Amazon Interactive Video Service とは何ですか? - Amazon Interactive Video Service

Amazon Interactive Video Service とは何ですか?

Amazon Interactive Video Service (IVS) は、マネージド型のライブビデオストリーミングサービスです。以下のことが行えます。

  • チャンネルを作成して数分以内にストリーミングを開始する。

  • 魅力的でインタラクティブな体験を、超低レイテンシーのライブビデオと併せて構築できる。

  • さまざまなデバイスやプラットフォーム向けに大規模に動画を配信する。

  • ウェブサイトやアプリに簡単に統合できる。

Amazon IVS を使えば、独自のインタラクティブアプリケーションと視聴者体験の構築に集中できます。Amazon IVS を使うことで、インフラストラクチャの管理や、ビデオワークフローのコンポーネントの開発および設定が不要になり、安全性、安定性、費用対効果を確保できます。

Amazon IVS は、RTMPS ストリーミングをサポートしています。RTMPS は、TLS 上で実行される RTMP (リアルタイムメッセージングプロトコル) の安全なバージョンです。RTMP は、ネットワーク経由で動画を送信するための業界標準です。

製品に関するドキュメントに加えて、https://ivs.rocks/ を参照してください。これは、公開済みコンテンツ(デモ、コードサンプル、ブログ投稿)を閲覧し、コストを見積もり、ライブデモを通じて Amazon IVS を体験するための専用サイトです。

超低レイテンシーのライブビデオとは何ですか?

低レイテンシーにより、カメラがライブストリームをキャプチャしてから視聴者の画面に表示されるまでの遅延が短縮されます。Amazon IVS は、5 秒未満のレイテンシーで動画を配信できます。従来のオーバーザトップ (OTT) ストリームの場合、レイテンシーは最大 30 秒になることもあります。

低レイテンシーは、視聴者体験を豊かにする、優れたインタラクティブユーザー体験を構築する上で欠かせない要素です。それにより、ストリーマー、ブランド、コミュニティは、ライブの視聴者と直接的かつパーソナルな方法でつながることが可能になります。

観測されるレイテンシーは、次の理由によりユーザーによって変化することがあります。

  • ストリーマーと視聴者の地理的位置。

  • ネットワークの種類と速度。

  • ストリーミングチェーン内の個々のコンポーネント。

  • ストリーミングプロトコルと出力形式。

詳細については、Amazon IVS Streaming Configuration の「Reducing Latency」を参照してください。

グローバルソリューション、リージョナルコントロール

ストリーミングと視聴はグローバル

Amazon IVS を使用して、世界中の視聴者にストリーミングできます。

  • ストリーミングすると、Amazon IVS はユーザーの近くの場所で自動的に動画を取り込みます。

  • 視聴者は、Amazon IVS コンテンツ配信ネットワークを介して、ライブストリームをグローバルに視聴できます。

つまり、「データプレーン」はグローバルです。データプレーンとは、ストリーミング/取り込み、視聴を指します。

コントロールはリージョナル

Amazon IVS データプレーンはグローバルですが、「コントロールプレーン」はリージョンに基づきます。コントロールプレーンとは、Amazon IVS コンソール、API、リソース (チャネル、ストリームキー、再生キーペア、録画設定)を指します。

つまり、Amazon IVS は「リージョンによる AWS のサービス」です。各リージョンの Amazon IVS リソースは、他のリージョンの類似リソースから独立しています。たとえば、あるリージョンで作成したチャネルは、他のリージョンで作成したチャネルとは無関係です。

リソースを使用するときは (チャネル作成時など)、リソースを作成するリージョンを指定する必要があります。その後、リソースを管理するときは、リソースを作成したリージョンと同じリージョンで管理する必要があります。

...を使用した場合 ...によりリージョンを指定します。
Amazon IVS コンソール ナビゲーションバー右上の [Select a Region (リージョンの選択)] ドロップダウンの使用
Amazon IVS API

適切なサービスエンドポイントの使用 Amazon IVS API リファレンスを参照してください。

(SDK を介して API にアクセスする場合は、SDK のregionパラメータをセットアップします。AWS で構築するツールを参照してください)。

AWS CLI 次のいずれかを実行します:
  • CLI コマンドに--region <aws-region>を追加

  • ローカルの AWS 設定ファイルにリージョンを追加

チャネルが作成されたリージョンにかかわらず、どこからでも Amazon IVS にストリーミングでき、視聴者はどこからでも視聴できます。

チャネルのリージョン

チャネルのリージョンは、チャネルの作成時に割り当てられる ARN (Amazon リソースネーム) の一部です。チャネル作成時:

  • Amazon IVS コンソールは、ページのGeneral configuration (一般設定)エリアの ARN を表示します。その後は、コンソールが右上にリージョンを常に表示します。

  • Amazon IVS API は、チャネルオブジェクトのchannelArnフィールドに ARN を返します。