ステップ4(オプション): クリーンアップ - Amazon Lex

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ステップ4(オプション): クリーンアップ

作成したリソースを削除してアカウントをクリーンアップし、作成したリソースに対して料金が発生しないようにします。

削除できるのは、使用中ではないリソースだけです。たとえば、インテントによって参照されているスロットは削除できません。ボットによって参照されているインテントは削除できません。

次の順序でリソースを削除します。

  • ボットを削除して、インテントのリソースを解放します。

  • インテントを削除して、スロットタイプのリソースを解放します。

  • 最後にスロットタイプを削除します。

アカウントをクリーンアップするには

  1. AWS Management Console にサインインして、https://console.aws.amazon.com/lex/ にある Amazon Lex コンソールを開きます。

  2. ボットのリストから [PizzaOrderingBot] を選択します。

  3. ボットを削除するには、[Delete]、[Continue] の順に選択します。

  4. 左のペインで [Intents] を選択します。

  5. インテントのリストで、[OrderPizza] を選択します。

  6. インテントを削除するには、[Delete]、[Continue] の順に選択します。

  7. 左のメニューで、[Slot types] を選択します。

  8. スロットタイプのリストで、[Crusts] を選択します。

  9. スロットタイプを削除するには、[Delete]、[Continue] の順に選択します。

  10. [Sizes] と [PizzaKind] の各スロットタイプで、「ステップ 8」と「ステップ 9」を繰り返します。

これで、作成したすべてのリソースが削除され、アカウントがクリーンアップされました。

次のステップ