AWS Lambda
開発者ガイド

AWS Lambda ランタイムインターフェイス

AWS Lambda では、カスタムランタイムの HTTP API を使用して、Lambda の呼び出しイベントを受け取り、レスポンスデータを Lambda の実行環境に送り返します。

ランタイム API バージョン 2018-06-01 の OpenAPI 仕様は、runtime-api.zip から入手できます。

ランタイムは、AWS_LAMBDA_RUNTIME_API 環境変数からエンドポイントを取得し、API バージョンを追加後、以下のリソースパスを使用して、API と通信します。

例 リクエスト

curl "http://${AWS_LAMBDA_RUNTIME_API}/2018-06-01/runtime/invocation/next"

次の呼び出し

パス/runtime/invocation/next

メソッドGET

呼び出しイベントを取得します。レスポンス本文には、呼び出しのペイロードが含まれます。これは、関数トリガーのイベントデータを含む JSON ドキュメントです。レスポンスヘッダーには、呼び出しに関する追加データが含まれます。

レスポンスヘッダー

  • Lambda-Runtime-Aws-Request-Id – リクエスト ID。関数の呼び出しをトリガーしたリクエストを識別します。

    たとえば、8476a536-e9f4-11e8-9739-2dfe598c3fcd と指定します。

  • Lambda-Runtime-Deadline-Ms – 関数がタイムアウトした日付 (Unix 時間のミリ秒)。

    たとえば、1542409706888 と指定します。

  • Lambda-Runtime-Invoked-Function-Arn – 呼び出しで指定されている Lambda 関数、バージョン、またはエイリアスの ARN。

    たとえば、arn:aws:lambda:us-east-2:123456789012:function:custom-runtime と指定します。

  • Lambda-Runtime-Trace-IdAWS X-Ray トレースヘッダー

    たとえば、Root=1-5bef4de7-ad49b0e87f6ef6c87fc2e700;Parent=9a9197af755a6419;Sampled=1 と指定します。

  • Lambda-Runtime-Client-Context – AWS Mobile SDK の呼び出しにおいて、クライアントアプリケーションおよびデバイスに関するデータ。

  • Lambda-Runtime-Cognito-Identity – AWS Mobile SDK からの呼び出しの場合は、Amazon Cognito ID プロバイダーに関するデータ。

/runtime/invocation/next を呼び出し、呼び出しイベントを取得して、関数ハンドラーに渡して処理します。GET 呼び出しにはタイムアウトを設定しません。Lambda がランタイムをブートストラップするときランタイムに返すイベントがあるときの間に、ランタイムプロセスが数秒間停止する可能性があります。

リクエスト ID は、Lambda 内の呼び出しを追跡します。レスポンス送信時に呼び出しを指定する場合に使用します。

トレースヘッダーには、トレース ID、親 ID、サンプリングデシジョンが含まれます。リクエストがサンプリングされている場合、リクエストが Lambda、またはアップストリームサービスによってサンプリングされた場合。ランタイムは、_X_AMZN_TRACE_ID をヘッダーの値に設定します。X-Ray SDK はこの値を読み込んで ID を取得し、リクエストを追跡するかどうかを判断します。

呼び出しレスポンス

パス/runtime/invocation/AwsRequestId/response

メソッドPOST

呼び出しのレスポンスを Lambda に送信します。関数ハンドラーを呼び出すと、ランタイムは、関数のレスポンスを呼び出しのレスポンスパスに投稿します。同期呼び出しの場合、Lambda はそのレスポンスをクライアントに送り返します。

例 成功リクエスト

REQUEST_ID=156cb537-e2d4-11e8-9b34-d36013741fb9 curl -X POST "http://${AWS_LAMBDA_RUNTIME_API}/2018-06-01/runtime/invocation/$REQUEST_ID/response" -d "SUCCESS"

呼び出しエラー

パス/runtime/invocation/AwsRequestId/error

メソッドPOST

関数からエラーが返ると、ランタイムはエラーを JSON ドキュメント形式に変換し、それを呼び出しエラーパスに投稿します。

例 リクエストボディ

{ "errorMessage" : "Error parsing event data.", "errorType" : "InvalidEventDataException" }

例 エラーリクエスト

REQUEST_ID=156cb537-e2d4-11e8-9b34-d36013741fb9 ERROR="{\"errorMessage\" : \"Error parsing event data.\", \"errorType\" : \"InvalidEventDataException\"}" curl -X POST "http://${AWS_LAMBDA_RUNTIME_API}/2018-06-01/runtime/invocation/$REQUEST_ID/error" -d "$ERROR" --header "Lambda-Runtime-Function-Error-Type: Unhandled"

初期化エラー

パス/runtime/init/error

メソッドPOST

初期化中にエラーが発生すると、ランタイムは、エラーメッセージを初期化エラーパスに投稿します。

例 初期化エラーリクエスト

ERROR="{\"errorMessage\" : \"Failed to load function.\", \"errorType\" : \"InvalidFunctionException\"}" curl -X POST "http://${AWS_LAMBDA_RUNTIME_API}/2018-06-01/runtime/init/error" -d "$ERROR" --header "Lambda-Runtime-Function-Error-Type: Unhandled"