コンテナイメージを使用して Go Lambda 関数をデプロイする - AWS Lambda

コンテナイメージを使用して Go Lambda 関数をデプロイする

Go Lambda 関数のコンテナイメージを構築するには 2 つの方法があります。

  • AWS の OS 専用ベースイメージを使用する

    Go は、他のマネージドランタイムとは異なる方法で実装されています。Go は実行可能バイナリにネイティブにコンパイルするため、専用の言語ランタイムは必要ありません。OS 専用のベースイメージを使用して、Lambda 用の Go イメージを構築します。イメージに Lambda との互換性を持たせるには、イメージに aws-lambda-go/lambda パッケージを含める必要があります。

  • 非 AWS ベースイメージを使用する

    Alpine Linux や Debian など、別のコンテナレジストリの代替ベースイメージを使用することもできます。組織が作成したカスタムイメージを使用することもできます。イメージに Lambda との互換性を持たせるには、イメージに aws-lambda-go/lambda パッケージを含める必要があります。

ヒント

Lambda コンテナ関数がアクティブになるまでの時間を短縮するには、「Docker ドキュメント」の「マルチステージビルドを使用する」を参照してください。効率的なコンテナイメージを構築するには、「Dockerfiles を記述するためのベストプラクティス」に従ってください。

このページでは、Lambda のコンテナイメージを構築、テスト、デプロイする方法について説明します。

Go 関数をデプロイするための AWS ベースイメージ

Go は、他のマネージドランタイムとは異なる方法で実装されています。Go は実行可能バイナリにネイティブにコンパイルするため、専用の言語ランタイムは必要ありません。OS 専用のベースイメージを使用して、Go 関数を Lambda にデプロイします。

OS 専用
名前 識別子 オペレーティングシステム 廃止日 関数の作成をブロックする 関数の更新をブロックする

OS 専用ランタイム

provided.al2023

Amazon Linux 2023

OS 専用ランタイム

provided.al2

Amazon Linux 2

Amazon Elastic コンテナレジストリ公開ギャラリー: gallery.ecr.aws/lambda/provided

Go 用ランタイムインターフェイスクライアント

aws-lambda-go/lambda パッケージには、ランタイムインターフェイスの実装が含まれています。イメージで aws-lambda-go/lambda を使用する方法の例については、AWS の OS 専用ベースイメージを使用する または 非 AWS ベースイメージを使用する を参照してください。

AWS の OS 専用ベースイメージを使用する

Go は、他のマネージドランタイムとは異なる方法で実装されています。Go は実行可能バイナリにネイティブにコンパイルするため、専用の言語ランタイムは必要ありません。OS 専用のベースイメージを使用して、Go 関数のコンテナイメージを構築します。

タグ ランタイム オペレーティングシステム Dockerfile 廃止

al2023

OS 専用ランタイム Amazon Linux 2023 GitHub の OS 専用ランタイムの Dockerfile

al2

OS 専用ランタイム Amazon Linux 2 GitHub の OS 専用ランタイムの Dockerfile

これらのベースイメージの詳細については、Amazon ECR Public Gallery の「provided」を参照してください。

aws-lambda-go/lambda パッケージを Go ハンドラに含める必要があります。このパッケージにより、ランタイムインターフェイスを含む、Go のプログラミングモデルが実装されます。

このセクションの手順を完了するには、以下が必要です。

provided.al2023 ベースイメージを使用して Go 関数をビルドしデプロイするには
  1. プロジェクト用のディレクトリを作成し、そのディレクトリに切り替えます。

    mkdir hello cd hello
  2. 新しい Go モジュールを初期化します。

    go mod init example.com/hello-world
  3. Lambda ライブラリを新しいモジュールの依存関係として追加します。

    go get github.com/aws/aws-lambda-go/lambda
  4. main.go」という名前のファイルを作成し、テキストエディタで開きます。これは Lambda 関数のコードです。次のサンプルコードをテストに使用することも、独自のサンプルコードで置き換えることもできます。

