Kinesis ビデオストリームパーサーライブラリ - Amazon Kinesis Video Streams

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Kinesis ビデオストリームパーサーライブラリ

Kinesis Video Stream Parser ライブラリは、easy-to-useKinesis のビデオストリーム内の MKV データを使用するために Java アプリケーション内で使用できるツールセット。

このライブラリには次のツールが含まれます。

  • StreamingMkv閲覧者: このクラスは指定された MKV 要素をビデオストリームから読み取ります。

  • FragmentMetadata訪問者: このクラスはフラグメント (メディア要素) およびトラック (音声や字幕といったメディア情報を含む個々のデータストリーム) からメタデータを取得します。

  • OutputSegment合併: このクラスは、ビデオストリームの連続したフラグメントまたはチャンクを結合します。

  • KinesisVideo例: これは、Kinesis ビデオストリームパーサーライブラリの使用方法を示すサンプルアプリケーションです。

ライブラリには、ツールの使用方法を示すテストも含まれています。

手順: Kinesis ビデオストリームパーサーライブラリの使用

この手順には、以下のステップが含まれます。

前提条件

Kinesis ビデオストリームパーサーライブラリを検証および使用するには以下が必要です。

  • Amazon Web Services (AWS) アカウント。AWS アカウントをお持ちでない場合は、次の手順を実行してください。

    • https://aws.amazon.com/ を開いて、[AWS アカウントの作成] を選択します。

      注記

      過去に AWS Management Console にサインインした場合は、お使いのブラウザで使用できないことがあります。その場合は、[Sign In to the Console] を選択し、次に [Create a new AWS account] を選択します。

    • オンラインの手順に従います。

      サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話のキーパッドを用いて PIN を入力することが求められます。

    Kinesis のビデオストリームへのプログラムによるアクセスの設定で必要となるため、AWS アカウント ID を書き留めておいてください。

  • Java 統合開発環境 (IDE)。Eclipse Java NeonまたはJetBrainsIntelliJ Idea