Amazon Lex
開発者ガイド

ボットの設定

PizzaOrderingBot ボットのエラー処理を設定します。

  1. PizzaOrderingBot ボットに移動します。[Editor (エディタ)] を選択して、[Error Handling (エラー処理)] を選択します。

    
                            エラー処理の設定方法を示すコンソール。
  2. [Editor] タブを使用してボットのエラー処理を設定します。

    • [Clarification Prompts] で指定する情報は、ボットの clarificationPrompt 設定にマッピングされます。

      Amazon Lex がユーザーのインテントを判断できない場合、サービスはこのメッセージを付けてレスポンスを返します。

    • [Hang-up phrase] で指定する情報は、ボットの abortStatement 設定にマッピングされます。

      一連のリクエストを受信した後に、サービスがユーザーのインテントを判断できない場合、Amazon Lex はこのメッセージを付けてレスポンスを返します。

    デフォルト値はそのままにしておきます。

次のステップ

ステップ 3: ボットを構築してテストする

このページの内容: