AWS IoT
開発者ガイド

AWS IoT SDK

AWS IoT Device SDK によりすばやく簡単にデバイスを AWS IoT に接続できます。AWS IoT Device SDK には、オープンソースライブラリ、サンプル付きの開発者ガイド、ガイドが含まれているので、選択したプラットフォーム上で革新的な IoT 製品またはソリューションを構築できます。

AWS Mobile SDK for Android

AWS SDK for Android には、開発者が AWS を使用して関連するモバイルアプリケーションを構築できるように、ライブラリ、サンプル、およびドキュメントが含まれています。この SDK は、AWS IoT API の呼び出しもサポートしています。詳細については、以下を参照してください。

Arduino Yún SDK

AWS IoT Arduino Yún SDK で、開発者は Arduino Yún と互換性のあるボードを AWS IoT と接続できます。デバイスを AWS IoT に接続することで、ユーザーは AWS IoT が提供するメッセージブローカー、ルール、Shadows、および AWS Lambda、Kinesis、Amazon S3 などその他の AWS のサービスを安全に使用できます。詳細については、以下を参照してください。

AWS IoT Device SDK for Embedded C

AWS IoT Device SDK for Embedded C は、AWS IoT プラットフォームに安全に接続するための埋め込みアプリケーションに使用できる C ソースファイルのコレクションです。これには、転送クライアント、TLS の実装、使用例が含まれます。また、Device Shadow サービスにアクセスするための API など、AWS IoT 固有の機能もサポートしています。ソースコードとして配布され、アプリケーションコード、その他のライブラリ、RTOS と一緒にカスタマーファームウェアに組み込まれることを想定しています。詳細については、以下を参照してください。

AWS IoT C++ Device SDK

AWS IoT C++ Device SDK を使用すると、開発者は AWS および AWS IoT API を使用して接続されたアプリケーションを構築できます。具具体的には、この SDK にはリソース制約がなく、メッセージキュー、マルチスレッドサポート、最新の言語機能などの高度な機能が必要なデバイス向けに設計されています。詳細については、以下を参照してください。

AWS Mobile SDK for iOS

AWS SDK for iOS はオープンソースの開発キットで、Apache オープンソースライセンスのもとに配布されています。SDK for iOS には、開発者が AWS を使用して関連するモバイルアプリケーションを構築できるように、ライブラリ、コードサンプル、およびドキュメントが含まれています。この SDK は、AWS IoT API の呼び出しもサポートしています。

AWS IoT Device SDK for Java

AWS IoT Device SDK for Java では、Java 開発者が MQTT または WebSocket プロトコル経由の MQTT で AWS IoT プラットフォームにアクセスできます。SDK はシャドウをサポートするように構築されています。GET、UPDATE、DELETE を含む HTTP メソッドを使用して、 Shadows にアクセスできます。SDK では、簡略化された Shadow アクセスモデルもサポートしていて、開発者が、JSON ドキュメントをシリアル化または逆シリアル化することなく、ゲッターメソッドとセッターメソッドを使用するだけで Shadows とデータを交換できます。詳細については、以下を参照してください。

AWS IoT Device SDK for JavaScript

aws-iot-device-sdk.js パッケージでは、開発者が MQTT または WebSocket プロトコル経由の MQTT を使用して AWS IoT にアクセスする JavaScript アプリケーションを記述できます。これは、Node.js 環境およびブラウザーアプリケーションで使用できます。詳細については、以下を参照してください。

AWS IoT Device SDK for Python

AWS IoT Device SDK for Python では、開発者が デバイスを使用して MQTT または WebSocket プロトコル経由の MQTT で AWS IoT プラットフォームにアクセスできるように Python スクリプトを記述できます。そのデバイスを AWS IoT に接続することで、ユーザーは AWS IoT が提供するメッセージブローカー、ルール、Shadows、および AWS Lambda、Kinesis、Amazon S3 などその他の AWS のサービスを安全に使用できます。