制限 - Amazon Kinesis Data Analytics for SQL Applications 開発者ガイド

新しいプロジェクトでは、SQL アプリケーション用 Kinesis Data Analytics よりも新しい Kinesis Data Analytics スタジオを使用することをお勧めします。Kinesis Data Analytics Studio は、使いやすさと高度な分析機能を兼ね備えているため、高度なストリーム処理アプリケーションを数分で構築できます。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

制限

Amazon Kinesis Data Analytics for SQL Applications を使用する場合、次の制限に注意してください。

  • アプリケーション内ストリームの行のサイズは 512 KB に制限されています。Kinesis Data Analytics は、メタデータを保存するために最大 1 KB を使用します。このメタデータは、行の制限に対してカウントされます。

     

  • アプリケーション内の SQL コードは 100 KB に制限されています。

     

  • ウィンドウクエリで推奨される最長ウィンドウは 1 時間です。アプリケーション内ストリームは揮発性ストレージに保存され、アプリケーションが予期せず中断すると、アプリケーションによって揮発性ストレージ内のソースデータからストリームが再構築されます。

     

  • 1 つのアプリケーション内ストリームに対して推奨される最大スループットは、アプリケーションのクエリの複雑さに応じて、2 ~ 20 MB/秒です。

     

  • 特定のサービスが提供されています。詳細については、「」を参照してください。Amazon Kinesis Data AnalyticsAWS全般のリファレンス

     

  • アカウントには、最大 50 個の Kinesis Data Analytics アプリケーションを作成できます。サービス制限拡大フォームを通して、追加のアプリケーションをリクエストするケースを作成できます。詳細については、「」を参照してください。AWS Supportセンター

     

  • 単一の Kinesis Data Analytics の SQL アプリケーションで処理できる最大ストリーミングスループットは、約 100 MB/秒です。これは、アプリケーション内ストリームの数を最大値の 64 に増やし、KPU の制限を 8 より大きくしたことを前提にしています (詳細については、以下の制限を参照してください)。アプリケーションで 100 MB/秒以上の入力を処理する必要がある場合は、次のいずれかの操作を行います。

     

  • Kinesis Processing Unit (KPU) の数は 8 に制限されています。この制限の拡大をリクエストする方法については、「」を参照してください。制限の拡大をリクエストするにはAmazon サービスの制限

     

    Kinesis Data Analytics の場合、お支払いいただくのは利用した分の料金のみです。ストリーム処理アプリケーションの実行に使用される KPU の平均数に基づいた時間料金で課金されます。1 つの KPU で 1 つの vCPU および 4 GB のメモリーが提供されます。

     

  • 各アプリケーションは 1 つのストリーミングソースと最大 1 つのリファレンスデータソースを持つことができます。

     

  • Kinesis Data Analytics アプリケーションには、最大 3 つの宛先を設定できます。これらの宛先の 1 つを使用して、アプリケーション内のエラーストリームデータを保持することをお勧めします。

     

  • リファレンスデータを保存する Amazon S3 オブジェクトのサイズは最大 1 GB です。

     

  • アプリケーション内テーブルにリファレンスデータをアップロードした後に S3 バケットに格納されているリファレンスデータを変更する場合は、UpdateApplication オペレーションを使用して (API または AWS CLI を使用して) アプリケーション内テーブルのデータを更新する必要があります。現在のところ、AWS Management Console ではアプリケーション内のリファレンスデータの更新はサポートされていません。

     

  • 現在のところ、Kinesis Data Analytics では、Amazon Kinesis Producer Library (KPL)

     

  • アプリケーションあたり最大 50 個のタグを割り当てることができます。