他の AWS サービスでの連携 - AWS IoT Events

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

他の AWS サービスでの連携

AWS IoT Events は、AWS サービスを操作できるようにする次のアクションをサポートしています。

  • iotTopicPublish は、MQTT トピックにメッセージを発行します。

  • iotEvents は、AWS IoT Events に対してデータを入力値として送信します。

  • iotSiteWise は、AWS IoT SiteWise 中のアセットプロパティにデータを送信します。

  • dynamoDB は、Amazon DynamoDB テーブルにデータを送信します。

  • dynamoDBv2 は、Amazon DynamoDB テーブルにデータを送信します。

  • firehose は、Amazon Kinesis Data Firehose ストリーミングにデータを送信します。

  • lambda は、AWS Lambda 関数を呼び出します。

  • sns は、データをプッシュ通知として送信します。

  • sqsは、Amazon SQS キューにデータを送信します。

重要
  • AWS IoT Events サービスと AWS サービスの両方を使用するには、同じ AWSリージョンを選択する必要があります。サポートされているリージョンのリストについては、Amazon Web Services General ReferenceAWS IoT Events エンドポイントとクォータを参照してください。

  • AWS IoT Events アクション用に他の AWS リソースを作成するときは、同じ AWS リージョンを使用する必要があります。AWS リージョンを切り替えると、AWS リソースへのアクセスで問題が発生する可能性があります。

デフォルトでは、AWS IoT Events はすべてのアクションに対して JSON でスタンダードペイロードを生成します。このアクションペイロードには、ディテクターモデルインスタンスと、アクションをトリガーしたイベントに関する情報を記述した、属性と値のペアがすべて含まれています。アクションペイロードを設定するには、 コンテント表現を使用します。詳細については、AWS IoT Events API リファレンス表現 およびペイロードデータ型を参照してください。

AWS IoT Core

IoT topic publish action

iotTopicPublish アクションを使用すると、AWS IoT メッセージブローカーを介して MQTT メッセージを公開できます。サポートされているリージョンのリストについては、Amazon Web Services General ReferenceAWS IoT Core エンドポイントとクォータを参照してください。

AWS IoT メッセージブローカーは、公開クライアントからサブスクライブクライアントにメッセージを送信することによって AWS IoT クライアントを接続します。詳細については、 AWS IoT デベロッパーガイドAWS IoT のメッセージブローカーを参照してください。

More information (2)

MQTT メッセージを発行するときは、以下のパラメータを指定する必要があります。

mqttTopic

メッセージを受信する MQTT トピック。

ディテクタモデルで作成された可変または入力値を使用して、ランタイムに MQTT トピック名を動的に定義できます。

payload

(オプション) デフォルトのペイロードには、ディテクタモデルインスタンスとアクションをトリガーしたイベントに関する情報を持つすべての属性と値のペアが含まれます。ペイロードをカスタマイズすることもできます。詳細については、AWS IoT Events API リファレンスペイロードを参照してください。

注記

AWS IoT Events サービスロールに添付されているポリシーが iot:Publish 許可を付与していることを確認してください。詳細については、「AWS IoT Events のためのアイデンティティおよびアクセス管理」を参照してください。

詳細については、AWS IoT Events API リファレンスIotTopicPublishAction を参照してください。

AWS IoT Events

IoT Events action

iotEvents アクションを使用すると、データを入力として AWS IoT Events に送信できます。サポートされているリージョンのリストについては、Amazon Web Services General ReferenceAWS IoT Events エンドポイントとクォータを参照してください。

AWS IoT Events を使用すると、機器またはデバイスのフリートの障害やオペレーションの変化をモニタリングし、そのようなイベントが発生したときにアクションをトリガーできます。詳細については、AWS IoT Events デベロッパーガイドAWS IoT Events とは?を参照してください。

More information (2)

AWS IoT Events にデータを送信するときは、次のパラメータを指定する必要があります。

inputName

データを受信する AWS IoT Events 入力の名前。

payload

(オプション) デフォルトのペイロードには、ディテクタモデルインスタンスとアクションをトリガーしたイベントに関する情報を持つすべての属性と値のペアが含まれます。ペイロードをカスタマイズすることもできます。詳細については、AWS IoT Events API リファレンスペイロードを参照してください。

注記

AWS IoT Events サービスロールに添付されているポリシーが iotevents:BatchPutMessage 許可を付与していることを確認してください。詳細については、「AWS IoT Events のためのアイデンティティおよびアクセス管理」を参照してください。

詳細については、AWS IoT Events API リファレンスIotEventsAction を参照してください。

AWS IoT SiteWise

IoT SiteWise action

iotSiteWise アクションを使用すると、AWS IoT SiteWise のアセットプロパティにデータを送信できます。サポートされているリージョンのリストについては、Amazon Web Services General ReferenceAWS IoT SiteWise エンドポイントとクォータを参照してください。

AWS IoT SiteWise は、産業機器からデータをスケールに収集、整理、分析できるマネージドサービスです。詳細については、AWS IoT SiteWise ユーザーガイドAWS IoT SiteWise とはを参照してください。

More information (11)

AWS IoT SiteWise のアセットプロパティにデータを送信するときは、次のパラメータを指定する必要があります。

重要

データを受信するには、AWS IoT SiteWise の既存のアセットプロパティを使用する必要があります。

  • AWS IoT Events コンソールを使用する場合は、ターゲットアセットプロパティを明示するため propertyAlias を指定します。

  • AWS CLI を使用する場合は、ターゲットアセットプロパティを識別するために propertyAlias または assetIdpropertyId の両方を指定する必要があります。

詳細については、AWS IoT SiteWise ユーザーガイド産業用データストリームのアセットプロパティへのマッピングを参照してください。

propertyAlias

(オプション) アセットプロパティのエイリアス。表現を指定することもできます。

assetId

(オプション) 指定されたプロパティを持つアセットの ID。表現を指定することもできます。

propertyId

(オプション) アセットプロパティの ID。表現を指定することもできます。

entryId

(オプション) このエントリの一意な識別子。エントリ ID を使用すると、障害が発生した場合にエラーの原因となっているデータエントリを追跡できます。デフォルトは、新しい一意の識別子です。表現を指定することもできます。

propertyValue

プロパティ値の詳細を含む構造体。

quality

(オプション) アセットプロパティ値の品質。値は GOODBAD、または UNCERTAIN である必要があります。表現を指定することもできます。

timestamp

(オプション) タイムスタンプ情報を含む構造体。この値を指定しない場合、デフォルトはイベント時刻です。

timeInSeconds

Unix エポック形式のタイムスタンプ (秒単位)。有効な範囲は 1~31556889864403199 です。表現を指定することもできます。

offsetInNanos

(オプション) timeInSeconds から変換されたナノ秒オフセット。有効な範囲は 0~999999999 です。表現を指定することもできます。

value

アセットプロパティ値を含む構造体。

重要

指定されたアセットプロパティの dataType に応じ、値の型として次のいずれかを指定する必要があります。詳細については、AWS IoT SiteWise API リファレンスAssetProperty を参照してください。

booleanValue

(オプション) アセットプロパティ値は、ブール値で、TRUE または FALSE である必要があります。表現を指定することもできます。表現を使用する場合、評価結果はブール値である必要があります。

doubleValue

(オプション) アセットプロパティ値はダブルです。表現を指定することもできます。表現を使用する場合、評価結果はダブルになります。

integerValue

(オプション) アセットプロパティ値は整数です。表現を指定することもできます。表現を使用する場合、評価結果は整数である必要があります。

stringValue

(オプション) アセットプロパティ値は文字列です。表現を指定することもできます。表現を使用する場合は、評価結果が文字列になる必要があります。

注記

AWS IoT Events サービスロールに添付されているポリシーが iotsitewise:BatchPutAssetPropertyValue 許可を付与していることを確認してください。詳細については、「AWS IoT Events のためのアイデンティティおよびアクセス管理」を参照してください。

