一括登録 - AWS IoT コア

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

一括登録

start-thing-registration-task コマンドを使用して、モノを一括で登録できます。このコマンドは、登録テンプレート、S3 バケット名、キー名、および S3 バケット内のファイルへのアクセスを可能にするロール ARN を使用します。S3 バケットのファイルには、テンプレート内のパラメータを置き換えるために使用される値が含まれています。このファイルは、改行で区切られた JSON ファイルでなければなりません。各行には、単一のデバイスを登録するためのすべてのパラメータ値が含まれています。次に例を示します。

{"ThingName": "foo", "SerialNumber": "123", "CSR": "csr1"} {"ThingName": "bar", "SerialNumber": "456", "CSR": "csr2"}

次のような一括登録関連の APIs が役に立ちます。

注記
  • 一度に実行できる一括登録オペレーションタスクは、(アカウントごとに) 1 つだけです。

  • 一括登録オペレーションでは、他の AWS IoT コントロールプレーン APIs を呼び出します。 これらの呼び出しは、アカウントの AWS IoT スロットリングクォータを超え、スロットルエラーが発生する可能性があります。必要に応じて、AWS カスタマーサポートに連絡して、AWS IoT スロットリングのクォータを引き上げてください。