UpdateAlias - AWS Lambda

UpdateAlias

Lambda 関数エイリアスの設定を更新します。

リクエストの構文

PUT /2015-03-31/functions/FunctionName/aliases/Name HTTP/1.1 Content-type: application/json { "Description": "string", "FunctionVersion": "string", "RevisionId": "string", "RoutingConfig": { "AdditionalVersionWeights": { "string" : number } } }

URI リクエストパラメータ

リクエストでは、次の URI パラメータを使用します。

FunctionName

Lambda 関数の名前。

名前の形式

  • 関数名 - MyFunction.

  • 関数 ARN - arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:MyFunction.

  • 一部の ARN - 123456789012:function:MyFunction.

完全な ARN にのみ適用される長さの制限。関数名のみを指定する場合、64 文字の長さに制限されます。

長さの制限: 最小長は 1 です。最大長は 140 です。

Pattern: (arn:(aws[a-zA-Z-]*)?:lambda:)?([a-z]{2}(-gov)?-[a-z]+-\d{1}:)?(\d{12}:)?(function:)?([a-zA-Z0-9-_]+)(:(\$LATEST|[a-zA-Z0-9-_]+))?

必須 : はい

Name

エイリアスの名前。

長さの制限: 最小長は 1 です。最大長は 128 です。

Pattern: (?!^[0-9]+$)([a-zA-Z0-9-_]+)

必須: はい

リクエストボディ

リクエストは以下の JSON 形式のデータを受け入れます。

Description

エイリアスの説明。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 0 です。最大長は 256 です。

必須: いいえ

FunctionVersion

エイリアスが呼び出す関数バージョン。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 1 です。最大長は 1,024 です。

Pattern: (\$LATEST|[0-9]+)

必須: いいえ

RevisionId

リビジョン ID が指定された ID と一致する場合にのみ、関数を更新します。このオプションを使用して、最終読み取りから変更されたエイリアスが変更されないようにします。

型: 文字列

必須: いいえ

RoutingConfig

エイリアスのルーティング設定

タイプ: AliasRoutingConfiguration オブジェクト

必須: いいえ

レスポンスの構文

HTTP/1.1 200 Content-type: application/json { "AliasArn": "string", "Description": "string", "FunctionVersion": "string", "Name": "string", "RevisionId": "string", "RoutingConfig": { "AdditionalVersionWeights": { "string" : number } } }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

AliasArn

エイリアスの Amazon リソースネーム (ARN)。

型: 文字列

Pattern: arn:(aws[a-zA-Z-]*)?:lambda:[a-z]{2}(-gov)?-[a-z]+-\d{1}:\d{12}:function:[a-zA-Z0-9-_]+(:(\$LATEST|[a-zA-Z0-9-_]+))?

Description

エイリアスの説明。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 0 です。最大長は 256 です。

FunctionVersion

エイリアスが呼び出す関数バージョン。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 1 です。最大長は 1,024 です。

Pattern: (\$LATEST|[0-9]+)

Name

エイリアスの名前。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 1 です。最大長は 128 です。

Pattern: (?!^[0-9]+$)([a-zA-Z0-9-_]+)

RevisionId

エイリアスを更新するときに変更される一意の識別子。

型: 文字列

RoutingConfig

エイリアスのルーティング設定

タイプ: AliasRoutingConfiguration オブジェクト

エラー

InvalidParameterValueException

リクエストに含まれているパラメータの 1 つが無効です。

HTTP ステータスコード: 400

PreconditionFailedException

指定された RevisionId が、Lambda 関数またはエイリアスの最新 RevisionId と一致しません。GetFunction または GetAlias API を呼び出して、リソースの最新 RevisionId を取得します。

HTTP ステータスコード: 412

ResourceConflictException

リソースが既に存在しているか、別のオペレーションが進行中です。

HTTP ステータスコード: 409

ResourceNotFoundException

リクエストで指定されたリソースは存在しません。

HTTP ステータスコード: 404

ServiceException

AWS Lambda サービスで内部エラーが発生しました。

HTTP ステータスコード: 500

TooManyRequestsException

リクエストスループット制限を超えました。

HTTP ステータスコード: 429

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、次を参照してください: