョブを現在の状態に基づいてフィルタリングします。次の手順を参照してください。

    1. 使用するフィルターを指定するには、 AWS CLI 入力 JSON ファイルを作成します。 は以下を使用します。

      { "sourceType": "s3", "destinationType": "iottwinmaker", "filters": [{ "state": "COMPLETED" }] }

      有効なstate値のリストについては、AWS IoT TwinMaker 「 API リファレンスガイドListMetadataTransferJobsFilter」の「」を参照してください。

    2. 次のコマンド AWS CLI 例では、JSON ファイルを引数として使用します。

      aws iottwinmaker list-metadata-transfer-job --region your_region \ --cli-input-json file://ListMetadataTransferJobsExample.json
  • ジョブをキャンセルするには、 CancelMetadataTransferJob API アクションを使用します。この API は、エクスポートまたはインポート済みのリソースに影響を与えることなく、特定のメタデータ転送ジョブをキャンセルします。

    aws iottwinmaker cancel-metadata-transfer-job \ --region your_region \ --metadata-transfer-job-id job-to-cancel-id