デバイスデータエンドポイントとの接続をテストする - AWS IoT Core

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

デバイスデータエンドポイントとの接続をテストする

このトピックでは、アカウントのデバイスデータエンドポイント ( AWS IoTに接続するために IoT デバイスが使用するエンドポイント) に対するデバイスの接続をテストする方法について説明します。

この手順は、テストするデバイス上で実行するか、テストするデバイスに接続された SSH ターミナルセッションを使用して実行します。

デバイスデータエンドポイントを検索する

デバイスデータエンドポイントを検索するには
  1. AWS IoT コンソールのナビゲーションペインの下の方にある [設定] を選択します。

  2. [設定] ページの [デバイスデータエンドポイント] コンテナにある [エンドポイント] をコピーします。エンドポイントの価値はユーザーごとに異なり、 AWS アカウント 次の例と似ていますa3qEXAMPLEsffp-ats.iot.eu-west-1.amazonaws.com

  3. デバイスデータポイントを保存します。このデバイスデータエンドポイントは、次の手順で使用します。

接続をすばやくテストする

この手順では、デバイスデータエンドポイントとの一般的な接続をテストしますが、デバイスが使用する特定のポートはテストされません。このテストでは一般的なプログラムを使用します。通常、これは、デバイスが AWS IoTに接続できるかどうかを確認するには十分です。

デバイスが使用する特定のポートとの接続をテストする場合は、この手順をスキップして、「アプリを入手してデバイスのデータエンドポイントとポートへの接続をテストする」に進みます。

デバイスデータエンドポイントをすばやくテストするには
  1. ターミナルまたはデバイスのコマンドラインウィンドウで、サンプルデバイスデータエンドポイント (a3qEXAMPLEsffp-ats.iot.eu-west-1.amazonaws.com) をアカウントのデバイスデータエンドポイントで置き換え、次のコマンドを入力します。

    Linux
    ping -c 5 a3qEXAMPLEsffp-ats.iot.eu-west-1.amazonaws.com
    Windows
    ping -n 5 a3qEXAMPLEsffp-ats.iot.eu-west-1.amazonaws.com
  2. 次のような出力が ping に表示された場合、デバイスデータエンドポイントに正常に接続されています。 AWS IoT サーバーとは直接通信しませんでしたが、サーバーが見つかったため、 AWS IoT このエンドポイントから接続できる可能性があります。

    PING a3qEXAMPLEsffp-ats.iot.eu-west-1.amazonaws.com (xx.xx.xxx.xxx) 56(84) bytes of data. 64 bytes from ec2-EXAMPLE-218.eu-west-1.compute.amazonaws.com (xx.xx.xxx.xxx): icmp_seq=1 ttl=231 time=127 ms 64 bytes from ec2-EXAMPLE-218.eu-west-1.compute.amazonaws.com (xx.xx.xxx.xxx): icmp_seq=2 ttl=231 time=127 ms 64 bytes from ec2-EXAMPLE-218.eu-west-1.compute.amazonaws.com (xx.xx.xxx.xxx): icmp_seq=3 ttl=231 time=127 ms 64 bytes from ec2-EXAMPLE-218.eu-west-1.compute.amazonaws.com (xx.xx.xxx.xxx): icmp_seq=4 ttl=231 time=127 ms 64 bytes from ec2-EXAMPLE-218.eu-west-1.compute.amazonaws.com (xx.xx.xxx.xxx): icmp_seq=5 ttl=231 time=127 ms

    この結果に満足したら、ここでテストを終了できます。

    AWS IoTが使用する特定のポートとの接続をテストする場合、「アプリを入手してデバイスのデータエンドポイントとポートへの接続をテストする」に進んでください。

  3. ping で正常な出力が返されなかった場合、エンドポイントの値を参照して、正しいエンドポイントが入力されていること、およびデバイスがインターネットに接続されていることを確認してください。

アプリを入手してデバイスのデータエンドポイントとポートへの接続をテストする

nmap を使用して、より詳細な接続テストを実行できます。この手順では、nmap がデバイスにインストールされているかどうかをテストします。

デバイスに nmap がインストールされていることを確認するには
  1. ターミナルまたはテストするデバイスのコマンドラインウィンドウで、次のコマンドを入力し、nmap がインストールされていることを確認します。

    nmap --version
  2. 次のような出力が表示された場合、nmap がインストールされていて、デバイスデータエンドポイントとポートへの接続をテストする に接続できます。

    Nmap version 6.40 ( http://nmap.org ) Platform: x86_64-koji-linux-gnu Compiled with: nmap-liblua-5.2.2 openssl-1.0.2k libpcre-8.32 libpcap-1.5.3 nmap-libdnet-1.12 ipv6 Compiled without: Available nsock engines: epoll poll select
  3. 前のステップに示すような応答がない表示されない場合、デバイスに nmap をインストールする必要があります。デバイスのオペレーティングシステムの手順を選択します。

Linux

この手順を実行するには、コンピュータにソフトウェアをインストールするためのアクセス許可が必要です。

Linux コンピュータに nmap をインストールするには
  1. ターミナルまたはデバイスのコマンドラインウィンドウで、それが実行している Linux のバージョンに対応するコマンドを入力します。

