Supported actions - AWS IoT イベント

Supported actions

AWS IoT イベント can trigger actions when it detects a specified event or transition event. You can define built-in actions to use a timer or set a variable, or send data to other AWS resources.

注記

When you define an action in a detector model, you can use expressions for parameters that are string data type. 詳細については、「.」を参照してください。

AWS IoT イベント では、タイマーを使用したり、変数を設定したりするための以下のアクションがサポートされています。

AWS IoT イベント は、 AWS のサービスで使用できる以下のアクションをサポートしています。

  • iotTopicPublish MQTT トピックにメッセージを発行する 。

  • iotEvents データを入力値AWS IoT イベントとして に送信する 。

  • iotSiteWise では、 のアセットプロパティにデータを送信しますAWS IoT SiteWise。

  • dynamoDB Amazon DynamoDB テーブルにデータを送信する 。

  • dynamoDBv2 Amazon DynamoDB テーブルにデータを送信する 。

  • firehose Amazon Kinesis Data Firehose ストリームにデータを送信する 。

  • lambda 関数を呼び出す AWS Lambda 。

  • sns データをプッシュ通知として送信するための 。

  • sqs Amazon SQS キューにデータを送信する 。