詳細については、AWS IoT Events API リファレンスIotSiteWiseAction を参照してください。

Amazon DynamoDB

DynamoDB action

dynamoDB アクションを使用して、DynamoDB テーブルにデータを送信することができます。DynamoDB テーブルの 1 つの列は、指定したアクションペイロード内のすべての属性と値のペアを受け取ります。サポートされているリージョンのリストについては、Amazon Web Services General ReferenceAmazon DynamoDB エンドポイントとクォータを参照してください。

Amazon DynamoDB は、フルマネージド NoSQL データベースサービスであり、シームレスなスケーラビリティを備えた高速で予測可能なパフォーマンスを提供します。詳細については、Amazon DynamoDB デベロッパーガイドDynamoDBとはを参照してください。

More information (10)

DynamoDB テーブルの 1 つの列にデータを送信する場合は、次のパラメータを指定する必要があります。

tableName

データを受信する DynamoDB テーブルの名前。tableName 値は、DynamoDB テーブルのテーブル名と一致する必要があります。表現を指定することもできます。

hashKeyField

ハッシュキー (パーティションキーとも呼ばれます) の名前。hashKeyField 値は、DynamoDB テーブルのパーティションキーと一致する必要があります。表現を指定することもできます。

hashKeyType

(オプション) ハッシュキーのデータ型。ハッシュキータイプの値は STRING または NUMBER である必要があります。デフォルトは STRING です。表現を指定することもできます。

hashKeyValue

ハッシュキーの値。hashKeyValue は、置換テンプレートを使用します。これらのテンプレートは、ランタイム時にデータが提供されます。表現を指定することもできます。

rangeKeyField

(オプション) 範囲キー (ソートキーとも呼ばれます) の名前。rangeKeyField 値は、DynamoDB テーブルのソートキーと一致する必要があります。表現を指定することもできます。

rangeKeyType

(オプション) 範囲キーのデータ型。ハッシュキータイプの値は STRING または NUMBER である必要があります デフォルトは STRING です。表現を指定することもできます。

rangeKeyValue

(オプション) 範囲キーの値。rangeKeyValue は、置換テンプレートを使用します。これらのテンプレートは、ランタイム時にデータが提供されます。表現を指定することもできます。

オペレーション

(オプション) 実行するオペレーションの種類。表現を指定することもできます。オペレーション値は、以下のいずれかの値である必要があります。

  • INSERT - データを新しい項目として DynamoDB テーブルに挿入します。これは、デフォルト値です。

  • UPDATE - DynamoDB テーブルの既存の項目を新しいデータで更新します。

  • DELETE - DynamoDB テーブルから既存の項目を削除します。

payloadField

(オプション) アクションペイロードを受信する DynamoDB の列の名前。デフォルト名は payload です。表現を指定することもできます。

payload

(オプション) デフォルトのアクションペイロードには、ディテクターモデルインスタンスとアクションをトリガーしたイベントに関する情報を持つすべての属性と値のペアが含まれます。ペイロードをカスタマイズすることもできます。詳細については、AWS IoT Events API リファレンスペイロードを参照してください。

指定されたペイロードタイプが文字列の場合、DynamoDBAction は非 JSON データをバイナリデータとして DynamoDB テーブルに送信します。DynamoDB コンソールは、データを Base64-encoded テキストとして表示します。payloadField 値は payload-field_raw です。表現を指定することもできます。

注記

AWS IoT Events サービスロールに添付されているポリシーが dynamodb:PutItem 許可を付与していることを確認してください。詳細については、「AWS IoT Events のためのアイデンティティおよびアクセス管理」を参照してください。

詳細については、AWS IoT Events API リファレンスDynamoDBActionを参照してください。

Amazon DynamoDB (v2)