    1. Debian または Ubuntu の場合:

      sudo apt install nmap
    2. CentOS または RHEL の場合:

      sudo yum install nmap
  2. 次のコマンドを使用してインストールをテストします。

    nmap --version
  3. 次のような出力が表示された場合、nmap がインストールされていて、デバイスデータエンドポイントとポートへの接続をテストする に接続できます。

    Nmap version 6.40 ( http://nmap.org ) Platform: x86_64-koji-linux-gnu Compiled with: nmap-liblua-5.2.2 openssl-1.0.2k libpcre-8.32 libpcap-1.5.3 nmap-libdnet-1.12 ipv6 Compiled without: Available nsock engines: epoll poll select
macOS

この手順を実行するには、コンピュータにソフトウェアをインストールするためのアクセス許可が必要です。

macOS コンピュータに nmap をインストールするには
  1. ブラウザで https://nmap.org/download#macosx を開き、Latest stable release (最新の安定したリリース) を開きます。

    メッセージが表示されたら、[Open with] を選択します DiskImageInstaller。

  2. インストールウィンドウで、パッケージを Applications フォルダに移動します。

  3. [Finder] で Applications フォルダ内の nmap-xxxx-mpkg パッケージを見つけます。パッケージを Ctrl-click し、[開く] を選択してパッケージを開きます。

  4. セキュリティダイアログボックスを確認します。nmap をインストールする準備ができたら、[開く] を選択して nmap をインストールします。

  5. Terminal で、次のコマンドを使用してインストールをテストします。

    nmap --version
  6. 次のような出力が表示された場合、nmap がインストールされていて、デバイスデータエンドポイントとポートへの接続をテストする に接続できます。

    Nmap version 7.92 ( https://nmap.org ) Platform: x86_64-apple-darwin17.7.0 Compiled with: nmap-liblua-5.3.5 openssl-1.1.1k nmap-libssh2-1.9.0 libz-1.2.11 nmap-libpcre-7.6 nmap-libpcap-1.9.1 nmap-libdnet-1.12 ipv6 Compiled without: Available nsock engines: kqueue poll select
Windows

この手順を実行するには、コンピュータにソフトウェアをインストールするためのアクセス許可が必要です。

Windows コンピュータに nmap をインストールするには
  1. ブラウザで https://nmap.org/download#windows を開き、セットアッププログラムの Latest stable release (最新の安定したリリース) をダウンロードします。

    プロンプトが表示されたら、[ファイルを保存] を選択します。ファイルをダウンロードしたら、ダウンロードフォルダからファイルを開きます。

  2. セットアップファイルのダウンロードが完了したら、ダウンロードした nmap-xxxx-setup.exe 開いてアプリをインストールします。

  3. プログラムのインストール時に、デフォルト設定を受け入れます。

    このテストには Npcap アプリは必要ありません。このアプリをインストールしない場合は、このオプションの選択を解除できます。

  4. Command で、次のコマンドを使用してインストールをテストします。

    nmap --version
  5. 次のような出力が表示された場合、nmap がインストールされていて、デバイスデータエンドポイントとポートへの接続をテストする に接続できます。

    Nmap version 7.92 ( https://nmap.org ) Platform: i686-pc-windows-windows Compiled with: nmap-liblua-5.3.5 openssl-1.1.1k nmap-libssh2-1.9.0 nmap-libz-1.2.11 nmap-libpcre-7.6 Npcap-1.50 nmap-libdnet-1.12 ipv6 Compiled without: Available nsock engines: iocp poll select

デバイスデータエンドポイントとポートへの接続をテストする

デバイスデータエンドポイントとポートへの接続をテストするには
  1. ターミナルまたはデバイスのコマンドラインウィンドウで、サンプルデバイスデータエンドポイント (a3qEXAMPLEsffp-ats.iot.eu-west-1.amazonaws.com) をアカウントのデバイスデータエンドポイントで置き換え、次のコマンドを入力します。

    nmap -p 8443 a3qEXAMPLEsffp-ats.iot.eu-west-1.amazonaws.com
  2. 次のような出力が nmap に表示された場合、nmap は、選択したポートのデバイスデータエンドポイントに正常に接続できました。

    Starting Nmap 7.92 ( https://nmap.org ) at 2022-02-18 16:23 Pacific Standard Time Nmap scan report for a3qEXAMPLEsffp-ats.iot.eu-west-1.amazonaws.com (xx.xxx.147.160) Host is up (0.036s latency). Other addresses for a3qEXAMPLEsffp-ats.iot.eu-west-1.amazonaws.com (not scanned): xx.xxx.134.144 xx.xxx.55.139 xx.xxx.110.235 xx.xxx.174.233 xx.xxx.74.65 xx.xxx.122.179 xx.xxx.127.126 rDNS record for xx.xxx.147.160: ec2-EXAMPLE-160.eu-west-1.compute.amazonaws.com PORT STATE SERVICE 8443/tcp open https-alt MAC Address: 00:11:22:33:44:55 (Cimsys) Nmap done: 1 IP address (1 host up) scanned in 0.91 seconds
  3. nmap で正常な出力が返されなかった場合、エンドポイントの値を参照して、正しいエンドポイントが入力されていること、およびデバイスがインターネットに接続されていることを確認してください。

ステップ 1 で使用したポート (8443) を置き換えることによって、デバイスデータエンドポイントのその他のポート (プライマリ HTTPS ポートのポート443 など) をテストできます。