AWS IoT リソースのタグ付け - AWS IoT コア

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS IoT リソースのタグ付け

モノのグループ、モノのタイプ、トピックルール、ジョブ、スケジュールによる監査、およびセキュリティプロファイルを管理および整理しやすくするために、これらのリソースのそれぞれにタグという形式で独自のメタデータをオプションで割り当てることができます。このセクションでは、タグとその作成方法について説明します。

モノに関連するコストを管理しやすくするために、モノが含まれる請求グループを作成できます。その後、その請求グループそれぞれに、メタデータが含まれているタグを割り当てることができます。このセクションでは、請求グループ、および請求グループの作成および管理に使用できるコマンドについても説明します。

タグの基本

タグを使用すると、AWS IoT リソースをさまざまな方法 (目的、所有者、環境など) で分類することができます。同じタイプのリソースが多い場合に役立ちます — リソースを割り当てたタグに基づいてリソースをすばやく識別できます。タグはそれぞれ、1 つのキーとオプションの値で構成され、どちらもユーザーが定義します。たとえば、デバイスをタイプ別に追跡しやすくするために、モノのタイプに対して一連のタグを定義できます。リソースの種類ごとのニーズを合わせて一連のタグキーを作成することをお勧めします。一貫性のあるタグキーセットを使用することで、リソースの管理が容易になります。

追加または適用したタグに基づいて、リソースを検索およびフィルター処理できます。また、請求グループタグを使用して、コストを分類および追跡することもできます。また、「IAM ポリシーでのタグの使用」で説明しているように、タグを使用してリソースへのアクセスを制御することもできます。

使いやすいように、AWS マネジメントコンソールのタグエディタでは、統一された方法で一元的にタグを作成および管理できます。詳細については、AWS マネジメントコンソールの操作の「タグエディタの使用」を参照してください。

AWS CLI および AWS IoT API を使用してタグを操作することもできます。モノのグループ、モノのタイプ、トピックルール、ジョブ、セキュリティプロファイル、および請求グループの作成時に、以下のコマンドで Tags フィールドを使用してタグを関連付けることができます。

以下のコマンドを使用して、タグ付けがサポートされている既存のリソースに対してタグを追加、変更、または削除できます。

タグのキーと値は編集でき、タグはリソースからいつでも削除できます。タグの値を空の文字列に設定することはできますが、タグの値を null に設定することはできません。特定のリソースについて既存のタグと同じキーを持つタグを追加した場合、古い値は新しい値によって上書きされます。リソースを削除すると、リソースに関連付けられているすべてのタグも削除されます。

タグの制約と制限

タグには以下のような基本制限があります。

  • リソースあたりのタグの最大数 — 50

  • キーの最大長 — 127 文字 (Unicode) (UTF-8)

  • 値の最大長 — 255 文字 (Unicode) (UTF-8)

  • タグのキーと値では大文字と小文字が区別されます。

  • 「aws:」は使用しないでください。タグの名前または値のプレフィックス。これは AWS 用に予約されています。このプレフィックスが含まれるタグの名前または値は編集または削除できません。このプレフィックスを持つタグは、リソースあたりのタグ数の制限にはカウントされません。

  • 複数のサービス間およびリソース間でタグ付けスキーマを使用する場合、他のサービスでも許可される文字に制限が適用されることがあるため注意ください。使用できる文字は、UTF-8 で表現できる文字、スペース、および数字と、特殊文字 +、-、=、.、_、:、/、@ です。