Amazon Lex
開発者ガイド

ステップ 2: Amazon Lex ボットを作成する

このセクションでは、Amazon Lex ボット (BookTrip) を作成します。

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、https://console.aws.amazon.com/lex/ にある Amazon Lex コンソールを開きます。

  2. [Bots] ページで、[Create] を選択します。

  3. [Create your Lex bot] ページで、以下の操作を行います。

    • [BookTrip] 設計図を選択します。

    • ボット名 (BookTrip) はデフォルトのままにしておきます。

  4. [Create] を選択します。コンソールによって、ボットを作成するための一連のリクエストが Amazon Lex に送信されます。次の点に注意してください。

  5. コンソールに BookTrip ボットが表示されます。[Editor] タブで、事前設定インテント (BookCar と BookHotel) の詳細を確認します。

  6. テストウィンドウでボットをテストします。以下を使用して、ボットとのテスト会話を開始します。

    最初のユーザー入力 (「ホテルの予約」) によって、Amazon Lex はインテント (BookHotel) を推測します。ボットは、このインテントに事前設定されているプロンプトを使用して、ユーザーからスロットデータを引き出します。ユーザーがすべてのスロットデータを提供すると、Amazon Lex は、すべてのユーザー入力をメッセージとして含むレスポンスをクライアントに返します。クライアントはレスポンス内のメッセージを次のように表示します。

    CheckInDate:2016-12-18 Location:Chicago Nights:4 RoomType:queen

    次に、会話を続行して車の予約を試みます。

    次の点に注意してください。

    • この時点ではユーザーデータの検証は行われません。たとえば、ホテルを予約する都市を任意に指定できます。

    • 同じ情報 (目的地、受け取り場所、受け取り日付、および返却日時) の一部を再度指定して車を予約します。動的会話では、ホテルの予約でユーザーが前に指定した情報に基づいて、ボットがこの情報の一部を初期化する必要があります。

    次のセクションでは、一部のユーザーデータの検証と、セッション属性によるクロスインテント情報共有を使用した初期化を行う Lambda 関数を作成します。次に、ユーザー入力の初期化/検証およびインテントの達成を実行するコードフックとして Lambda 関数を追加して、インテント設定を更新します。

次のステップ

ステップ 3: Lambda 関数を作成する