Amazon Lex
開発者ガイド

演習 6: クリーンアップする (AWS CLI)

作成したリソースを削除し、アカウントをクリーンアップします。

削除できるのは、使用中ではないリソースだけです。通常、以下の順序でリソースを削除します。

  1. エイリアスを削除して、ボットのリソースを解放します。

  2. ボットを削除して、インテントのリソースを解放します。

  3. インテントを削除して、スロットタイプのリソースを解放します。

  4. スロットタイプを削除します。

この演習のコマンドを実行するには、コマンドが実行されるリージョンを確認しておく必要があります。リージョンのリストについては、「 モデル構築の制限 」を参照してください。

アカウントをクリーンアップするには (AWS CLI)

  1. AWS CLI コマンドラインで、エイリアスを削除します。

    aws lex-models delete-bot-alias \ --region region \ --name PROD \ --bot-name OrderFlowersBot
  2. AWS CLI コマンドラインで、ボットを削除します。

    aws lex-models delete-bot \ --region region \ --name OrderFlowersBot
  3. AWS CLI コマンドラインで、インテントを削除します。

    aws lex-models delete-intent \ --region region \ --name OrderFlowers
  4. AWS CLI コマンドラインで、スロットタイプを削除します。

    aws lex-models delete-slot-type \ --region region \ --name FlowerTypes

これで、作成したすべてのリソースが削除され、アカウントがクリーンアップされました。