    package main import ( "context" "github.com/aws/aws-lambda-go/events" "github.com/aws/aws-lambda-go/lambda" ) func handler(ctx context.Context, event events.APIGatewayProxyRequest) (events.APIGatewayProxyResponse, error) { response := events.APIGatewayProxyResponse{ StatusCode: 200, Body: "\"Hello from Lambda!\"", } return response, nil } func main() { lambda.Start(handler) }
  5. テキストエディタを使用して、プロジェクトディレクトリに Dockerfile を作成します。次の Dockerfile の例では、「マルチステージビルド」が使用されます。これにより、各ステップで異なるベースイメージを使用できます。「Go ベースイメージ」など、1 つのイメージを使用し、コードをコンパイルして実行可能なバイナリを構築できます。その後、最後の FROM ステートメントで provided.al2023 など別のイメージを使用し、Lambda にデプロイするイメージを定義できます。ビルドプロセスは最終デプロイイメージとは分離されているため、最終イメージにはアプリケーションの実行に必要なファイルのみが含まれます。

    オプションの lambda.norpc タグを使用して、Lambda ライブラリの Remote Procedure Call (RPC) コンポーネントを除外することができます。RPC コンポーネントは、Go 1.x ランタイムを使用している場合にのみ必要です。RPC を除外すると、デプロイパッケージのサイズが小さくなります。

    例 — マルチステージビルド Dockerfile
    注記

    Dockerfile で指定する Go のバージョン (たとえば、golang:1.20) が、アプリケーションの作成に使用した Go のバージョンと同じであることを確認してください。

    FROM golang:1.20 as build WORKDIR /helloworld # Copy dependencies list COPY go.mod go.sum ./ # Build with optional lambda.norpc tag COPY main.go . RUN go build -tags lambda.norpc -o main main.go # Copy artifacts to a clean image FROM public.ecr.aws/lambda/provided:al2023 COPY --from=build /helloworld/main ./main ENTRYPOINT [ "./main" ]
  6. Docker イメージを「Docker の構築」コマンドで構築します。次の例では、イメージを docker-image と名付けて test タグを付けます。

    docker build --platform linux/amd64 -t docker-image:test .
    注記

    このコマンドは、ビルドマシンのアーキテクチャに関係なく、コンテナが Lambda の実行環境と互換性があることを確認する --platform linux/amd64 オプションを特定します。ARM64 命令セットアーキテクチャを使用して Lambda 関数を作成する場合は、代わりに --platform linux/arm64 オプションを使用するようにコマンドを変更してください。

ランタイムインターフェイスエミュレーターを使用して、イメージをローカルでテストします。provided.al2023 ベースイメージには、ランタイムインターフェイスエミュレーターが含まれています。

ローカルマシンでランタイムインターフェイスエミュレーターを実行するには
  1. docker run コマンドを使用して、Docker イメージを起動します。次の点に注意してください。

    • docker-image はイメージ名、test はタグです。

    • ./main は Dockerfile からの ENTRYPOINT です。

    docker run -d -p 9000:8080 \ --entrypoint /usr/local/bin/aws-lambda-rie \ docker-image:test ./main

    このコマンドはイメージをコンテナとして実行し、localhost:9000/2015-03-31/functions/function/invocations でローカルエンドポイントを作成します。

  2. 新しいターミナルウィンドウから、curl コマンドを使用して次のエンドポイントにイベントをポストします。

    curl "http://localhost:9000/2015-03-31/functions/function/invocations" -d '{}'

    このコマンドは、空のイベントで関数を呼び出し、応答を返します。関数によっては JSON ペイロードが必要な場合があります。例:

    curl "http://localhost:9000/2015-03-31/functions/function/invocations" -d '{"payload":"hello world!"}'
  3. コンテナ ID を取得します。

    docker ps
  4. docker kill」コマンドを使用してコンテナを停止します。このコマンドでは、3766c4ab331c を前のステップのコンテナ ID で置き換えます。

    docker kill 3766c4ab331c
Amazon ECR にイメージをアップロードして Lambda 関数を作成するには
  1. get-login-password」コマンドを実行して Amazon ECR レジストリに Docker CLI を認証します。

    • --region 値を Amazon ECR リポジトリを作成する AWS リージョン に設定します。

    • 111122223333 を AWS アカウント ID に置き換えます。

    aws ecr get-login-password --region us-east-1 | docker login --username AWS --password-stdin 111122223333.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com
  2. create-repository」コマンドを使用して Amazon ECR にリポジトリを作成します。

    aws ecr create-repository --repository-name hello-world --region us-east-1 --image-scanning-configuration scanOnPush=true --image-tag-mutability MUTABLE
    注記

