AWS IoT でのトランスポートセキュリティ - AWS IoT コア

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS IoT でのトランスポートセキュリティ

AWS IoT メッセージブローカーと Device Shadow サービスでは、TLS バージョン 1.2 とのすべての通信は暗号化されます。TLS は、AWS IoT でサポートされているアプリケーションプロトコル (MQTT、HTTP) の機密性を確保するために使用されます。TLS サポートは、多くのプログラミング言語およびオペレーティングシステムで利用可能です。

MQTT 用に、TLS はデバイスとブローカーとの間の接続を暗号化します。TLS クライアント認証は、AWS IoT によってデバイスの識別に使用されます。HTTP 用に、TLS はデバイスとブローカーとの間の接続を暗号化します。認証は AWS 署名バージョン 4 に委任されます。

AWS IoT では、デバイスが Server Name Indication (SNI) 拡張を Transport Layer Security (TLS) に送信し、host_name フィールドに完全なエンドポイントアドレスを指定する必要があります。host_name フィールドには、呼び出すエンドポイントが含まれている必要があります。次のようになる必要があります。

  • aws iot describe-endpoint --endpoint-type iot:Data-ATS によって返される endpointAddress

    または

  • aws iot describe-domain-configuration –-domain-configuration-name "domain_configuration_name" によって返される domainName

正しい host_name 値を持たないデバイスによって試行された接続は拒否され、CloudWatch にログインします。

TLS 暗号スイートのサポート

AWS IoT では、以下の暗号スイートがサポートされています。

  • ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256 (推奨)

  • ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256 (推奨)

  • ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256

  • ECDHE-RSA-AES128-SHA256

  • ECDHE-ECDSA-AES128-SHA

  • ECDHE-RSA-AES128-SHA

  • ECDHE-ECDSA-AES256- GCM-SHA384

  • ECDHE-RSA-AES256- GCM-SHA384

  • ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384 *

  • ECDHE-RSA-AES256-SHA384

  • ECDHE-RSA-AES256-SHA

  • ECDHE-ECDSA-AES256-SHA

  • AES128-GCM-SHA256

  • AES128-SHA256

  • AES128-SHA

  • AES256-GCM-SHA384

  • AES256-SHA256

  • AES256-SHA *