AWS IoT とは - AWS IoT Core

AWS IoT とは

AWS IoT は、IoT デバイスを他のデバイスおよび AWS クラウドサービスに接続するクラウドサービスを提供します。AWS IoT は、IoT デバイスを AWS IoT ベースのソリューションに統合するのに役立つデバイスソフトウェアを提供します。デバイスが AWS IoT に接続できる場合、AWS IoT は AWS が提供するクラウドサービスにそれらのデバイスを接続できます。

AWS IoT の実践的な紹介については、「 の開始方法 AWS IoT Core 」にアクセスしてください。


            IoT デバイスを AWS IoT サービスに接続する AWS IoT

AWS IoT では、ソリューションに最適な最新のテクノロジーを選択できます。 AWS IoT Core では、現場での IoT デバイスの管理とサポートを支援するために、次のプロトコルをサポートしています。

AWS IoT Core メッセージブローカーは、MQTT および MQTT over WSS プロトコルを使用してメッセージを発行およびサブスクライブするデバイスとクライアントをサポートします。また、HTTPS プロトコルを使用してメッセージを発行するデバイスとクライアントもサポートしています。

AWS IoT Core for LoRaWAN は、ワイヤレス LoRaWAN (省電力長距離広域ネットワーク) デバイスの接続と管理をサポートします。 AWS IoT Core for LoRaWAN では、LoRaWan ネットワークサーバー (LNS) を開発、運用する必要がありません。

デバイスの通信、ルールジョブなどの AWS IoT 機能が必要ない場合は、AWS メッセージングを参照して、要件により適している可能性のある他の AWS IoT メッセージングサービスに関する情報を確認してください。

デバイスおよびアプリケーションが AWS IoT にアクセスする方法

AWS IoT は、AWS IoT のチュートリアル のためのインターフェイスを提供します。

  • AWS IoT Device SDKs — AWS IoT とメッセージを送受信するためのアプリケーションをデバイス上で構築します。詳細については、「AWS IoT Device SDK、Mobile SDK、および AWS IoT Device Client」を参照してください。

  • AWS IoT Core for LoRaWAN AWS IoT Core for LoRaWAN を使用して、長距離 WAN (LoRaWAN) デバイスとゲートウェイを接続および管理します。

  • AWS Command Line Interface (AWS CLI) - Windows、macOS、Linux で AWS IoT のコマンドを実行します。これらのコマンドで、モノのオブジェクト、証明書、ルール、ジョブ、およびポリシーを作成し、管理することができます。開始するには、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」を参照してください。AWS IoT のコマンドの詳細については、AWS CLI コマンドリファレンスiot を参照してください。

  • AWS IoT API — HTTP または HTTPS リクエストを使用して IoT アプリケーションを構築します。これらの API アクションで、モノのオブジェクト、証明書、ルール、およびポリシーをプログラムにより作成し、管理することができます。AWS IoT の API アクションの詳細については、AWS IoT API リファレンスアクションを参照してください。

  • AWS SDK — 言語固有の API を使用して IoT アプリケーションを構築します。これらの SDK は HTTP/HTTPS API をラップし、サポートされているいずれの言語でもプログラミングできます。詳細については、AWS の SDK およびツールを参照してください。

AWS IoT コンソールを介して AWS IoT にアクセスすることもできます。このコンソールは、モノのオブジェクト、証明書、ルール、ジョブ、ポリシー、および IoT ソリューションの他の要素を設定および管理できるグラフィカルユーザーインターフェイス (GUI) を提供します。