    Amazon ECR リポジトリは Lambda 関数と同じ AWS リージョン に配置されている必要があります。

    成功すると、次のようなレスポンスが表示されます。

    { "repository": { "repositoryArn": "arn:aws:ecr:us-east-1:111122223333:repository/hello-world", "registryId": "111122223333", "repositoryName": "hello-world", "repositoryUri": "111122223333.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/hello-world", "createdAt": "2023-03-09T10:39:01+00:00", "imageTagMutability": "MUTABLE", "imageScanningConfiguration": { "scanOnPush": true }, "encryptionConfiguration": { "encryptionType": "AES256" } } }
  3. 前のステップの出力から repositoryUri をコピーします。

  4. docker tag」コマンドを実行して、最新バージョンとしてローカルイメージを Amazon ECR リポジトリにタグ付けします。このコマンドで:

    • docker-image:test をお使いの Docker イメージの名前およびタグで置き換えます。

    • <ECRrepositoryUri> を、コピーした repositoryUri に置き換えます。URI の末尾には必ず :latest を含めてください。

    docker tag docker-image:test <ECRrepositoryUri>:latest

    例:

    docker tag docker-image:test 111122223333.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/hello-world:latest
  5. docker push」コマンドを実行して Amazon ECR リポジトリにローカルイメージをデプロイします リポジトリ URI の末尾には必ず :latest を含めてください。

    docker push 111122223333.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/hello-world:latest
  6. まだ作成済みでない場合、関数に「実行ロールの作成」を実行してください。次のステップではロールの Amazon リソースネーム (ARN) が必要です。

  7. Lambda 関数を作成します。ImageUri には、先ほど使用したリポジトリ URI を指定します。URI の末尾には必ず :latest を含めてください。

    aws lambda create-function \ --function-name hello-world \ --package-type Image \ --code ImageUri=111122223333.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/hello-world:latest \ --role arn:aws:iam::111122223333:role/lambda-ex
    注記

    イメージが Lambda 関数と同じリージョンに配置されていれば、別の AWS アカウントのイメージを使用して関数を作成することができます。詳細については、「 Amazon ECR クロスアカウント許可」を参照してください。

  8. 関数を呼び出します。

    aws lambda invoke --function-name hello-world response.json

    次のような結果が表示されます。

    { "ExecutedVersion": "$LATEST", "StatusCode": 200 }
  9. 関数の出力を確認するには、response.json ファイルをチェックします。

関数コードを更新するには、イメージを再構築し、新しいイメージを Amazon ECR リポジトリにアップロードしてから、update-function-code コマンドを使用してイメージを Lambda 関数にデプロイする必要があります。

非 AWS ベースイメージを使用する

非 AWS ベースイメージからも、Go 用のコンテナイメージを構築できます。次のステップでは、Dockerfile の例で Alpine ベースイメージを使用しています。

aws-lambda-go/lambda パッケージを Go ハンドラに含める必要があります。このパッケージにより、ランタイムインターフェイスを含む、Go のプログラミングモデルが実装されます。

このセクションの手順を完了するには、以下が必要です。

Alpine ベースイメージを使用して Go 関数をビルドおよびデプロイするには
  1. プロジェクト用のディレクトリを作成し、そのディレクトリに切り替えます。

    mkdir hello cd hello
  2. 新しい Go モジュールを初期化します。

    go mod init example.com/hello-world
  3. Lambda ライブラリを新しいモジュールの依存関係として追加します。

    go get github.com/aws/aws-lambda-go/lambda
  4. main.go」という名前のファイルを作成し、テキストエディタで開きます。これは Lambda 関数のコードです。次のサンプルコードをテストに使用することも、独自のサンプルコードで置き換えることもできます。

    package main import ( "context" "github.com/aws/aws-lambda-go/events" "github.com/aws/aws-lambda-go/lambda" ) func handler(ctx context.Context, event events.APIGatewayProxyRequest) (events.APIGatewayProxyResponse, error) { response := events.APIGatewayProxyResponse{ StatusCode: 200, Body: "\"Hello from Lambda!\"", } return response, nil } func main() { lambda.Start(handler) }
  5. テキストエディタを使用して、プロジェクトディレクトリに Dockerfile を作成します。次の Dockerfile の例では、Alpine ベースイメージを使用しています。

