Amazon Kinesis Video Streams とは? - Amazon Kinesis Video Streams

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon Kinesis Video Streams とは?

Amazon Kinesis Video Streams は、デバイスから AWS クラウドへのビデオのライブストリーミングに使用したり、あるいはリアルタイムのビデオ処理やバッチ指向のビデオ分析のためのアプリケーションを構築できる完全管理の AWS のサービスです。

Kinesis Video Streams 単なるビデオデータ用のストレージではありません。これを使用すると、ビデオストリームをクラウドで受信しながらリアルタイムで視聴できます。AWS マネジメントコンソールでライブストリームをモニタリングすることも、Kinesis Video Streams API を使用してライブビデオを表示するモニタリングアプリケーションを開発することもできます。

Kinesis Video Streams を使用すると、スマートフォン、セキュリティカメラ、ウェブカメラ、車、ドローンやその他のソースに設置されるカメラのような何百万ものソースからライブビデオデータの膨大な量を取得できます。また、オーディオデータ、熱画像、深度データ、RADAR データなどの多くの時刻シリアル化された非ビデオデータも送信できます。このようなソースから Kinesis ビデオストリームへのライブストリーミングのために、フレームごとにリアルタイムの低レイテンシー処理のデータにアクセスできるアプリケーションを構築できます。Kinesis Video Streams はソースに依存しません。GStreamer ライブラリを使用してコンピュータのウェブカメラから、または RTSP を使用してネットワーク上のカメラからビデオをストリーミングできます。

また、指定する保持期間でメディアデータを永続的に保存するように Kinesis ビデオストリームを設定することもできます。Kinesis Video Streams は、このデータを自動的に保存し、保管時に暗号化します。また Kinesis Video Streams は、保存されたデータをプロデューサータイムスタンプと取り込み時刻スタンプの両方で時刻インデックス化します。定期的にビデオデータをバッチ処理するアプリケーションを構築するか、あるいは異なるユースケースに応じた履歴データへのアドホックアクセスを必要とするアプリケーションを作成できます。

カスタム、リアルタイム、あるいはバッチ指向のアプリケーションは、Amazon EC2 インスタンスで実行できます。このようなアプリケーションは、オープンソースのディープラーニングのアルゴリズム、あるいは Kinesis Video Streams に統合されるサードパーティーのアプリケーションを使用してデータを処理することができます。

Kinesis Video Streams を使用すると、次のような利点があります。

  • 何百万ものデバイスに接続してストリームする – Kinesis Video Streams は、消費者のスマートフォン、ドローン、車載カメラやその他数多くのデバイスからビデオ、オーディオやその他のデータに接続してストリームできます。Kinesis Video Streams プロデューサーライブラリを使用すると、デバイスを設定して、リアルタイムまたは事後メディアアップロードによる安定したストリーミングを行うことができます。

  • データの永続的な保存、暗号化とインデックス– カスタムの保存期間用にメディアデータを永続的に保管するように Kinesis ビデオストリームを設定できます。また、Kinesis Video Streams は、プロデューサーの生成あるいはサービス側のタイムスタンプに基づいた保存データのインデックスも生成します。アプリケーションは、タイムインデックスを使用して指定するデータを簡単に取得できます。

  • インフラストラクチャではなく、アプリケーションの管理に集中 – Kinesis Video Streams はサービスレスのため、セットアップや管理するインフラストラクチャの必要はありません。データストリームおよび受信側アプリケーションの拡大や縮小に伴って基盤となるインフラストラクチャのデプロイや設定、伸縮自在なスケーリングを心配する必要はありません。Kinesis Video Streams は、ストリームを扱うために必要なすべての管理や維持を自動的に行うため、インフラストラクチャではなく、アプリケーションに集中することができます。

  • データストリームでリアルタイムのバッチアプリケーションを構築 – Kinesis Video Streams を使用して、ライブデータストリームで運用するカスタムリアルタイムアプリケーションを構築することも、厳格なレイテンシー要件なしで永続的に保持されるデータを運用するバッチあるいはアドホックのアプリケーションを作成することもできます。カスタムアプリケーションの構築、デプロイおよび管理ができます。オープンソース (Apache MXNet、OpenCV)、自社開発、あるいは AWS Marketplace を通したサードパーティのソリューションでストリームを処理、分析します。Kinesis Video Streams Get API は、リアルタイムあるいはバッチ指向をベースに、複数の現行アプリケーション処理データを構築できます。

  • ストリームデータをより安全に – Kinesis Video Streams はこのサービスを経由してデータとなる際のすべてのデータを暗号化します。Kinesis Video Streams は、デバイスからのデータストリーミングを Transport Layer Security (TLS) ベースで暗号化し、AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用して保管中のすべてのデータを暗号化します。また、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用してデータへのアクセスを管理することもできます。

  • 従量課金制 – 詳細は、「AWS 料金表」を参照してください。

Kinesis Video Streams を初めてお使いになる方向けの情報

Kinesis Video Streams を初めて使用する方には、次のセクションを順に読むことをお勧めします。

  1. Amazon Kinesis Video Streams: 仕組み – Kinesis Video Streams の概念を説明します。

  2. Kinesis Video Streams の使用開始 – アカウントをセットアップして Kinesis Video Streams をテストします。

  3. Kinesis Video Streams プロデューサーライブラリ – Kinesis Video Streams プロデューサーアプリケーションの作成について説明します。

  4. Kinesis ビデオストリームパーサーライブラリ – Kinesis Video Streams コンシューマーアプリケーションの受信データフレーム処理について説明します。

  5. Amazon Kinesis Video Streams の例 – Kinesis Video Streams を使用してできるその他の例をご覧ください。