AWS IoT の使用による CloudWatch Logs のモニタリング - AWS IoT コア

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS IoT の使用による CloudWatch Logs のモニタリング

ログ記録が有効になると、AWS IoT は各メッセージがメッセージブローカーとルールエンジンを経由してデバイスから渡されるときに、各メッセージに関する進行状況イベントを送信します。AWS IoTコンソールで、CloudWatch ログは CloudWatch という名前のロググループに表示されます。AWSIotLogs

の詳細については、「CloudWatch LogsCloudWatch Logs」を参照してください。サポートされている AWS IoT CloudWatch Logs については、「CloudWatch の AWS IoT ログエントリ.」を参照してください。

AWS IoT コンソールでの CloudWatch ログの表示

AWS IoT コンソールで CloudWatch ログを表示するには

  1. 」を参照してください。https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/. ナビゲーションペインで [Log groups (ロググループ).] を選択します。

  2. [フィルタ] テキストボックスに「AWSIotLogsV2」と入力し、Enter キーを押します。

  3. AWSIotLogsV2] ロググループをダブルクリックします。

  4. [Search All] を選択します。アカウント用に生成された AWS IoT ログの完全なリストが表示されます。

  5. 個々のストリームを表示するには、展開アイコンを選択します。

また、[Filter events] テキストボックスにクエリを入力することもできます。興味深いクエリの例がいくつかあります。

  • { $.logLevel = "INFO" }

    ログレベルが のすべてのログを検索します。INFO.

  • { $.status = "Success" }

    のステータスを持つすべてのログを検索します。Success.

  • { $.status = "Success" && $.eventType = "GetThingShadow" }

    ステータスが Success で、イベントタイプが GetThingShadow. であるすべてのログを検索します。

フィルタ式の作成の詳細については、「CloudWatch Logs クエリ.」を参照してください。