サポートされるアクション - AWS IoT Events

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

サポートされるアクション

AWS IoT Eventsは、指定されたイベントまたは遷移イベントを検出したときにアクションをトリガできます。タイマーを使用する組み込みアクションを定義したり、変数を設定したり、他のAWSリソースの使用料金を見積もることができます。

注記

ディテクターモデル内でアクションを定義するときは、文字列データ型のパラメータに式を使用できます。詳細については、「」を参照してください。

AWS IoT Eventsでは、タイマーを使用したり、変数を設定したりできる次のアクションがサポートされています。

AWS IoT Eventsは、あなたが作業できるように次のアクションをサポートします。AWSサービス。

  • iotTopicPublishでは、MQTT トピックにメッセージを発行します。

  • iotEventsデータをに送信するにはAWS IoT Eventsでは、入力値として使用します。

  • iotSiteWise では、AWS IoT SiteWise のアセットプロパティにデータを送信します。

  • dynamoDBでは、Amazon DynamoDB テーブルにデータを送信します。

  • dynamoDBv2では、Amazon DynamoDB テーブルにデータを送信します。

  • firehoseAmazon Kinesis Data Firehose ストリームにデータを送信します。

  • lambdaを呼び出すAWS Lambdafunction.

  • snsでは、データをプッシュ通知として送信します。

  • sqsでは、Amazon SQS キューにメッセージデータを送信します。