    例 Dockerfile
    注記

    Dockerfile で指定する Go のバージョン (たとえば、golang:1.20) が、アプリケーションの作成に使用した Go のバージョンと同じであることを確認してください。

    FROM golang:1.20.2-alpine3.16 as build WORKDIR /helloworld # Copy dependencies list COPY go.mod go.sum ./ # Build COPY main.go . RUN go build -o main main.go # Copy artifacts to a clean image FROM alpine:3.16 COPY --from=build /helloworld/main /main ENTRYPOINT [ "/main" ]
  6. Docker イメージを「Docker の構築」コマンドで構築します。次の例では、イメージを docker-image と名付けて test タグを付けます。

    docker build --platform linux/amd64 -t docker-image:test .
    注記

    このコマンドは、ビルドマシンのアーキテクチャに関係なく、コンテナが Lambda の実行環境と互換性があることを確認する --platform linux/amd64 オプションを特定します。ARM64 命令セットアーキテクチャを使用して Lambda 関数を作成する場合は、代わりに --platform linux/arm64 オプションを使用するようにコマンドを変更してください。

ランタイムインターフェイスエミュレーターを使用して、イメージをローカルでテストします。エミュレーターはイメージに組み込むことも、ローカルマシンにインストールすることもできます。

ローカルマシンにランタイムインターフェイスエミュレーターをインストールして実行するには
  1. プロジェクトディレクトリから次のコマンドを実行して、GitHub からランタイムインターフェイスエミュレーター (x86-64 アーキテクチャ) をダウンロードし、ローカルマシンにインストールします。

    Linux/macOS
    mkdir -p ~/.aws-lambda-rie && \ curl -Lo ~/.aws-lambda-rie/aws-lambda-rie https://github.com/aws/aws-lambda-runtime-interface-emulator/releases/latest/download/aws-lambda-rie && \ chmod +x ~/.aws-lambda-rie/aws-lambda-rie

    arm64 エミュレータをインストールするには、前のコマンドの GitHub リポジトリ URL を次のように置き換えます。

    https://github.com/aws/aws-lambda-runtime-interface-emulator/releases/latest/download/aws-lambda-rie-arm64
    PowerShell
    $dirPath = "$HOME\.aws-lambda-rie" if (-not (Test-Path $dirPath)) { New-Item -Path $dirPath -ItemType Directory } $downloadLink = "https://github.com/aws/aws-lambda-runtime-interface-emulator/releases/latest/download/aws-lambda-rie" $destinationPath = "$HOME\.aws-lambda-rie\aws-lambda-rie" Invoke-WebRequest -Uri $downloadLink -OutFile $destinationPath

    arm64 エミュレーターをインストールするには、$downloadLink を次のように置き換えます。

    https://github.com/aws/aws-lambda-runtime-interface-emulator/releases/latest/download/aws-lambda-rie-arm64
  2. docker run コマンドを使用して、Docker イメージを起動します。次の点に注意してください。

    • docker-image はイメージ名、test はタグです。

    • /main は Dockerfile からの ENTRYPOINT です。

    Linux/macOS
    docker run --platform linux/amd64 -d -v ~/.aws-lambda-rie:/aws-lambda -p 9000:8080 \ --entrypoint /aws-lambda/aws-lambda-rie \ docker-image:test \ /main
    PowerShell
    docker run --platform linux/amd64 -d -v "$HOME\.aws-lambda-rie:/aws-lambda" -p 9000:8080 ` --entrypoint /aws-lambda/aws-lambda-rie ` docker-image:test ` /main

    このコマンドはイメージをコンテナとして実行し、localhost:9000/2015-03-31/functions/function/invocations でローカルエンドポイントを作成します。

    注記

    ARM64 命令セットアーキテクチャ用に Docker イメージをビルドした場合は、--platform linux/amd64 の代わりに --platform linux/arm64 オプションを使用してください。

  3. イベントをローカルエンドポイントにポストします。

    Linux/macOS

    Linux および macOS では、次の curl コマンドを実行します。

    curl "http://localhost:9000/2015-03-31/functions/function/invocations" -d '{}'

    このコマンドは、空のイベントで関数を呼び出し、応答を返します。サンプル関数コードではなく独自の関数コードを使用している場合は、JSON ペイロードを使用して関数を呼び出すことをお勧めします。例:

    curl "http://localhost:9000/2015-03-31/functions/function/invocations" -d '{"payload":"hello world!"}'
    PowerShell

