Amazon CloudWatch メトリクスを使用した AWS IoT SiteWise のモニタリング - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon CloudWatch メトリクスを使用した AWS IoT SiteWise のモニタリング

CloudWatch を使用して AWS IoT SiteWise をモニタリングできます。CloudWatch は、生データを収集し、ほぼリアルタイムの読み取り可能なメトリクスに加工します。これらの統計は 15 か月間保持されるため、履歴情報にアクセスしてウェブアプリケーションやサービスの動作をより的確に把握できます。また、特定のしきい値を監視するアラームを設定し、これらのしきい値に達したときに通知を送信したりアクションを実行したりできます。詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイドを参照してください。

AWS IoT SiteWise は、以下のセクションにリストされているメトリクスとディメンションをAWS/IoTSiteWise名前空間。

ヒント

AWS IoT SiteWise は、メトリクスを 1 分間隔で公開します。CloudWatch コンソールでこれらのメトリクスをグラフで表示する場合は、間隔1 分。これにより、メトリクスデータが最も高い解像度で表示されます。

ゲートウェイメトリクス

AWS IoT SiteWise は、次のゲートウェイメトリクスを公開します。すべてのゲートウェイメトリクスは、1 分間隔で公開されます。

重要

ゲートウェイメトリクスを受信するには、バージョン 6 以上の AWS IoT SiteWise コネクタを使用する必要があります。詳細については、「」を参照してください。AWS IoT SiteWise コネクタ()AWS IoT Greengrass バージョン 1 開発者ガイド

ゲートウェイメトリクス
メトリクス 説明
Gateway.Heartbeat

接続されている各ゲートウェイ (gatewayId) について、毎分生成されます。

Gateway.PublishSuccessCount

ゲートウェイ (gatewayId) が正常にパブリッシュしたデータポイントの数。

Gateway.PublishFailureCount

ゲートウェイ (gatewayId) がパブリッシュに失敗したデータポイントの数。

このメトリクスは、ゲートウェイのBatchPutAssetPropertyValueオペレーション. ゲートウェイのトラブルシューティングの詳細については、「AWS IoT SiteWise ゲートウェイのトラブルシューティング」を参照してください。

Gateway.ProcessFailureCount

ゲートウェイ (gatewayId) が処理に失敗したデータポイントの数。

このメトリクスは、ゲートウェイとゲートウェイのソース間で発生したエラーをカウントします。これには、ソースによって報告されたエラーも含まれます。ゲートウェイのトラブルシューティングの詳細については、「AWS IoT SiteWise ゲートウェイのトラブルシューティング」を参照してください。

ゲートウェイソースメトリクス
メトリクス 説明
OPCUACollector.Heartbeat

ゲートウェイ (sourceName) に接続された各 OPC-UA ソース (gatewayId) について 1 分ごとに生成されます。

OPCUACollector.ActiveDataStreamCount

ゲートウェイ (gatewayId) が OPC-UA ソース (sourceName) に対してサブスクライブしたデータストリームの数。

OPCUACollector.IncomingValuesCount

ゲートウェイ (gatewayId) が OPC-UA ソース (sourceName) に対して受信したデータポイントの数。