Limits - Amazon Kinesis Data Analytics for SQL Applications 開発者ガイド

新規プロジェクトでは、Kinesis Data Analytics for SQL よりも 新しい Managed Service for Apache Flink Studio を使用することをお勧めします。Managed Service for Apache Flink Studio は、使いやすさと高度な分析機能を兼ね備えているため、高度なストリーム処理アプリケーションを数分で構築できます。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Limits

Amazon Kinesis Data Analytics for SQL Applications を使用する場合、次の制限に注意してください。

  • Kinesis Data Analytics for SQL は次の AWS リージョンでご利用できます。米国東部 (オハイオ)、米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (オレゴン)、カナダ (中部)、欧州 (パリ)、欧州 (アイルランド)、欧州 (フランクフルト)、欧州 (ロンドン)、アジアパシフィック (香港)、アジアパシフィック (ムンバイ)、アジアパシフィック (シドニー)、アジアパシフィック (シンガポール)、アジアパシフィック (ソウル)、アジアパシフィック (東京)、南米 (サンパウロ)、AWS GovCloud (米国東部)、AWS GovCloud (米国西部) 他の追加の AWS リージョンで Kinesis Data Analytics for SQL をリリースする予定はありません。

  • 2023 年 6 月 28 日以降、新しい Kinesis Data Analytics for SQL Applications をまだ使用していない場合は、AWS 管理コンソールを使用して新たな Kinesis Data Analytics for SQL アプリケーションを作成することはできません。2023 年 6 月 28 日より前に Kinesis Data Analytics for SQL アプリケーションを作成した場合、すでに Kinesis Data Analytics for SQL を使用している AWS リージョンでは、現在のアプリケーションの作成方法と実行方法に変更はありません。ただし、Kinesis Data Analytics for SQL を使用していないリージョンでは、AWS コンソールを使用して新しいアプリケーションを作成することはできなくなります。

  • 2023 年 9 月 12 日以降、SQL 用 Kinesis Data Analytics をまだ使用していない場合、Kinesis Data Firehose をソースとして使用して新しいアプリケーションを作成することはできません。KinesisFirehoseInput と一緒に Kinesis Data Analytics for SQL アプリケーションを使用している既存のお客様は、Kinesis Data Analytics を使用して既存のアカウント内で、引き続き KinesisFirehoseInput でアプリケーションを追加できます。既存のお客様で、KinesisFirehoseInput で Kinesis Data Analytics for SQL Applications を使用して新規アカウントを作成される場合は、サポートケースを開くことができます。詳細については、AWS Supportセンターを参照してください。

  • アプリケーション内ストリームの行のサイズは 512 KB に制限されています。Kinesis Data Analytics は、メタデータを保存するために最大 1 KB を使用します。このメタデータは、行の制限に対してカウントされます。

     

  • アプリケーション内の SQL コードは 100 KB に制限されています。

     

  • ウィンドウクエリで推奨される最長ウィンドウは 1 時間です。アプリケーション内ストリームは揮発性ストレージに保存され、アプリケーションが予期せず中断すると、アプリケーションによって揮発性ストレージ内のソースデータからストリームが再構築されます。

     

  • 1 つのアプリケーション内ストリームに対して推奨される最大スループットは、アプリケーションのクエリの複雑さに応じて、2 ~ 20 MB/秒です。

     

  • アカウントの AWS リージョンあたり 50 個までの Kinesis Data Analytics アプリケーションを作成できます。サービス制限拡大フォームを通して、追加のアプリケーションをリクエストするケースを作成できます。詳細については、AWS Supportセンターを参照してください。

     

  • 単一の Kinesis Data Analytics の SQL アプリケーションで処理できる最大ストリーミングスループットは、約 100 MB/秒です。これは、アプリケーション内ストリームの数を最大値の 64 に増やし、KPU の制限を 8 より大きくしたことを前提にしています (詳細については、以下の制限を参照してください)。アプリケーションで 100 MB/秒以上の入力を処理する必要がある場合は、次のいずれかの操作を行います。

    注記

    アプリケーションの予測入力スループットが 100 MB/秒を超える場合は、複数の SQL アプリケーションを使用する計画を事前に立てたり、Managed Service for Apache Flink for Java Applications に移行したりできるように、アプリケーションの InputProcessing.OkBytes メトリクスを定期的に確認することをお勧めします。また、アプリケーションが入力スループットの制限に近づいたときに通知できるように、InputProcessing.OkBytes に関する CloudWatch アラームを作成することをお勧めします。これは、アプリケーションのクエリを更新してスループットの向上とトレードオフすることができ、分析のバックプレッシャーや遅延を回避できるので便利です。詳細については、「トラブルシューティング」を参照してください。アラームは、アップストリームのスループットを低下させるメカニズムがある場合にも役立ちます。

  • Kinesis 処理ユニット (KPU) の数は 8 に制限されています。この制限の拡大をリクエストする方法については、「Amazon サービスの制限」にある「制限の拡大をリクエストするには」を参照してください。

     

    Kinesis Data Analytics は、使用した分のみお支払いいただくだけで利用可能です。ストリーム処理アプリケーションの実行に使用される KPU の平均数に基づいた時間料金で課金されます。1 つの KPU で 1 つの vCPU および 4 GB のメモリーが提供されます。

     

  • 各アプリケーションは 1 つのストリーミングソースと最大 1 つのリファレンスデータソースを持つことができます。

     

  • Kinesis Data Analytics アプリケーションには、最大 3 つの宛先を設定できます。これらの宛先の 1 つを使用して、アプリケーション内のエラーストリームデータを保持することをお勧めします。

     

  • リファレンスデータを保存する Amazon S3 オブジェクトのサイズは最大 1 GB です。

     

  • アプリケーション内テーブルにリファレンスデータをアップロードした後に S3 バケットに格納されているリファレンスデータを変更する場合は、UpdateApplication オペレーションを使用して (API または AWS CLI を使用して) アプリケーション内テーブルのデータを更新する必要があります。現在のところ、AWS Management Console ではアプリケーション内のリファレンスデータの更新はサポートされていません。

     

  • 現在のところ、Kinesis Data Analytics では Amazon Kinesis Producer Library (KPL) で生成されたデータはサポートされていません。

     

  • アプリケーションあたり最大 50 個のタグを割り当てることができます。