ディテクターモデルをテストするための入力を送信します - AWS IoT Events

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ディテクターモデルをテストするための入力を送信します

でテレメトリデータを受信するには、いくつかの方法があります AWS IoT Events (「」を参照サポートされているアクション)。このトピックでは、メッセージをディ AWS IoT Events テクターへの入力として転送する AWS IoT ルールを AWS IoT コンソールで作成する方法について説明します。 AWS IoT コンソールの MQTT クライアントを使用してテストメッセージを送信できます。この方法を使用すると、デバイスがメッセージブローカーを使用して MQTT AWS IoT メッセージを送信できる AWS IoT Events ときに、テレメトリデータを に取得できます。

ディテクターモデルをテストするための入力を送信するには
  1. AWS IoT Core コンソールを開きます。左側のナビゲーションペインの [管理] で [メッセージルーティング] を選択し、[ルール] を選択します。

  2. 右上の [ルールを作成] を選択します。

  3. [ルールを作成] ページで、次の手順を完了します。

    1. ステップ 1 ルールプロパティを指定します。以下のフィールドに値を入力します。

      • ルール名。MyIoTEventsRule などのルールの名前を入力します。

        注記

        空白は使用しないでください。

      • ルールの説明 これはオプションです。

      • [次へ] をクリックします。

    2. ステップ 2 SQL ステートメントを設定します。以下のフィールドに値を入力します。

      • SQL のバージョン リストから適切なオプションを選択します。

      • SQL ステートメントSELECT *, topic(2) as motorid FROM 'motors/+/status' と入力します。

      [次へ] を選択します。

    3. ステップ 3 ルールアクションをアタッチします。「ルールアクション」セクションで、以下を完了します。

      • アクション 1 IoT イベントを選択します。次のフィールドが表示されます。

        1. 入力名 リストから適切なオプションを選択します。自分の入力が表示されない場合は、[更新] を選択します。

          新しい入力を作成するには、[IoT イベント入力を作成] を選択します。以下のフィールドに値を入力します。

          • 入力名 PressureInput と入力します。

          • 説明。これはオプションです。

          • JSON ファイルをアップロードします。JSON ファイルのコピーをアップロードします。ファイルがない場合は、この画面上のサンプルファイルへのリンクが表示されます。コードには以下が含まれます。

            { "motorid": "Fulton-A32", "sensorData": { "pressure": 23, "temperature": 47 } }
          • 入力属性を選択します。適切なオプションを選択します。

          • タグ これはオプションです。

          [作成] を選択します。

          [ルールを作成] 画面に戻り、[入力名] フィールドを更新します。  作成したばかりの入力を選択します。

        2. バッチモード これはオプションです。ペイロードがメッセージの配列の場合は、このオプションを選択します。

        3. メッセージ ID これはオプションですが推奨されます。

        4. IAM ロール リストから適切なロールを選択します。ロールがリストにない場合は、[新しいロールを作成] を選択します。

          ロール名を入力し、[作成] を選択します。

        別のルールを追加するには、[ルールアクションを追加] を選択します。

      • エラーアクション このセクションはオプションです。アクションを追加するには、[エラーアクションを追加] を選択し、リストから適切なアクションを選択します。

        表示されるフィールドに入力します。

      • [次へ] をクリックします。

    4. ステップ 4 確認して作成します。画面上の情報を確認し、[作成] を選択します。

  4. 左側のナビゲーションメニューの [テスト] で、[MQTT テストクライアント] を選択します。

  5. [トピックに発行] を選択します。以下のフィールドに値を入力します。

    • トピック名 motors/Fulton-A32/status などのメッセージを識別する名前を入力します。

    • メッセージのペイロード。次のように入力します。

      { "messageId": 100, "sensorData": { "pressure": 39 } }
      注記

      新しいメッセージを発行するたびに、messageId を変更します。

  6. 発行の場合、トピックは同じままにしますが、ペイロードの "pressure" を、ディテクターモデルで指定したしきい値 (85など) よりも大きい値に変更します。

  7. [発行] を選択します。

作成したディテクターインスタンスは、Amazon SNS メッセージを生成して送信します。圧力しきい値 (この例では 70) を超えるまたは下回る圧力測定値を含むメッセージを送信し続けて、ディテクターがオペレーションしていることを確認します。

この例では、圧力測定値がしきい値を下回る 3 つのメッセージを送信して、正常状態に戻り、過圧状態が解消されたことを示す Amazon SNS メッセージを受信する必要があります。正常状態に戻ると、圧力測定値が制限を超える 1 つのメッセージにより、ディテクターが危険な状態になり、その状態を示す Amazon SNS メッセージが送信されます。

簡単な入力とディテクターモデルを作成したので、次のことを試してください。