    PowerShell で次の Invoke-WebRequest コマンドを実行します。

    Invoke-WebRequest -Uri "http://localhost:9000/2015-03-31/functions/function/invocations" -Method Post -Body '{}' -ContentType "application/json"

    このコマンドは、空のイベントで関数を呼び出し、応答を返します。サンプル関数コードではなく独自の関数コードを使用している場合は、JSON ペイロードを使用して関数を呼び出すことをお勧めします。例:

    Invoke-WebRequest -Uri "http://localhost:9000/2015-03-31/functions/function/invocations" -Method Post -Body '{"payload":"hello world!"}' -ContentType "application/json"
  4. コンテナ ID を取得します。

    docker ps
  5. docker kill」コマンドを使用してコンテナを停止します。このコマンドでは、3766c4ab331c を前のステップのコンテナ ID で置き換えます。

    docker kill 3766c4ab331c
Amazon ECR にイメージをアップロードして Lambda 関数を作成するには
  1. get-login-password」コマンドを実行して Amazon ECR レジストリに Docker CLI を認証します。

    • --region 値を Amazon ECR リポジトリを作成する AWS リージョン に設定します。

    • 111122223333 を AWS アカウント ID に置き換えます。

    aws ecr get-login-password --region us-east-1 | docker login --username AWS --password-stdin 111122223333.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com
  2. create-repository」コマンドを使用して Amazon ECR にリポジトリを作成します。

    aws ecr create-repository --repository-name hello-world --region us-east-1 --image-scanning-configuration scanOnPush=true --image-tag-mutability MUTABLE
    注記

    Amazon ECR リポジトリは Lambda 関数と同じ AWS リージョン に配置されている必要があります。

    成功すると、次のようなレスポンスが表示されます。

    { "repository": { "repositoryArn": "arn:aws:ecr:us-east-1:111122223333:repository/hello-world", "registryId": "111122223333", "repositoryName": "hello-world", "repositoryUri": "111122223333.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/hello-world", "createdAt": "2023-03-09T10:39:01+00:00", "imageTagMutability": "MUTABLE", "imageScanningConfiguration": { "scanOnPush": true }, "encryptionConfiguration": { "encryptionType": "AES256" } } }
  3. 前のステップの出力から repositoryUri をコピーします。

  4. docker tag」コマンドを実行して、最新バージョンとしてローカルイメージを Amazon ECR リポジトリにタグ付けします。このコマンドで:

    • docker-image:test をお使いの Docker イメージの名前およびタグで置き換えます。

    • <ECRrepositoryUri> を、コピーした repositoryUri に置き換えます。URI の末尾には必ず :latest を含めてください。

    docker tag docker-image:test <ECRrepositoryUri>:latest

    例:

    docker tag docker-image:test 111122223333.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/hello-world:latest
  5. docker push」コマンドを実行して Amazon ECR リポジトリにローカルイメージをデプロイします リポジトリ URI の末尾には必ず :latest を含めてください。

    docker push 111122223333.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/hello-world:latest
  6. まだ作成済みでない場合、関数に「実行ロールの作成」を実行してください。次のステップではロールの Amazon リソースネーム (ARN) が必要です。

  7. Lambda 関数を作成します。ImageUri には、先ほど使用したリポジトリ URI を指定します。URI の末尾には必ず :latest を含めてください。

    aws lambda create-function \ --function-name hello-world \ --package-type Image \ --code ImageUri=111122223333.dkr.ecr.us-east-1.amazonaws.com/hello-world:latest \ --role arn:aws:iam::111122223333:role/lambda-ex
    注記

    イメージが Lambda 関数と同じリージョンに配置されていれば、別の AWS アカウントのイメージを使用して関数を作成することができます。詳細については、「 Amazon ECR クロスアカウント許可」を参照してください。

  8. 関数を呼び出します。

    aws lambda invoke --function-name hello-world response.json

    次のような結果が表示されます。

    { "ExecutedVersion": "$LATEST", "StatusCode": 200 }
  9. 関数の出力を確認するには、response.json ファイルをチェックします。

関数コードを更新するには、イメージを再構築し、新しいイメージを Amazon ECR リポジトリにアップロードしてから、update-function-code コマンドを使用してイメージを Lambda 関数にデプロイする必要があります。