DynamoDBv2 action

dynamoDBv2 アクションを使用して、DynamoDB テーブルにデータを書き込みすることができます。DynamoDB テーブルの別の列は、指定したアクションペイロードで 1 つの属性と値のペアを受け取ります。サポートされているリージョンのリストについては、Amazon Web Services General ReferenceAmazon DynamoDB エンドポイントとクォータを参照してください。

Amazon DynamoDB は、フルマネージド NoSQL データベースサービスであり、シームレスなスケーラビリティを備えた高速で予測可能なパフォーマンスを提供します。詳細については、Amazon DynamoDB デベロッパーガイドDynamoDBとはを参照してください。

More information (2)

DynamoDB テーブルの複数の列にデータを送信する場合は、次のパラメータを指定する必要があります。

tableName

データを受信する DynamoDB テーブルの名前。表現を指定することもできます。

payload

(オプション) デフォルトのアクションペイロードには、ディテクターモデルインスタンスとアクションをトリガーしたイベントに関する情報を持つすべての属性と値のペアが含まれます。ペイロードをカスタマイズすることもできます。詳細については、AWS IoT Events API リファレンスペイロードを参照してください。

重要

ペイロードタイプは JSON である必要があります。表現を指定することもできます。

注記

AWS IoT Events サービスロールに添付されているポリシーが dynamodb:PutItem 許可を付与していることを確認してください。詳細については、「AWS IoT Events のためのアイデンティティおよびアクセス管理」を参照してください。

詳細については、AWS IoT Events API リファレンスDynamoDBv2Actionを参照してください。

Amazon Kinesis Data Firehose

Firehose action

firehose アクションを使用して、Kinesis Data Firehose 配信ストリームにデータを送信できます。サポートされているリージョンのリストについては、Amazon Web Services General ReferenceAmazon Kinesis Data Firehose エンドポイントとクォータを参照してください。

Amazon Kinesis Data Firehose は、Amazon Simple Storage Service (Amazon Simple Storage Service)、Amazon Redshift、Amazon Redshift、Amazon などの宛先にリアルタイムストリーミングデータを配信するための完全マネージド OpenSearch サービス (OpenSearch サービス)、および Splunk。詳細については、Amazon Kinesis Data Firehose デベロッパーガイドAmazon Kinesis Data Firehose とはを参照してください。

More information (3)

Kinesis Data Firehose 配信ストリームにデータを送信するときは、次のパラメータを指定する必要があります。

deliveryStreamName

データを受信する Kinesis Data Firehose 配信ストリームの名前。

separator

(オプション) 文字区切りを使用して、Kinesis Data Firehose 配信ストリームに送信される連続データを区切ることができます。区切り文字の値は、'\n' (改行)、'\t' (タブ)、'\r\n' (Windows の改行)、または ',' (コンマ) である必要があります。

payload

(オプション) デフォルトのアクションペイロードには、ディテクターモデルインスタンスとアクションをトリガーしたイベントに関する情報を持つすべての属性と値のペアが含まれます。ペイロードをカスタマイズすることもできます。詳細については、AWS IoT Events API リファレンスペイロードを参照してください。

注記

AWS IoT Events サービスロールに添付されているポリシーが firehose:PutRecord 許可を付与していることを確認してください。詳細については、「AWS IoT Events のためのアイデンティティおよびアクセス管理」を参照してください。

詳細については、AWS IoT Events API リファレンスFirehoseAction を参照してください。

AWS Lambda

Lambda action

lambda アクションを使用して、Lambda 関数を呼び出すことができます。サポートされているリージョンのリストについては、Amazon Web Services General ReferenceAWS Lambda エンドポイントとクォータを参照してください。

AWS Lambda は、サーバーをプロビジョニングまたは管理せずにコードを実行できるようにするコンピューティングサービスです。詳細については、AWS Lambda デベロッパーガイドAWS Lambdaとはを参照してください。

More information (2)

