プロパティ値の更新を Amazon DynamoDB に公開する - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

プロパティ値の更新を Amazon DynamoDB に公開する

このチュートリアルでは、Amazon DynamoDB を使用してデータを保存する便利な方法を紹介します。これにより、API を繰り返しクエリしなくても過去のアセットデータに簡単にアクセスできます。 AWS IoT SiteWise このチュートリアルを完了すると、風力発電所全体の風速と風向のライブマップなど、アセットデータを使用するカスタムソフトウェアを作成できます。カスタムソフトウェアソリューションを実装せずにデータを監視して視覚化したい場合は、を参照してください。によるデータの監視 AWS IoT SiteWise Monitor

このチュートリアルでは、 AWS IoT SiteWise 風力発電所のサンプルデータセットを提供するデモを基にしています。風力発電施設のデモでは、プロパティ値の更新が AWS IoT Core ルールを介して、作成したDynamoDB テーブルにデータを送信するように設定されています。プロパティ値の更新を有効にすると、データを MQTT AWS IoT SiteWise AWS IoT Core メッセージで送信します。次に、メッセージの内容に応じて DynamoDB AWS IoT アクションなどのアクションを実行するコアルールを定義します。詳細については、「AWS 他のサービスとのやり取り」を参照してください。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、以下が必要です。

  • アカウント AWS 。アカウントをお持ちでない場合は、「のセットアップ AWS アカウント」を参照してください。

  • Windows、macOS、Linux、または Unix を実行してにアクセスする開発用コンピュータ。 AWS Management Console詳細については、「AWS Management Consoleの開始方法」を参照してください。

  • 管理者権限を持つ IAM ユーザー。

  • AWS IoT SiteWise 実行中の風力発電所のデモ。デモをセットアップすると、 AWS IoT SiteWise 風力発電所を表すモデルとアセットを定義し、それらにデータをストリーミングします。詳細については、「AWS IoT SiteWise デモを使う」を参照してください。