Amazon Lex
開発者ガイド

ステップ 1: Amazon Lex ボットを作成する (コンソール)

この演習では、花を注文するボットとして OrderFlowersBot を作成します。

Amazon Lex ボットを作成するには (コンソール)

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、https://console.aws.amazon.com/lex/ にある Amazon Lex コンソールを開きます。

  2. 初めてのボットの場合には [Get Started (ご利用開始にあたって)]、それ以外の場合は [ボット] ページを選択し、続いて [作成] を選択します。

  3. [Create your Lex bot] ページで、以下の情報を指定して [Create] を選択します。

    • [OrderFlowers] 設計図を選択します。

    • ボット名 (OrderFlowers) はデフォルトのままにしておきます。

    • [COPPA] で [No] を選択します。

  4. [Create] を選択します。コンソールは Amazon Lex に対して必要なリクエストを行い、設定を保存します。次に、コンソールはボットエディタウィンドウを表示します。

  5. ボットが作成されたことが確認されるまで待機します。

  6. ボットをテストします。

    注記

    ボットをテストするには、テストウィンドウにテキストを入力するか、テストウィンドウにあるマイクボタンを選択して話しかけます (対応しているブラウザの場合)。

    次のサンプルテキストを使用してボットと会話し、花を注文します。

    
                        花を注文するためのコンソールでの会話。

    この入力により、ボットは OrderFlowers インテントを推測し、スロットデータのプロンプトを表示します。すべての必要なスロットデータを提供すると、ボットはすべての情報をクライアントアプリケーション (この例ではコンソール) に返すことで、インテント (OrderFlowers) を達成します。コンソールは、テストウィンドウに情報を表示します。

    具体的には次のとおりです。

    • 「何日にバラをピックアップなさいますか?」の文で「バラ」という単語が使用されているのは、pickupDate スロットのプロンプトが {FlowerType} を置き換えるように設定されているためです。これはコンソールで確認できます。

    • 「了解いたしました。お客様のバラは ...」という文は、確認プロンプトとして設定したものです。

    • 最後の文 (「FlowerType:roses...」) は、クライアント (この例ではテストウィンドウ) に単純に返されるスロットデータです。次の演習では、Lambda 関数を使用してインテントを達成します。インテントが達成されると、注文が確定されたことを示すメッセージが表示されます。

次のステップ

ステップ 2 (オプション): 情報フローの詳細を確認する (コンソール)