Lambda 関数を呼び出す際に、以下のパラメータを指定する必要があります。

functionArn

呼び出す Lambda 関数の ARN。

payload

(オプション) デフォルトのアクションペイロードには、ディテクターモデルインスタンスとアクションをトリガーしたイベントに関する情報を持つすべての属性と値のペアが含まれます。ペイロードをカスタマイズすることもできます。詳細については、AWS IoT Events API リファレンスペイロードを参照してください。

注記

AWS IoT Events サービスロールに添付されているポリシーが lambda:InvokeFunction 許可を付与していることを確認してください。詳細については、「AWS IoT Events のためのアイデンティティおよびアクセス管理」を参照してください。

詳細については、AWS IoT Events API リファレンスLambdaAction を参照してください。

Amazon Simple Notification Service

SNS action

sns トピック発行アクションを使用して、Amazon SNS メッセージを発行できます。サポートされているリージョンのリストについては、Amazon Web Services General ReferenceAmazon Simple Notification Service エンドポイントとクォータを参照してください。

Amazon Simple Notification Service (Amazon Simple Notification Service) は、サブスクライブしているエンドポイントまたはクライアントへのメッセージの配信または送信を調整および管理するウェブサービスです。詳細については、Amazon Simple Notification Service デベロッパーガイドAmazon SNS とはを参照してください。

More information (2)

Amazon SNS メッセージを発行するときは、以下のパラメータを指定する必要があります。

targetArn

メッセージを受信する Amazon SNS ターゲットの ARN。

payload

(オプション) デフォルトのアクションペイロードには、ディテクターモデルインスタンスとアクションをトリガーしたイベントに関する情報を持つすべての属性と値のペアが含まれます。ペイロードをカスタマイズすることもできます。詳細については、AWS IoT Events API リファレンスペイロードを参照してください。

注記

AWS IoT Events サービスロールに添付されているポリシーが sns:Publish 許可を付与していることを確認してください。詳細については、「AWS IoT Events のためのアイデンティティおよびアクセス管理」を参照してください。

詳細については、次を参照してください。SNSTopicPublishActionAWS IoT EventsAPI リファレンス

Amazon Simple Queue Service

SQS action

sns アクションを使用して、Amazon SQS キューにデータを送信することができます。サポートされているリージョンのリストについては、Amazon Web Services General ReferenceAmazon Simple Queue Service エンドポイントとクォータを参照してください。

Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) は、配信ソフトウェアシステムとコンポーネントを統合および分離できる、安全で耐久性があり、利用可能なホスト型キューを提供します。詳細については、Amazon Simple Queue Service デベロッパーガイドAmazon Simple Queue Service とはを参照してください。

More information (3)

Amazon SQS キューにデータを送信するときは、次のパラメータを指定する必要があります。

queueUrl

データを受信する Amazon SQS キューの URL。

useBase64

(オプション) TRUE を指定した場合、AWS IoT Events は、データを Base64 テキストにエンコードします。デフォルトは FALSE です。

payload

(オプション) デフォルトのアクションペイロードには、ディテクターモデルインスタンスとアクションをトリガーしたイベントに関する情報を持つすべての属性と値のペアが含まれます。ペイロードをカスタマイズすることもできます。詳細については、AWS IoT Events API リファレンスペイロードを参照してください。

注記

AWS IoT Events サービスロールに添付されているポリシーが sqs:SendMessage 許可を付与していることを確認してください。詳細については、「AWS IoT Events のためのアイデンティティおよびアクセス管理」を参照してください。

詳細については、次を参照してください。SNSTopicPublishActionAWS IoT EventsAPI リファレンス

Amazon SNS と AWS IoT Core ルールエンジンを使用して、AWS Lambda 機能をトリガーすることもできます。これにより、Amazon Connect などの他のサービスや、社内のエンタープライズリソースプランニング (ERP) アプリケーションを使用するアクションの実行が可能になります。

注記

ラージデータストリーミングをリアルタイムで収集して処理するには、Amazon Kinesisなどの他の AWS サービスを使用できます。そこから、初期分析を完了し、その結果をディテクターへの入力として AWS IoT Events に送信できます。